河合莞爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河合 莞爾
(かわい かんじ)
ペンネーム 河合 莞爾
(かわい かんじ)
誕生 ????????
日本の旗 日本熊本県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学
活動期間 2012年 -
ジャンル 推理小説
警察小説
代表作 『デッドマン』
『ドラゴンフライ』
主な受賞歴 第32回横溝正史ミステリ大賞(『デッドマン』)
デビュー作 『デッドマン』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本小説家推理作家。執筆のかたわら、出版社編集者として勤務している[1]


来歴[編集]

生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。

2012年角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。 『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった[2]

『デッドマン』は横溝正史ミステリ大賞の選考委員綾辻行人に、島田荘司占星術殺人事件』に「真っ向勝負」と激賞された。

立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している[3]

ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという[4]

作品[編集]

鏑木特捜班シリーズ[編集]

  • デッドマン(2012年9月 角川書店 / 2014年8月 角川文庫
  • ドラゴンフライ(2013年7月 角川書店 / 2016年4月 角川文庫)
  • ダンデライオン(2014年9月 角川書店 / 2016年7月 角川文庫)

その他[編集]

  • デビル・イン・ヘブン(2013年12月 祥伝社 / 2017年6月 祥伝社文庫)
  • 粗忽長屋の殺人(2015年2月 光文社 / 2017年10月 光文社文庫)
    • 【収録作品】 短命の理由 / 寝床の秘密 / 粗忽長屋の殺人 / 高尾太夫は三度死ぬ
  • 救済のゲーム(2015年6月 新潮社
  • 800年後に会いにいく(2016年8月 幻冬舎
  • スノウ・エンジェル(2017年6月 祥伝社)

アンソロジー[編集]

『』内が河合莞爾の作品

  • 地を這う捜査:「読楽」警察小説アンソロジー(2015年12月 徳間文庫)『また会おう』

交流のある作家[編集]

小野十傳
自身の頒布している開運銭「福本銭」を河合が所持しているとブログで明かしている。

脚注[編集]

  1. ^ ダ・ヴィンチ電子ナビ「第32回横溝正史ミステリ大賞『デッドマン』河合莞爾インタビュー」
  2. ^ 角川書店ニュースリリース2012年9月28日配信
  3. ^ 公募ガイド「賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞」
  4. ^ 小野十傳オフィシャルサイト

外部リンク[編集]