バンテージ・ポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バンテージ・ポイント
Vantage Point
監督 ピート・トラヴィス
脚本 バリー・レヴィ
製作 ニール・H・モリッツ
製作総指揮 カラム・グリーン
タニア・リンドー
リンウッド・スピンクス
出演者 デニス・クエイド
マシュー・フォックス
フォレスト・ウィテカー
シガニー・ウィーバー
音楽 アトリ・オーヴァーソン
撮影 アミール・モクリ
編集 スチュアート・ベアード
製作会社 レラティビティ・メディア
オリジナル・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画/S.P.E
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年2月22日
日本の旗 2008年3月8日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $151,161,491[1]
テンプレートを表示

バンテージ・ポイント』(Vantage Point)は、2008年公開のアメリカ映画映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」で85位。

概要[編集]

スペインでの国際会議で起こった米大統領狙撃事件の瞬間とその前後を、現場にいた8人の同時刻の視点から明かしていくサスペンスアクション映画

タイトルのバンテージ・ポイントとは「有利な見地」の意味で、8名それぞれの立場でしか見えない「視点」を集めるこの映画の趣旨を表す。それぞれの視点は、必ず重要な場面の直前で終わるクリフハンガー形式をとり、徐々に真相を明かしていく。

場面は以下の順序で、それぞれ事件の約23分前から展開するが、8人の視点が個々に描写されるわけではない。

  1. レックス・ブルックスを中心とするテレビ局スタッフの視点
  2. シークレット・サービス、トーマス・バーンズの視点
  3. 地元サラマンカの刑事、エンリケの視点
  4. 旅行者、ハワード・ルイスの視点
  5. 米大統領、ヘンリー・アシュトンの視点
  6. ハビエルを中心としたテロリスト側の視点と、続けて事件の顛末

このいくつかの異なる視点によって物語の全貌を暴くという形式は黒澤明の『羅生門』に見ることができる。

ストーリー[編集]

午後0時23分。スペインサラマンカで開催されていたテロ撲滅の国際サミットにて、マヨール広場の大聴衆を前にスピーチをしようと演台に立ったアシュトン米大統領が狙撃される。混乱に陥る広場の中、続けてどこか遠くから爆発音がし、さらに演台の下に仕掛けられていた爆弾が爆発する。

キャスト[編集]

トーマス・バーンズ
演 - デニス・クエイド、日本語吹替 - 原康義
主人公。前年、襲撃された大統領を庇って銃弾を受け、本事件前まで休職していたシークレットサービス。周囲の多くは現場復帰を時期尚早と考えているが、大統領からは特別な信頼を寄せられている。事件発生時は「広場にいる大統領」を警護していた。
ケント・テイラー
演 - マシュー・フォックス、日本語吹替 - 井上和彦
バーンズの同僚のシークレットサービス。新米ながらバーンズの早期復職に尽力した人物。事件発生時はバーンズと共に「大統領」を警護していた。
ハワード・ルイス
演 - フォレスト・ウィテカー、日本語吹替 - 木村雅史
妻子と別居中のアメリカ人旅行者。事件発生時は、家庭用のビデオカメラで広場の様子を撮影していた。
フィル・マカルー
演 - ブルース・マッギル、日本語吹替 - 金子由之
大統領の側近。暗殺計画を事前察知し、テロ組織の拠点攻撃を大統領に提案している。
ハビエル
演 - エドガー・ラミレス、日本語吹替 - 志村知幸
弟を人質に取られ、テロリストグループの言いなりになる。元特殊部隊員。
ベンワル・スワレス
演 - サイード・タグマウイ、日本語吹替 - いずみ尚
テロ組織『聖戦旅団』のリーダーで、本テロ実行の中心人物。
ベロニカ
演 - アイェレット・ゾラー、日本語吹替 - 岡寛恵
スペイン人女性でエンリケの恋人。事件発生前に、現場でハビエルを脅迫、およびエンリケと接触している。
アンジー・ジョーンズ
演 - ゾーイ・サルダナ、日本語吹替 - 東條加那子
米テレビ局の女性リポーター。広場での爆発に巻き込まれる。
レックス・ブルックス
演 - シガニー・ウィーバー、日本語吹替 - 高島雅羅
米テレビ局の女性プロデューサー。事件発生時は現場ディレクターとして、中継車から国際サミットの中継を指揮していた。
ヘンリー・アシュトン
演 - ウィリアム・ハート、日本語吹替 - 佐々木勝彦
アメリカ合衆国大統領("POTUS")。序盤で何者かに暗殺される。
エンリケ
演 - エドゥアルド・ノリエガ、日本語吹替 - 矢崎文也
地元サラマンカ警察の警官。事件発生前に、サラマンカ市長の護衛のため私服で現場を訪れる。またベロニカに依頼されたバッグを持参し、彼女に手渡している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Vantage Point (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]