北東商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北東商事株式会社
Hokutou Shouji Corporation.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 キャッツアイ
本社所在地 日本の旗 日本
006-0806
北海道札幌市手稲区新発寒6条1丁目4-26
設立 1980年4月
業種 サービス業
法人番号 5430001014942
事業内容 カラオケ事業・アミューズメント事業
代表者 代表取締役社長 髙橋徹
資本金 2000万円
従業員数 74人
(2017年4月現在)
主要株主 (株)タカハシ
外部リンク http://www.hku.co.jp/catseye/
テンプレートを表示

北東商事株式会社(Hokutou Shouji Corporation.)は、北海道札幌市に本社を置き、アミューズメント施設(ゲームセンター)などを手がける企業。株式会社タカハシのグループ企業。

概要[編集]

店舗構成は基本的に「キャッツアイ」のブランドで展開しているゲームセンターであるが、店舗により24時間営業の時間制アミューズメントスペース「レジャスポ」「キャッツカーニバル」やボウリング施設やカラオケ施設、温泉施設などが併設されている。所有店舗の外壁は一部店舗を除き、黄色を基調としたカラーリングで塗装されている。

展開店舗[編集]

キャッツアイ[編集]

北海道内[編集]

  • キャッツアイ新川店(札幌市北区
  • キャッツアイ篠路店(札幌市北区)
  • キャッツアイ東苗穂店(札幌市東区
  • キャッツアイ手稲店(札幌市手稲区
    • パボッツ手稲(新和手稲前田ビル)2階に入居。インターネットカフェやすらぎくらぶを併設していたが、2014年7月31日に閉店し[1]、キャッツアイのゲームスペースに転用された。
    • かつては入居しているビル2階部分の外壁がシンボルカラーの黄色に塗装されていたが、現在は白色塗装に変更されている。
  • キャッツアイ栄通店(札幌市白石区
  • キャッツアイミュンヘン大橋店(札幌市豊平区
  • キャッツアイ新札幌店(札幌市厚別区
    • 2013年(平成25年)に2代目店舗を新築した際に、DCMホーマック厚別東店と同居する形になった[2]。キャッツアイ部分の営業面積は5,202m2[2]
  • キャッツアイ清田店(札幌市清田区)
  • キャッツアイ恵庭店(恵庭市
  • キャッツアイ静内店(新ひだか町

北海道外[編集]

閉店した店舗[編集]

  • キャッツアイ新琴似店(札幌市北区)
  • キャッツアイ北41条店(札幌市北区)
  • キャッツアイ川沿店(札幌市南区
  • キャッツアイ美園店(札幌市豊平区)
  • キャッツアイ北18条店(札幌市北区)
  • キャッツアイ丘珠店(札幌市東区)
  • キャッツアイ稚内店(稚内市)※跡地はカラオケ店「遊スポット稚内店」として利用されたが2016年に閉店、現在は空き店舗
  • キャッツアイ新発寒店(札幌市手稲区)※跡地は「サンドラッグ新発寒5条店」
  • レジャーパレス(札幌市白石区)
  • キャッツアイ町田店(東京都町田市) - 2014年(平成26年)3月31日閉店
  • キャッツアイ苫小牧店(苫小牧市) - 2014年(平成26年)4月20日閉店 入居していた商業施設「トマモール」も解体中。
  • キャッツアイビッグ東苗穂店(札幌市東区) - 2016年(平成28年)3月31日閉店[3]
    • 2006年(平成18年)5月22日に閉店した東苗穂サティ跡に居抜き出店[4]。温泉施設「東苗穂温泉 千の湯」を併設していた。※現在はDCMホーマックの店舗が新規オープン
  • キャッツアイ中の島店(札幌市豊平区)- 2016年(平成28年)9月29日閉店
  • キャッツアイうたカフェ店(札幌市東区)- 2016年(平成28年)10月31日閉店
  • キャッツアイ麻生店(札幌市北区)- 2018年(平成30年)8月31日閉店、跡地はクリニックと薬局と企業設置型保育所に分割
  • キャッツアイ清田2条店(札幌市清田区)キャッツアイ清田店へ統合

レジャスポ[編集]

狭山店[編集]

  • 埼玉県狭山市
  • 元々営業していたキャッツアイ狭山店の2・3階フロアを改装しオープン。

閉店した店舗[編集]

ビッグ東苗穂店[編集]
  • 北海道札幌市東区東苗穂3条2丁目
  • 2005年4月に閉店した旧・ポスフール東苗穂跡に2005年8月オープン。キャッツアイとしては初の10分70円遊び放題の屋内レジャー施設を開設した。また、館内には岩盤浴併設などが売りの温泉設備・千の湯が同年10月にオープンした。
  • 2016年3月31日をもって閉店。(向かいに存在したキャッツアイグループの「うたカフェ」も閉店した)
  • 建物の解体後、DCMホーマックの大型店が開店。
八千代店[編集]
  • 千葉県八千代市
  • ism緑が丘店内(旧アピタ八千代店。現在はトライアルが入居)のキャッツアイ八千代店2階。

サービス内容[編集]

カラオケアーケードゲーム漫画喫茶ビリヤードダーツなどのキャッツアイの他の店舗でも行っているサービスのほか、ボウリング日焼けサロン、釣り堀などもある。

基本料金のみで利用できるものだけではなく、たとえば日焼けサロンのジェル、釣り堀のえさなど、別途料金を求められるものもある。

やすらぎくらぶ(終了)[編集]

「やすらぎくらぶ」として一部キャッツアイ店舗内にインターネットカフェ事業も行なっていたが、逐次閉店し、最後まで営業していた東苗穂店も2019年3月31日をもって営業終了となりネットカフェ事業から撤退した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式