フリードリヒ・グラウザー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フリードリヒ・グラウザー賞: Friedrich-Glauser-Preis)は、ドイツ語圏の推理作家協会である「シンジケート」(Syndikat)が毎年授与しているミステリ賞。フリードリヒ・グラウザー(1896年 - 1938年)はスイスの推理作家で、ドイツ語圏のミステリ小説の先駆者とされる人物である。

1987年創設。当初は長編のみを対象としていたが、2002年に短編賞と新人賞(処女長編賞)が新設された。また、2000年には児童およびヤングアダルト向けミステリを対象とするハンスイェルク・マルティーン賞(Hansjörg-Martin-Preis)も創設されている。それぞれの部門賞ごとにシンジケート会員5名が選考委員となり、前年に発表されたドイツ語作品から最も優れたものを選出する(対象はドイツの作品に限らない)。

また当初より、ドイツ語圏のミステリの発展に寄与した人物に対してフリードリヒ・グラウザー名誉賞(Friedrich-Glauser-Ehrenpreis)を授与している。この賞は作家だけでなく編集者なども対象になる。

グラウザー賞は日本ではドイツ推理作家協会賞と呼ばれることもある。

グラウザー賞長編賞[編集]

日本語訳のある作家はカタカナで表記する。

著者 ドイツ語タイトル (原題) 日本語訳
1987 Sam Jaun Die Brandnacht
1988 Jürgen Alberts Landru
1989 ベルンハルト・シュリンク Die gordische Schleife 『ゴルディオスの結び目』(岩淵達治他訳、小学館、2003年)
1990 Heinz Werner Höber Nun komm ich als Richter
1991 Jürgen Breest Schade, dass du ein Miststück bist
1992 エーディト・クナイフルドイツ語版 Zwischen zwei Nächten
1993 Martin Grzimek Feuerfalter
1994 イングリート・ノル Die Häupter meiner Lieben
1995 Peter Paul Zahl Der schöne Mann
1996 H. P. Karr / Walter Wehner Rattensommer
1997 Hartmut Mechtel Der unsichtbare Zweite
1998 Robert Hültner Die Godin
1999 Alfred Komarek Polt muss weinen
2000 Uta-Maria Heim Engelchens Ende
2001 Horst Eckert Die Zwillingsfalle
2002 トーマス・グラヴィニチ Der Kameramörder
2003 ベルンハルト・ヤウマンドイツ語版 Saltimbocca 『死を招く料理店(トラットリア)』(小津薫訳、扶桑社、2005年)
2004 Gabriele Wolff Das dritte Zimmer
2005 Hansjörg Schneider Hunkeler macht Sachen
2006 アストリット・パプロッタ Die Höhle der Löwin
2007 マルティン・ズーター Der Teufel von Mailand
2008 Lilian Faschinger Stadt der Verlierer
2009 Gisa Klönne Nacht ohne Schatten
2010 ゾラン・ドヴェンカードイツ語版 Sorry 『謝罪代行社』(小津薫訳、早川書房、2011年)
2011 Kurt Palm Bad Fucking
2012 Michael Theurillat Rütlischwur

グラウザー賞新人賞[編集]

デビュー長編に与えられる。

著者 ドイツ語タイトル (原題) 日本語訳
2002 クリストフ・シュピールベルク Die russische Spende 『陰謀病棟』(松本みどり訳、扶桑社、2008年)
2003 Richard Birkefeld / Göran Hachmeister Wer übrig bleibt, hat Recht
2004 Norbert Horst Leichensache
2005 Stefan Slupetzky Der Fall des Lemming
2006 レオニー・スヴァン Glennkill 『ひつじ探偵団』(小津薫訳、早川書房、2007年)
2007 アンドレア・M・シェンケル Tannöd 『凍える森』(平野卿子訳、集英社、2007年)
2008 Rainer Gross Grafeneck
2009 Lucie Klassen Der 13. Brief
2010 Andreas Föhr Der Prinzessinnenmörder
2011 ペトラ・ブッシュドイツ語版 Schweig still, mein Kind 『漆黒の森』(酒寄進一訳、創元推理文庫、2015年)
2012 レーナ・アヴァンツィーニ Tod in Innsbruck 『インスブルック葬送曲』(小津薫訳、扶桑社、2013年)

グラウザー賞短編賞[編集]

著者 ドイツ語タイトル (原題) 日本語訳
2002 Nessa Altura Der Burschl aus Tirol
2003 Gunter Gerlach Pauli, Tod und Teufel
2004 Carmen Korn Unter Partisanen
2005 Gunter Gerlach Die Hochzeit in Vörde
2006 Jürgen Ehlers Weltspartag in Hamminkeln
2007 Sabina Naber Peter in St. Paul
2008 ベルンハルト・ヤウマンドイツ語版 Schnee an der Blutkuppe
2009 Judith Merchant Monopoly
2010 Zoe Beck Draußen
2011 Judith Merchant Annette schreibt eine Ballade
2012 Nina George Das Spiel ihres Lebens

ハンスイェルク・マルティーン賞[編集]

ドイツの推理作家ハンスイェルク・マルティーンドイツ語版(Hansjörg Martin、1920-1999)の名を冠した賞。児童およびヤングアダルト向けミステリを対象とする。

(ハンスイェルク・マルティーン作品の日本語訳は『ミステリマガジン』1980年12月号に掲載された短編「後家づくり」(前川道介訳)がある)

著者 ドイツ語タイトル (原題) 日本語訳
2000 Günther Bentele Schwarzer Valentinstag
2001 Rudolf Herfurtner Milo und die Jagd nach dem grünhaarigen Mädchen
2002 Lilli Thal Kommissar Pillermeier und die falschen Weihnachtsmänner
2003 ゾラン・ドヴェンカードイツ語版 Cengiz & Locke
2004 Ulrike Schweikert Das Jahr der Verschwörer
2005 Sabine Ludwig Die Nacht, in der Mr. Singh verschwand
2006 Jürgen Banscherus Ein Fall für Kwiatkowski
2007 Christoph Wortberg Die Farbe der Angst
2008 Boris Koch Feuer im Blut
2009 Christian Linker Blitzlichtgewitter
2010 Marlene Röder Zebraland
2011 Silke Lambeck Die wilde Farm
2012 Maja von Vogel Nachtsplitter

グラウザー名誉賞[編集]

ドイツ語圏のミステリの発展に寄与した人物に贈られる。

  • 1987年 - Richard K. Flesch
  • 1988年 - Jörg Fauser (故人への授与)
  • 1989年 - ハンスイェルク・マルティーンドイツ語版
  • 1990年 - Heinz Werner Höber
  • 1991年 - Jürgen Roland
  • 1992年 - ホルスト・ボゼツキー
  • 1993年 - Friedhelm Werremeier
  • 1994年 - Tom Wittgen
  • 1995年 - Herbert Reinecker
  • 1996年 - Peter Zeindler
  • 1997年 - Richard Hey
  • 1998年 - Michael Molsner
  • 1999年 - Felix Huby
  • 2000年 - Doris Gercke
  • 2001年 - Fred Breinersdorfer
  • 2002年 - Gerhard Neumann
  • 2003年 - Jacques Berndorf
  • 2004年 - Alfred Miersch 及び ミステリ情報サイト「Alligatorpapiere」(作家兼編集者のAlfred Mierschが2001年から2011年まで運営。2011年9月以降は別の人物が運営している)
  • 2005年 - イングリート・ノル
  • 2006年 - Edgar Marsch
  • 2007年 - Irene Rodrian
  • 2008年 - Sabine Deitmer
  • 2009年 - Hans Werner Kettenbach
  • 2010年 - Dr. Rutger Booß
  • 2011年 - Dr. Jürgen Alberts
  • 2012年 - Thomas Przybilka

参考文献[編集]

  • 福本義憲「ドイツ・ミステリ賞事情」(『ミステリマガジン』1998年4月号)

関連項目[編集]

各地の推理作家団体が主催する賞

外部リンク[編集]