日常の謎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

日常の謎(にちじょうのなぞ)とは、日本における推理小説用語、もしくはジャンルの一つ。ジャンル名の場合は、日常ミステリ日常ミステリーと呼ぶ場合もある。また、小説以外の媒体(漫画等)でも使われる。

概要[編集]

日常生活の中にあるふとした、そしてそれが解明される過程を扱った小説作品を指す。対象はそもそも犯罪ですらないものが殆どであり、せいぜい軽犯罪であるが、殺人に劣らないほど厳密なロジックで解き明かしていくものが多いため、多くは本格推理小説に分類される。

謎が解明される過程で、日常生活に潜む人間心理なども同時に明かされる場合が多い。

歴史[編集]

北村薫がデビュー作である連作短編集『空飛ぶ馬』(1989年 東京創元社刊)において殺人がテーマではないものを仕上げ、その後若竹七海澤木喬加納朋子など日常での不可解な出来事を扱う作家が現れ、いつしか「日常の謎」派という呼称が読者の口に上るようになったとされる[1]。『空飛ぶ馬』発表当時は、いわゆる新本格ムーブメントの最中であり、この作品によって、「殺人事件の解決だけが推理小説ではない」との認識が広まった。

もうひとつ、若竹七海が1980年代前半に実際に体験した、五十円玉二十枚の謎の存在も大きい。これは、「若竹七海がアルバイトをしていた池袋の書店で、毎週土曜日になると50円玉20枚を握りしめた男が現われて、千円札への両替だけ済ませるといそいそと帰っていった」(いわゆる「逆両替」)という実話で、この人物の行動の意図を勝手に説明してみよう、というアンソロジーが2度も編まれた。これだけのことでも十分に知的好奇心が満たされることがわかり、以後の「日常の謎」系の創作につながっている。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 戸川安宣 『配達あかずきん(文庫版) 解説「本格書店ミステリ」』 東京創元社2009年、260 - 261頁。ISBN 978-04-488-48701-0。