村崎友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村崎 友(むらさき ゆう、1973年[1] - )は、日本小説家推理作家京都府生まれ[1]成城大学文芸学部国文学科卒業。

経歴・作風[編集]

大学時代は成城大学ミステリクラブに所属[2]。ソフト開発会社のプログラマーを経て、2003年「夕暮れ密室」で第23回横溝正史ミステリ大賞最終候補(受賞作なし)。2004年『風の歌、星の口笛』で第24回横溝正史ミステリ大賞を受賞した。デビュー作の『風の歌、星の口笛』は、SF的舞台を使った本格ミステリで、その後は青春ミステリを書いている。初野晴とは大学時代から交友がある。

作品[編集]

単著[編集]

  • 風の歌、星の口笛(2004年5月 角川書店 / 2007年10月 角川文庫
  • たゆたいサニーデイズ(2006年11月 角川書店)
    • 【改題】校庭には誰もいない(2015年4月 角川文庫)
  • 修学旅行は終わらない(2008年8月 MF文庫ダ・ヴィンチ
  • 夕暮れ密室(2015年2月 KADOKAWA / 2018年9月 角川文庫)
  • フェイバリット・シングス(2015年12月 光文社

アンソロジー[編集]

「」内が村崎友の作品

  • 忘れない。贈りものをめぐる十の話(2007年12月 ダ・ヴィンチブックス)「四月の風はさくら色」
  • 忍び寄る闇の奇譚 メフィスト道場1(2008年11月 講談社ノベルス)「紅い壁」
  • 蝦蟇倉市事件2(2010年2月 東京創元社ミステリフロンティア)「密室の本 真知博士 五十番目の事件」
    • 【改題】街角で謎が待っている がまくら市事件(2014年12月 創元推理文庫
  • ミステリ愛。免許皆伝! メフィスト道場(2010年3月 講談社ノベルス)「鎧塚邸はなぜ軋む」
  • 学園祭前夜 青春ミステリーアンソロジー(2010年10月 MF文庫ダ・ヴィンチ)「ディキシー、ワンダー、それからローズ」
  • 0番目の事件簿(2012年10月 講談社)「富望荘で人が死ぬのだ」

脚注[編集]