阿部公彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 公彦(あべ まさひこ、1966年11月3日[1] - )は、英文学者、文芸評論家、東京大学教授Ph.D.ケンブリッジ大学、1997年)。神奈川県横浜市出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

教歴[編集]

  • 1992年4月:東京大学文学部助手
  • 1993年4月:帝京大学文学部助手
  • 1997年4月:帝京大学文学部専任講師
  • 2001年4月:東京大学人文社会系研究科助教授
  • 2007年4月:同准教授
  • 2018年4月:同教授

受賞歴[編集]

主義・主張[編集]

  • 2019年、大学入学共通テストの英語民間試験の延期決定について、民間試験が最初にあっておかしな制度が引っ張られたと語っている[3]
  • 英語民間試験の導入については「日本人を英語帝国主義の最底辺にする」と批判しており、さらに「過剰で歪んだ帰国子女幻想やインターナショナル・スクール信仰は、バイリンガルどころか、英語でも日本語でも日常会話がせいぜいで深い思考などできないセミリンガルを量産する可能性さえある」と指摘している[4]

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『しみじみ読むイギリス・アイルランド文学(現代文学短編作品集)』松柏社、2007年
  • 『夏目漱石スペシャル 「文豪」を疑う 100分de名著』2019年3月放送テキスト、NHK出版

監修[編集]

  • 『世界の文豪の家』X-Knowledge、2016年(共同監修:阿部賢一、楯岡求美、平山令二)

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]