大竹真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大竹 真(おおたけ まこと、1971年4月24日 - )は、圭三プロダクション所属のリポーター血液型はA型、身長170cm。神奈川県出身。

明星大学卒業。ワイドショーのリポーターを中心に担当している。

不祥事[編集]

2011年の東北地方太平洋沖地震で被災地から取材を行っていた際、自身がレギュラー出演している『スッキリ!!』の同年3月14日放送分にて、東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市からの中継に入った冒頭、「まったく…、ほんっとに面白いね〜」という話し声がオンエアされ、批判が起こった。同局によると、これは大竹が中継に入ったことに気づかず現場のスタッフに話した発言であり、「中継回線がうまくつながらず、生放送が段取りどおりに進まないことについて発した言葉だと聞いている」という。しかし、「たとえ私語であっても視聴者の方々に誤解を与えかねない」との判断から、大竹は厳重注意を受けた[1]

この失言以降、大竹はテレビ画面から消えていた[2]が、同年5月13日放送の『スッキリ!!』から番組に復帰し、自身が担当した「しずちゃんロンドン五輪への道」のリポート冒頭で視聴者に謝罪を行った。

担当番組[編集]

現在
過去
(以上、日本テレビ系朝のワイドショーリポーター)

映画[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日テレリポーター“失言”、フジの混線?発言に批判”. スポーツニッポン (2011年3月15日). 2011年3月15日閲覧。
  2. ^ 日テレ「面白い」発言、フジ「笑えてきた」発言とNHKの差 週刊ポスト2011年4月1日号

外部リンク[編集]