水沢悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水沢 悦子(みずさわ えつこ)は、日本漫画家。経歴非公表。

来歴[編集]

処女作は『花のズボラ飯』(作画担当。原作:久住昌之)で、『Eleganceイブ』(秋田書店)誌上で2009年6月号から連載開始。当作品は2012年10月から倉科カナ主演でテレビドラマ化されている。

漫画評論家の伊藤剛は『マコちゃん絵日記』(作:うさくん)と『花のズボラ飯』が「絵柄も、コマのテンポも、そっくりだ」と指摘している[1]。また、ヤマダトモコはうさくんが「水沢と絵柄もコマ割りも同じ作風の人である」と指摘している[2]。しかし水沢とうさくんが同一人物かどうかは一切公表されていない。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞2012年2月25日夕刊「茶話マンガ」、Webnttpub.「おすすめマンガ時評 此れ読まずにナニを読む?」第69回
  2. ^ 神戸新聞2011年3月6日「ブックサイト」

外部リンク[編集]