ヤメ刑探偵 加賀美塔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤメ刑探偵 加賀美塔子
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2011年6月6日 -(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 国本雅広
脚本 扇澤延男
プロデューサー 千葉行利
宮川晶
出演者 片平なぎさ
原田龍二
六角精児
高橋絵美
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 月曜ゴールデン
テンプレートを表示

ヤメ刑探偵 加賀美塔子』(ヤメけいたんてい かがみとうこ)は、TBS系の2時間ドラマ月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2011年から放送されているテレビドラマシリーズ。主演は片平なぎさ

キャスト[編集]

宗方探偵事務所[編集]

加賀美 塔子
演 - 片平なぎさ
元刑事の探偵、通称「ヤメ刑」[1]。父親が生涯交番勤務の巡査で、困っている人を助けたり力になる事を誇りにしていたのに憧れ、警察官に。地域課を起点に念願の刑事課に配属。その後、警視庁捜査一課の刑事になったのだが、組織社会によって事件の大小で見て見ぬふりなどの行為ができなくなり、解決した事件より始末書の数が多くなる。1年前に夫が捜査一課長に着任して早々、捜査方針をめぐって対立。組織捜査を重んじる同僚らを罵倒し追い出される形で1年前に退職。佃煮屋の事務員を経て、所轄署時代に世話になった大先輩[2] を通じて探偵として再就職。朝倉とは16年間夫婦でいたが、刑事退職時に離婚している。
田村 直樹
演 - 原田龍二
どんな調査も確実にこなす万能型。仕事が危険なために、塔子に発信機を付ける用心深い一面も。警察官を目指していたが、身内に犯罪者がいたために断念。そのため、警察関係者を相手にすると目の敵にする。愛車はクロスロード
丸岡 仁
演 - 六角精児
通称「離婚の丸岡」。「丸ちゃん」とも呼ばれている。浮気調査のエキスパートで調査を手がけると、対象の夫婦は100%離婚している。
成田 久子
演 - 鈴木美恵(第1作)
経理担当。
木下 公男
演 - 佐々木征史
松井 修
演 - 内山翔人(第2作 - )
井本 暁美
演 - 高橋絵美
誰にでも成りすます変装を持つ。通称「七変化の朱美」。一言多い性格である。
宗方 巌
演 - 大杉漣
所長。探偵を商売と割り切り、1円でも多く儲けようとする主義。塔子が加入した当初は、即戦力と警察とのパイプによる調査の便宜を期待して「福の神」と塔子を思っていたのだが、塔子の過去を知って、一転「疫病神」と思い、胃が痛くなる悩みを抱える。刑事の青木に脅されると情報をべらべらしゃべってしまうことが多い。

朝倉家[編集]

朝倉 司郎
演 - 永島敏行(第1作)
警視庁捜査一課長。塔子の元夫で息子と住んでいる。信念は「いかなる不正にも目をつぶらない」だが、秩序を重んじるために塔子とは離婚につながっている。「塔子の真っ直ぐさは刑事では問題が多過ぎたが、生かせる所があれば宝」と元妻が探偵になった事を喜んでいる反面、懲りない奴だなとも思っている。
朝倉 礼介
演 - 秋元龍太朗
司郎と塔子の息子。料理が得意。毎年、両親の結婚記念日のプレゼントを贈る。

その他[編集]

青木
演 - 吉満涼太
警視庁捜査一課の刑事。塔子の元同僚刑事。塔子の過去を知る。情報を知るために宗方に脅しをかけることもある。

ゲスト[編集]

第1作(2011年) 「復讐の歯車」
  • 袴田栄作(代議士・元市長) - 佐々木勝彦
  • 石垣晴枝(里美の祖母) - 高田敏江
  • 石垣里美(古谷の婚約者) - 鈴木麻衣花
  • 古谷貴之(会社員) - 南周平
  • 小坂秀夫(袴田の秘書) - 坂田聡
  • 徳永光一(ホームレス) - 樋渡真司
  • 石垣善三(里美の父・故人) - 正城慎太郎
  • 石垣弓子(里美の母・故人) - 杉山みどり
  • ホームレス - 蔵内秀樹
  • ホームレス - 山上賢治
  • 瀬戸 - 野村修一
  • 白石タダシ、渡仲裕蔵、向井恭介
第2作(2012年) 「ミイラは巡る」
第3作(2015年) 「歪んだ動機」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 2011年06月06日 復讐の歯車 扇澤延男 国本雅広
2 2012年11月26日 ミイラは巡る
3 2015年09月07日 歪んだ動機

脚注[編集]

  1. ^ 劇中冒頭、宗方が加賀美を説明する際に使用している。
  2. ^ 劇中、宗方のセリフで「何年か前に定年になった警視」と説明がある。

外部リンク[編集]