阿部公彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 公彦(あべ まさひこ、1966年 - )は、英文学者東京大学准教授Ph.D.ケンブリッジ大学、1997年)。神奈川県横浜市出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

教歴[編集]

  • 1992年4月:東京大学文学部助手
  • 1993年4月:帝京大学文学部助手
  • 1997年4月:帝京大学文学部専任講師
  • 2001年4月:東京大学人文社会系研究科助教授
  • 2007年4月:同准教授

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『モダンの近似値――スティーヴンズ大江・アヴァンギャルド』松柏社、2001年
  • 『即興文学のつくり方――オスカー・ワイルド、T・S・エリオット、W・C・ウィリアムズ、W・H・オーデン、ピーテル・ブリューゲル、チャールズ・トムリンソン、夏目漱石、小島信夫、大岡信、蓮實重彦、村上春樹、野球、サッカー』松柏社、2004年
  • 『英詩のわかり方』研究社、2007年
  • 『スローモーション考――残像に秘められた文化』南雲堂、2008年
  • 『英語文章読本』研究社、2010年
  • 『小説的思考のススメ――「気になる部分」だらけの日本文学』東京大学出版会、2012年
  • 『文学を〈凝視する〉』岩波書店、2012年
  • 『詩的思考のめざめ――心と言葉にほんとうは起きていること』東京大学出版会、2014年
  • 『英語的思考を読む――英語文章読本II』研究社出版、2014年
  • 『善意と悪意の英文学史――語り手は読者をどのように愛してきたか』東京大学出版会、2015年
  • 『幼さという戦略――「かわいい」と成熟の物語作法』朝日選書、2015年

編著[編集]

  • 『しみじみ読むイギリス・アイルランド文学(現代文学短編作品集)』松柏社、2007年

監修[編集]

  • 『世界の文豪の家』X-Knowledge、2016年(共同監修:阿部賢一、楯岡求美、平山令二)

翻訳[編集]

  • フランク・オコナー『フランク・オコナー短編集』岩波書店、2008年
  • バーナード・マラマッド『魔法の樽 他十二篇』岩波書店、2013年
  • ダイナ・フリード『ひと皿の小説案内――主人公たちがたべた50の食事』マール社、2015年(監修・翻訳)

脚注[編集]

外部リンク[編集]