トゥルー・ロマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥルー・ロマンス
True Romance
監督 トニー・スコット
脚本 クエンティン・タランティーノ
製作 サミュエル・ハディダ
スティーヴ・ペリー
ビル・アンガー
出演者 クリスチャン・スレーター
パトリシア・アークエット
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジェフリー・L・キンボール
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年9月10日
日本の旗 1994年1月22日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,500,000
興行収入 $12,281,551[1]
テンプレートを表示

トゥルー・ロマンス』(True Romance )は、1993年アメリカ映画脚本クエンティン・タランティーノ監督トニー・スコット製作ワーナー・ブラザース。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。

爽快な展開のロード・ムービーだが、アクション・バイオレンスとラブ・ロマンスの要素も強い。

解説[編集]

暴力・ドラッグ、そしていくらかのセックスで満たされたラブストーリー。愛し合う男女の危険で暴力的な逃避行という設定は、1973年テレンス・マリック監督作『地獄の逃避行』へのオマージュであり、テーマ音楽の「You're So Cool 」は、『地獄の逃避行』のテーマ曲:カール・オルフの「Gassenhauer 」を意識したものとなっている[要出典]

主人公がコミック・ショップに勤め、千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』を観ているシーンや、主人公の部屋に千葉の主演映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』と『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』のポスターがそれぞれ貼ってある様は、脚本家であるクエンティン・タランティーノ自身を投影させている。

脇役で著名な俳優が多く出演していることは(#キャスト参照)、翌年公開されたタランティーノが演出した『パルプ・フィクション』にも共通している。

この作品のエンディングは、本来脚本では2人とも死ぬ設定だったが、監督のトニー・スコットがどうしてもハッピーエンドで終わりたいという希望から急遽脚本を変更した。このためタランティーノはヘソを曲げ、脚本の権利を返却させようとしたが、既に撮影に入っていたため多額の損が出る。そのため、主役のクリスチャン・スレーターがタランティーノに直談判し、「たのむよ、クエンティン。クラレンスを殺さないでくれ」と説得して渋々了承させた[要出典]

ストーリー[編集]

ある夜、若い男が若い女に出会う。2人は深い恋に落ち、翌日には結婚する。しかし女は、コールガールだった。男は彼女のポン引きを殺し、彼女の荷物と間違えてヒモのコカインを盗んでしまう。しかもそのコカインは、イタリアン・マフィアのものだった。マフィアに追われて逃亡する2人。やがてそこにハリウッドのワル、警察も複雑に絡んできて…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ テレビ東京
クラレンス・ウォリー クリスチャン・スレーター 家中宏 山寺宏一
アラバマ・ウィットマン パトリシア・アークエット 松本梨香 雨蘭咲木子 本田貴子
クリフォード・ウォリー デニス・ホッパー 柴田秀勝 有川博 池田勝
フロイド ブラッド・ピット 磯部弘 小野健一 高木渉
ヴィンセンツォ・ココッティ クリストファー・ウォーケン 小川真司 小林勝彦 野沢那智
ドレクスル・スパイビー ゲイリー・オールドマン 中多和宏 大塚明夫
ディック・リッチー マイケル・ラパポート 平田広明 二又一成 藤原啓治
リー・ドノウィッツ ソウル・ルビネック 秋元羊介 江原正士 玄田哲章
ビッグ・ドン サミュエル・L・ジャクソン 江川央生 桜井敏治 田原アルノ
コーディ・ニコルソン トム・サイズモア 小杉十郎太 田中亮一 牛山茂
エリオット・ブリッツァー ブロンソン・ピンチョット 坂口哲夫 麻生智久 佐久田修
ニッキー・ダイムス クリス・ペン 古田信幸 廣田行生 星野充昭
マーティ ポール・ベイツ 菅原正志 有本欽隆 宝亀克寿
助言者エルヴィス ヴァル・キルマー 荒川太朗 伊藤栄次 菅原正志
ヴァージル ジェームズ・ガンドルフィーニ 青森伸 佐藤正治 銀河万丈
警部 エド・ローター 沢木郁也 中博史 有本欽隆
菅原正志
荒川太郎
西宏子
日野由利加
坂口哲夫
古田信幸
諸角憲一
北川勝博
松谷彼哉
中澤やよい
宝亀克寿
相沢正輝
仲野裕
稲葉実
深水由美
中村千絵
遠藤純一
プロデューサー 三上満雄
(松竹富士)
内田正仁
(アミューズビデオ)
門屋大輔
(日本テレビ)
深澤幹彦
渡邉一仁
(テレビ東京)
演出 福永莞爾 高橋剛
翻訳 石田泰子 平田勝茂 植田尚子
調整 金谷和美
新井保雄
新井保雄 重光秀樹
制作 プロセンスタジオ プロセンスタジオ
(担当:中西真澄)
テレビ東京
ケイエスエス
初回放送 1997年1月17日
金曜ロードショー
1999年5月6日
木曜洋画劇場

評価[編集]

映画批評サイトのRotten Tomatoesは、51件のレビューに基づき92%の評価を示し、評価の平均点を10点中7.5点としている。 また批評家の総意を「本作は最高の意味で面白く暴力的な行動を描いている」としている[2]

批評家のロジャー・エバートは、4つ星満点中3つ星の評価を付けた。また、この映画のエネルギーとスタイルは爽快であるとし、 クリスチャン・スレーターは、映画が必要としている生意気な無謀さを持っており、パトリシア・アークエットは、ふしだらな女と親友という役を魅力的に描いたと評している[3]

脚注[編集]

  1. ^ True Romance - Box Office Mojo(2017年3月24日閲覧)
  2. ^ True Romance(1993) - Rotten Tomatoes(2017年3月24日閲覧)
  3. ^ True Romance Movie Review & Film Summary(1993) - ロジャー・エバート(2017年3月24日閲覧)

外部リンク[編集]