加賀アミューズメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加賀アミューズメント株式会社
KAGA AMUSEMENT CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目27番10号
八丁堀プラザビル
設立 2007年4月2日
業種 その他製品
法人番号 4010001108127
事業内容 アミューズメント関連機器の販売、アミューズメント関連機器の企画・開発・製造、子供向け遊具やその他機器、海外向け製品各種取り扱い
代表者 代表取締役会長 増澤武敏
資本金 5000万円
純利益 1億3854万円
(2019年3月期)[1]
純資産 14億2478万7000円
(2019年3月31日現在)[1]
主要株主 加賀電子(株) 100%
主要子会社 KAGA AMUSEMENT MALAYSIA
外部リンク http://www.kga.co.jp/
テンプレートを表示

加賀アミューズメント株式会社(KAGA AMUSEMENT CO.,LTD.)は、アミューズメント関連機器の企画・開発・製造・販売などを手掛ける日本の企業。

概要[編集]

2006年5月10日にエイブルコーポレーションが民事再生法を申請し[2]、その後債権者である加賀電子がエイブルコーポレーションのアミューズメント関連機器販売業務の譲渡をエイブルコーポレーションに申し入れ、加賀電子は東京地方裁判所の許可の下で、同年8月28日にエイブルコーポレーションからアミューズメント関連機器販売業務を譲受した。同時に、エイブルコーポレーションが行っていた業務は加賀電子特機事業本部AM営業部が手掛けることになった[3]

加賀電子は2007年2月7日に、特機事業本部AM営業部の中にあるアミューズメント部門を、同年4月1日付で加賀アミューズメント株式会社へ分社化することを発表[4]。加賀アミューズメントは同年4月2日付で、加賀電子からアミューズメント部門を新設分割により譲受した。

分社化後は、自社製品の企画・開発・製造・販売の他にも、グループ企業である加賀デバイス製品の販売、北日本通信工業などの他社製品の販売、海外メーカー製品の輸入業務などを行っている。

沿革[編集]

取扱製品[編集]

グループ会社である加賀デバイスが2018年12月にメイクソフトウェア破産管財人から事業譲受したプリントシール機[6]、旧:メイクソフトウェア時代から取り扱っている他、北日本通信工業が製造している「デカクレ」シリーズなどの他社製品も取り扱っている。また、タイトーが販売している「ATARI TABLE PONG」の輸入も担当している。

詳細は製品情報を参照

脚注[編集]

外部リンク[編集]