セース・ノーテボーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セース・ノーテボーム
Cees Nooteboom
Cees Nooteboom (cropped).jpg
誕生 Cornelis Johannes Jacobus Maria Nooteboom 
コルネリス・ヨハネス・ヤコブス・マリア・ノーテボーム
(1933-07-31) 1933年7月31日(83歳)
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
職業 小説家詩人
国籍 オランダの旗 オランダ
文学活動  
主な受賞歴 オーストリア国家賞 (2003年)
デビュー作 『フィリップとよその人々』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

セース・ノーテボームCees Nooteboom, 1933年7月31日 - )は、オランダの小説家、詩人、旅行作家、エッセイスト。

略歴[編集]

1933年、デン・ハーグに生まれる。1955年に『フィリップとよその人々』で作家デビューし、その地位を固める。

小説、エッセイ、詩、旅行記の著作のほかに、スペイン、カタロニア、フランス、ドイツ詩や、テネシー・ウィリアムズショーン・オケーシー戯曲も翻訳している。

受賞歴[編集]

作品[編集]

  • Phillip en de anderen (Philip and the Others 1954)
  • De ridder is gestorven (The Knight Has Died 1963)
  • Rituelen (Rituals 1980)
  • Een lied van schijn en wezen (A Song of Truth and Semblance 1981)
  • 『木犀! -ある恋の話』Mokusei! Eine Liebesgeschichte (Mokusei! 1982)
  • In Nederland (In the Dutch Mountains 1984)
  • 『これから話す物語』Het volgende verhaal (The Following Story 1991)
  • De omweg naar Santiago (Roads to Santiago 1992)
  • Allerzielen (All Souls Day 1998)
  • Nootebooms Hotel (Nomad's Hotel 2002)
  • Paradijs Verloren (Lost Paradise 2004)

日本語訳された作品[編集]

参考文献[編集]

  • ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち 2014年 青月社