ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
The Woman In Black
監督 ジェームズ・ワトキンス
脚本 ジェーン・ゴールドマン
原作 スーザン・ヒル
黒衣の女 ある亡霊の物語英語版
製作 リチャード・ジャクソン
サイモン・オークス
ブライアン・オリヴァー
製作総指揮 ガイ・イースト
ニール・ダン
トビン・アームブラスト
ロイ・リー
ザヴィエル・マーチャンド
マーク・シッパー
ナイジェル・シンクレア
タイラー・トンプソン
出演者 ダニエル・ラドクリフ
キーラン・ハインズ
ジャネット・マクティア
ソフィー・スタッキー
リズ・ホワイト
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ティム・モーリス=ジョーンズ
編集 ジョン・ハリス
製作会社 クロス・クリーク・プロダクションズ
ハマー・フィルム・プロダクション
Alliance Films
UK Film Council
Talisman Productions
Exclusive Media Group
Film i Väst
Filmgate Films
配給 アメリカ合衆国の旗 CBS Films
カナダの旗 Alliance Films
イギリスの旗 Momentum Pictures
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年2月3日
イギリスの旗 2012年2月10日
日本の旗 2012年12月1日
上映時間 95分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
 スウェーデン[2]
言語 英語
製作費 $15,000,000[3]
興行収入 $127,730,736[4]
次作 ウーマン・イン・ブラック2 死の天使
テンプレートを表示

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』( - ぼうれいのやかた、The Woman in Black)は、2012年イギリスホラースリラー映画スーザン・ヒルの小説『黒衣の女 ある亡霊の物語英語版』を原作とし、ジェームズ・ワトキンスが監督、ジェーン・ゴールドマンが脚本を執筆、製作はハマー・フィルム・プロダクションである。出演はダニエル・ラドクリフキーラン・ハインズジャネット・マクティアソフィー・スタッキーリズ・ホワイトらである。北米では2012年2月3日、イギリスでは2012年2月10日に公開された[5][6]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アーサー・キップス ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
サム・デイリー キーラン・ハインズ 菅生隆之
エリザベート・デイリー ジャネット・マクティア 宮寺智子
ジェネット・ハムフュ リズ・ホワイト 山像かおり
ミスター・ベントレー ロジャー・アラム 町田政則
ジェローム ティム・マクマラン 田原正治
ジョセフのナニー ジェシカ・レイン
ケックウィック ダニエル・セルクェイラ
フィッシャー ショーン・ドゥーリー
ミセス・フィッシャー メアリー・ストックリー
PC・コリンズ デビッド・バーク
ステラ・キップス ソフィー・スタッキー
ルーシー・ジェローム ミーシャ・ハンドレイ
ジョセフ・キップス イーファ・ドハーティ
ジェラルド・ハーディ ヴィクター・マクガイア
  • その他日本語吹き替え
菊池こころ中西としはる宮下典子宮崎智栄子真壁かずみ武田幸史

製作[編集]

企画[編集]

2009年にジェーン・ゴールドマンが脚本を書く事が発表され[7]、さらに後にジェームズ・ワトキンスが監督に決まった[8]。2010年7月19日、ダニエル・ラドクリフがアーサー・キップスを演じることが発表された[9]。その2ヶ月後、『ハリー・ポッター』でラドクリフと共演したキーラン・ハインズジャネット・マクティアと共にデイリー夫妻を演じることが発表された[10]。撮影前にラドクリフは心理学者と会ったことにより、キャラクターを理解することができた[11]。ジョセフ・キップスは、ラドクリフの名付け子であるジョセフ・ハンドレーが演じた[12]

撮影[編集]

当初3Dでの撮影が計画されていたが[7]、後に中止された[13]。主要撮影は2010年9月26日に開始された[14]。翌日、ラドクリフはイングランドピーターバラで衣装を纒った[15]。10月上旬にはレイヤー・マーニー・タワー英語版で撮影が行われた[16]。2010年12月4日に撮影が完了した[17]

ポストプロダクション[編集]

2011年4月のロンドンのKapow!コミック・コンにて、ジェームズ・ワトキンス監督は、2010年12月に撮影が完了しており、2011年6月までポストプロダクションを行うことを明かした[18]

音楽[編集]

The Woman in Black Original Motion Picture Soundtrack
マルコ・ベルトラミサウンドトラック
リリース
ジャンル 映画音楽
時間
レーベル Silva Screen Records
プロデュース マルコ・ベルトラミ
マルコ・ベルトラミの映画サウンドトラック 年表
遊星からの物体X ファーストコンタクト
(2011)
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
(2012)
ワールド・ウォーZ
(2013)
テンプレートを表示

サウンドトラックはアメリカ合衆国の作曲家であるマルコ・ベルトラミが作曲した。2012年3月12日にシルヴァ・スクリーン・レコーズより発売された[19][20]

全作曲: マルコ・ベルトラミ
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「Tea for Three Plus One」   マルコ・ベルトラミ
2. 「The Woman in Black」   マルコ・ベルトラミ
3. 「Crossing the Causeway」   マルコ・ベルトラミ
4. 「Bills Past Due」   マルコ・ベルトラミ
5. 「Voices in the Mist」   マルコ・ベルトラミ
6. 「Journey North」   マルコ・ベルトラミ
7. 「Cellar Eye」   マルコ・ベルトラミ
8. 「First Death」   マルコ・ベルトラミ
9. 「The Attic Room」   マルコ・ベルトラミ
10. 「The Door Opens」   マルコ・ベルトラミ
11. 「Fireside」   マルコ・ベルトラミ
12. 「You Could Have Saved Him」   マルコ・ベルトラミ
13. 「Crazy Writing」   マルコ・ベルトラミ
14. 「In the Graveyard」   マルコ・ベルトラミ
15. 「Elisabeth's Vision」   マルコ・ベルトラミ
16. 「Into the Fire」   マルコ・ベルトラミ
17. 「Jennet's Letters」   マルコ・ベルトラミ
18. 「Race to the Marsh」   マルコ・ベルトラミ
19. 「Rising From the Mud」   マルコ・ベルトラミ
20. 「Summoning the Woman in Black」   マルコ・ベルトラミ
21. 「Reunion」   マルコ・ベルトラミ
22. 「Arthur's Theme」   マルコ・ベルトラミ
合計時間:

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは171件のレビュー中、支持率は65%となった[21]Metacriticでは39件のレビューで62/100となった[22]

ホーム・メディア[編集]

イギリスでは2012年6月18日にDVDBlu-ray Discが発売された[23]。アメリカ合衆国では5月22日に発売された[24]

参考文献[編集]

  1. ^ The Woman in Black (12A)”. British Board of Film Classification. 2012年1月20日閲覧。
  2. ^ Felperin, Leslie (2012年1月25日). “Film Front Reviews”. Variety. 2012年2月7日閲覧。
  3. ^ Dawtrey, Adam (2012年3月2日). “Hammer nails coin from next gen”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118051846?refCatId=13 2012年3月24日閲覧。 
  4. ^ The Woman in Black”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年8月23日閲覧。
  5. ^ “Release Date Moves: Searchlight's 'The Descendants', CBS Films' 'The Woman In Black'”. Deadline.com (Mail.com Media). (2011年7月28日). http://www.deadline.com/2011/07/release-date-moves-searchlights-the-descendants-cbs-films-the-woman-in-black/ 2011年7月28日閲覧。 
  6. ^ The Woman in Black Teaser Trailer”. Good Film Guide (2011年4月10日). 2011年4月10日閲覧。
  7. ^ a b 3D Version of the Woman in Black Coming from Hammer”. DreadCentral.com (2009年11月4日). 2010年9月27日閲覧。
  8. ^ Hammer Options Rights to Famous Horror Novel "The Woman in Black"”. HammerFilms.com (2010年2月1日). 2010年10月2日閲覧。
  9. ^ “Daniel Radcliffe to star in The Woman in Black”. BBC News. (2010年7月19日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-10684914 2010年9月27日閲覧。 
  10. ^ Martyn Conterio (2010年9月8日). “Two More Actors Set To Join 'The Woman in Black'”. FilmShaft.com. 2010年9月27日閲覧。
  11. ^ Kristy Kelly (2010年9月20日). “Daniel Radcliffe 'prepares for Black role'”. Daily Spy. http://www.digitalspy.com/movies/news/a277882/daniel-radcliffe-prepares-for-black-role.html 2010年9月27日閲覧。 
  12. ^ Chris Evan's Breakfast Show. 2012年2月10日放送.
  13. ^ Russ Fischer (2010年9月27日). “First Look: Daniel Radcliffe in 'Woman in Black'”. /Film. 2010年9月27日閲覧。
  14. ^ Hammer's official Twitter account”. Twitter (2010年9月7日). 2010年9月27日閲覧。 “via @RoomofRadcliffe @hammerfilms Have heard that The Woman in Black starts filming on Sept.26! Can't wait to see this!!”
  15. ^ “Daniel Radcliffe pictured in The Woman in Black”. Telegraph. (2010年9月27日). http://www.telegraph.co.uk/culture/film/film-news/8027809/Daniel-Radcliffe-pictured-in-The-Woman-in-Black.html 2010年9月27日閲覧。 
  16. ^ Layer Marney News: The Woman in Black”. LayerMarneyTower.co.UK.. 2010年10月22日閲覧。
  17. ^ Hammer's official Twitter account”. Twitter (2010年12月4日). 2011年4月4日閲覧。 “On this day in 2010, production wraps on THE WOMAN IN BLACK.”
  18. ^ Kapow! Adrian reports in on Hammer's The Woman In Black and more genre goodies!”. AintItCool.com (2011年4月10日). 2011年10月10日閲覧。
  19. ^ Southall, James (2012年4月6日). “The Woman in Black”. MovieWave.net. 2012年5月24日閲覧。
  20. ^ Paton, Atila (2012年3月13日). “The Woman in Black”. SoundTrack.Net. 2012年5月24日閲覧。
  21. ^ The Woman in Black (2012)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年5月24日閲覧。
  22. ^ The Woman in Black”. Metacritic. 2012年5月24日閲覧。
  23. ^ The Woman in Black [DVD]”. Amazon.co.UK. 2012年5月24日閲覧。
  24. ^ The Woman in Black (+ UltraViolet Digital Copy) [Blu-ray (2012)]”. Amazon.com. 2012年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]