伊兼源太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(いがね げんたろう、1978年[1] -)は、日本小説家推理作家東京都三鷹市生まれ。上智大学法学部卒業[1]

新聞社勤務などを経て、2013年『見えざる網』(投稿時のタイトルは「アンフォゲッタブル」)で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー[2]。2009年から2011年まで3回連続で江戸川乱歩賞の最終候補、2010年には松本清張賞の最終候補に残っていた。

作品リスト[編集]

「警視庁監察ファイル」シリーズ[編集]

  • 密告はうたう(2017年3月 実業之日本社
  • ブラックリスト 警視庁監察ファイル(2019年10月 実業之日本社 / 2021年7月 実業之日本社文庫)
  • 残響 警視庁監察ファイル(2021年7月 実業之日本社)

地検のS[編集]

  • 地検のS(2018年2月 講談社 / 2020年6月 講談社文庫
    • 収録作品:置き土産 / 暗闘法廷 / シロとクロ / 血 / 証拠紛失
  • 地検のS Sが泣いた日(2020年7月 講談社)
    • 収録作品:コアジサシの夏 / 一歩 / 獣の心 / エスとエス / Sが泣いた日

その他の作品[編集]

  • 見えざる網(2013年9月 角川書店 / 2015年9月 角川文庫
  • 事故調(2014年5月 KADOKAWA / 2020年8月 角川文庫)
  • 外道たちの餞別(2015年3月 KADOKAWA)
  • 巨悪(2018年6月 講談社 / 2021年2月 講談社文庫)
  • 金庫番の娘(2019年7月 講談社 / 2022年7月 講談社文庫)
  • 事件持ち(2020年5月 KADOKAWA)
  • ぼくらはアン(2021年10月 東京創元社

アンソロジー[編集]

「」内がの伊兼源太郎の作品

  • 法廷ミステリーアンソロジー 逆転の切り札(2022年6月 朝日文庫)「置き土産」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 公募ガイド
  2. ^ 第33回 横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表
  3. ^ “放映間近! 横溝正史ミステリ大賞作家の『事故調』が待望のテレビドラマ化!!” (プレスリリース), KADOKAWA, (2015年3月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001401.000007006.html 2020年11月2日閲覧。