老人と子供のポルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
老人と子供のポルカ
左卜全とひまわりキティーズシングル
B面 おじいちゃん好き
リリース
ジャンル 歌謡曲コミックソング
レーベル ポリドール/日本グラモフォン
作詞・作曲 早川博二
チャート最高順位
左卜全とひまわりキティーズ シングル 年表
老人と子供のポルカ
(1970年)
拝啓天照さーん
(1971年)
※発売中止[1]
テンプレートを表示

老人と子供のポルカ」(ろうじんとこどものポルカ、英語: POLKA FOR GRANDPA & HIS CHILDREN[4]は、左卜全とひまわりキティーズの歌唱による日本の楽曲である。

概要[編集]

1970年2月10日に日本グラモフォン(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)からリリースされた[5]。リリース当時は、日本の高度経済成長の集大成とも言うべき日本万国博覧会の開催が迫っていた時期だが、その反動として数々の社会問題が重くのしかかった時代でもあった。本楽曲はリズムこそ軽快且つコミカルであるものの、中身は「『ゲバ(学生運動)』『ジコ(交通事故)』『スト(ストライキ)』の被害者は老人と子供である」という痛切な叫びが込められたメッセージソングである[6]

企画は塚田茂を歌手デビューさせるなど異色の起用で実績のあったディレクターの松村憲男による。松村は当時6歳の皆川おさむが歌った『黒ネコのタンゴ』のヒットに着目し、子供が受けるならその逆を、として、老人に歌わせる曲を企画した。当初TBSの『時事放談』で人気を得ていたエコノミスト小汀利得に話を持ちかけたが拒否され、左が歌うことになった[7]。左は当時76歳だったが、これは当時としての日本音楽史上最高齢の歌手デビューとして話題となった。またバックコーラスを受け持ったひまわりキティーズは劇団ひまわりの子役である女子小学生5人で構成されたグループで、そのうちの一人が後に夫婦ユニット「Le Couple」の一員となる藤田恵美である[9]

左は1914年(大正3年)から1915年(大正4年)にかけて帝国劇場に属しオペラを学んだ実績もあり[10]、歌の素養がないわけではなかったが、表面上は事務所が勝手に話をまとめてきたのでやむなく歌う、という姿勢を崩さなかった。収録でも「自分は機械人間ではないので、言われた通りに歌うことはできない」と我流を通し、こんな曲が売れるわけがない、と主張していた[7]

しかし曲が発売されると、老人と子供の意外な組み合わせと左の歌声の絶妙なリズムのずれで注目を集めた[6]。レコードも小学校低学年やその親世代の主婦を主要購買層として好調な売れ行きを示し[11]、5月には『コンフィデンス』誌のシングルチャート(オリコンチャートの前身)で10位に入った[12]。最終的にはレコード売上は約24万枚[13]、1970年度オリコン年間第45位を記録した。大ヒットしたにもかかわらず、買い取り契約であったため、左には20万円しか支払われなかった[6]

左は曲発表の翌年、1971年に死去した。しかしこの曲の影響はその後も残り、曲中の「ズビズバ」は、後に清水アキラなど、数多い物まね芸人のネタになったほか、2003年には旭化成ライフ&リビングの浴室用スポンジの名称にも用いられた[14]。このほか、2000年に放送された『ホンダ・キャパ』(後期型)のCMの中でこの曲の替え歌が使用されていた。さまざまな歌手がカバーを発表、2009年11月には、サントリーフーズビタミンウォーターのCMで銀河鉄道999 (アニメ)鉄郎メーテルがアカペラで歌唱した。さらに、2015年には大宮を拠点とするアイドルグループである大宮I♡DOLLにカバーされた[1]

なお、この曲で左が打ち立てた最高齢歌手デビュー記録については、1984年浦辺粂子(当時80歳)が、さらに1992年きんさんぎんさん(当時99歳)が更新している。しかし、オリコン10位以内の獲得は現在でも最年長記録である。

カバーした歌手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『1971 番号別総目録』日本グラモフォン株式会社、504ページ。『奇人でけっこう』335ページには「吹き込んだが発売されず」とある。
  2. ^ a b 高田文夫(監修)、鈴木啓之・吉田明裕(編)『コミックソングレコード大全』白夜書房〈笑芸人叢書〉、2002年、106ページ。
  3. ^ a b 『1971 番号別総目録』日本グラモフォン株式会社、237ページ。
  4. ^ 『コミックソングレコード大全』掲載のジャケット写真による[2]。日本グラモフォンの目録では“Polka for Grand Pa & His Children”となっている[3]
  5. ^ 日本グラモフォンの目録[3]や『コミックソングレコード大全』[2]は1970年3月としている。
  6. ^ a b c d 長田暁二「買い取り 「たいやきくん」は五万円」『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社〈現代教養文庫 1649〉、2002年、259ページ。ISBN 4-390-11649-5
  7. ^ a b 「ごきげんにズビ、ズビ 76歳の卜全老、フォークを歌う また異色歌手 ポリドールから「老人と子供のポルカ」」『スポーツニッポン』昭和45年1月29日付10面。
  8. ^ 宝泉薫「〝ヤメテケレ〟の正体 左卜全とひまわりキティーズ『老人と子供のポルカ』ほか」『歌謡界「一発屋」伝説』彩流社〈オフサイド・ブックス〉、1998年、211-213ページ。ISBN 4-88202-605-8
  9. ^ 「緊急指令 消えた主役を追え ズビズバー 左卜全と唄った女の子は超有名歌手になっていた」『週刊文春』第44巻第32号、2002年8月15/22日、46-47ページ。なお『老人と子供のポルカ』のジャケット写真の左から二番目に写っている人物が、当時の藤田である[8]
  10. ^ 『奇人でけっこう』31-35ページ。
  11. ^ 「ヒット曲分析 老人と子供のポルカ 〈左卜全とひまわりキテイーズ=グラモフォン〉」『コンフィデンス』第4巻第165号、1970年6月8日。
  12. ^ 『コンフィデンス』第4巻第160号、1970年5月4日。
  13. ^ 『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968–2010』オリコン・リサーチ、2012年、630ページ。『歌謡曲おもしろこぼれ話』は公称40万枚としている[6]
  14. ^ 「ネーミング ズビズバ 歌詞が商品イメージと重なる」『日経MJ』2004年2月17日付13面。
  15. ^ 「〽ズビズバー、やめてケレ ゲバゲバ 復活 29年ぶり左卜全のヒット曲「老人と子供のポルカ」が「学校の怪談4」PRソングに 笑福亭松之助と豊田真唯が歌う」『日刊スポーツ』1999年(平成11年)6月8日付24面。
  16. ^ 「梅津栄 74歳CDデビュー 〽ズビズバ〜 やめてケレ よみがえる左卜全さん「老人と子供のポルカ」」」『スポーツニッポン』2004年3月14日付30面。
  17. ^ 「「ポルカ」「カルタ」発売記念サイン会 高田純次」『日刊スポーツ』2007年(平成19年)11月29日付24面。
  18. ^ 『デイリースポーツ』2008年7月26日付8面。

参考文献[編集]

  • 三ヶ島糸『奇人でけっこう――夫・左卜全――』文化出版局、1977年。

関連項目[編集]