河野基比古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1980年、自宅にて

河野 基比古(こうの もとひこ、1932年11月26日 - 1991年8月11日)は日本映画評論家東京都渋谷区出身。

人物[編集]

文人[1]の長男として東京に生まれる。基比古の名は国文学者笹川臨風に拠る命名。学生時代に淀川長治が主催する映画友の会に在籍した。1956年に早稲田大学文学部英文科を卒業。同級生に作家生島治郎小林信彦がいる。卒業後、日本コロムビア入社。ディレクターとして制作を手掛けた。

日本コロムビア退社後、渡米。帰国後日本クラウンからワーナーパイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)に転勤し、退社後フリーライターに転向。

キネマ旬報」、「スクリーン」(近代映画社)、日刊スポーツのほか、サウンドトラックライナーノート執筆、翻訳などの活動を行う。

1982年3月から『木曜洋画劇場』(テレビ東京系)の解説者を5年10ヶ月に渡って担当する。またこの時期、頻繁に渡米しハリウッド映画業界の取材をした。晩年には目黒区教育委員会の委員を務めた。

ミュージック・ベンクラブ・ジャパン(1966年、「音楽執筆者協議会」として発足)会員。

1991年腎不全のため死去。58歳没。

伯父ILO社会保障専門委員、早稲田大学理事等を歴任した、商学博士末高信

主な出演番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

河野伴山「日本人 上村先生を憶ふ」編:生活文化同好会 大阪教育大学 1962


  1. ^ *