マザーレス・ブルックリン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マザーレス・ブルックリン
Motherless Brooklyn
監督 エドワード・ノートン
脚本 エドワード・ノートン
原作 ジョナサン・レセム
マザーレス・ブルックリン
製作 エドワード・ノートン
ビル・ミリオーレ
ジジ・プリッツカー英語版
レイチェル・シェーン
マイケル・ベダーマン
製作総指揮 エイドリアン・アルペロヴィッチ
スー・クロール
ダニエル・ナドラー
ロバート・F・スミス
ブライアン・ニランジャン・セス
出演者 エドワード・ノートン
ブルース・ウィリス
ググ・バサ=ロー
ボビー・カナヴェイル
チェリー・ジョーンズ
アレック・ボールドウィン
ウィレム・デフォー
音楽 ダニエル・ペンバートン
主題歌 トム・ヨーク
『デイリー・バトルズ』
撮影 ディック・ポープ
編集 ジョー・クロッツ英語版
製作会社 クラス5・フィルムズ
MWMスタジオズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年11月1日
日本の旗 2020年1月10日
上映時間 144分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $26,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $18,477,736[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $9,277,736[2]
日本の旗 2150万円[3]
テンプレートを表示

マザーレス・ブルックリン』(Motherless Brooklyn)は、2019年アメリカ合衆国スリラー映画。監督・脚本・製作・主演をエドワード・ノートンが務めた。本作はジョナサン・レセム1999年に発表した小説『マザーレス・ブルックリン』を原作としている。

ストーリー[編集]

1957年のニューヨーク、孤児院で暮らしていたライオネル・エスログはフランク・ミナに引き取られることになった。フランクの庇護下にいた他の3人たちの孤児と同様、ライオネルはフランクの「お使い」をこなし、それを通して生きる力を身につけていった。

しばらくして、ライオネルはフランクの下で私立探偵として活動するようになった。ライオネルはトゥレット症候群を抱えていたため、仕事では苦労することが多かったが、人並外れた記憶力をフル活用して職務に当たっていた。そんなある日、恩人であるフランクがトラブルに巻き込まれて銃殺されるという事件が発生した。ライオネルは直ちに犯人を突き止めようとしたが、手掛かりの少なさ故に捜査は難航した。それでも、ライオネルは諦めようとはしなかった。必死に真相を追い求めるうちに、ライオネルはニューヨークの闇の奥深くにまで入り込んでいった。

時代設定に関して[編集]

本作の時代設定は1950年代だが、原作小説の時代設定は1999年である。ノートン監督は時代設定を変更した理由として「原作小説の登場人物たちが1950年代のハードボイルド小説を思わせるものになっていた。原作そのままの時代設定で映画化した場合、彼らは浮いてしまうだろう。それを避けたかった」「1950年代半ばのニューヨークで何が起きたのかという問題について常に関心を持ってきた。その時代に存在した数え切れないほどの組織的腐敗とレイシズムが現代のニューヨークの在り方を決定づけたから。」という趣旨のことを述べている[4]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[5][6]

製作[編集]

エドワード・ノートンは2000年代初頭から小説『マザーレス・ブルックリン』の映画化を模索していたが[7]、企画が始動したのは2014年2月のことであった[8]

2018年2月2日、ウィレム・デフォーが本作に出演することになったと報じられた[9]。5日、ブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィンの出演が決まったとの報道があった[10]。26日、ダラス・ロバーツとボビー・カナヴェイルがキャスト入りした[11]。3月22日、本作の撮影中、セットで火災が発生し、消火活動に当たった消防士の一人が殉職するという事件が起きた[12]

2019年5月24日、ダニエル・ペンバートンが本作で使用される楽曲を手掛けることになり、トム・ヨークが本作のために新曲を提供するとの報道があった[13]。10月25日、本作のサウンドトラックが発売された[14]

公開・マーケティング[編集]

2019年8月23日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[15]。30日、本作はテルライド映画祭でプレミア上映された[16]。9月10日には、第44回トロント国際映画祭での上映が行われた[17]。また、本作はニューヨーク映画祭のクロージング作品としても上映された[18]

興行収入[編集]

本作は『氷の国のスイフティ 北極危機一髪!』、『ハリエット』、『ターミネーター:ニュー・フェイト』と同じ週に封切られ、公開初週末に250万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[19]、実際の数字はそれを若干上回るものとなった。2019年11月1日、本作は全米1342館で公開され、公開初週末に350万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位となった[20]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには142件のレビューがあり、批評家支持率は61%、平均点は10点満点で6.34点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「観客は『マザーレス・ブルックリン』のやたらと長い上映時間に耐えることを求められる。しかし、ユニークな視点と出演者の見事な演技は同作を鑑賞に値するミステリ映画たらしめている。」となっている[21]。また、Metacriticには34件のレビューがあり、加重平均値は60/100となっている[22]

出典[編集]

  1. ^ マザーレス・ブルックリン”. 映画.com. 2019年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c Motherless Brooklyn” (英語). Box Office Mojo. 2020年3月18日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報』2021年3月下旬特別号 p.49
  4. ^ Giardina, Carolyn (2019年9月8日). “Edward Norton on 'Motherless Brooklyn's 20-Year Journey to Big Screen” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/edward-norton-motherless-brooklyns-20-year-journey-big-screen-1237734 2019年9月8日閲覧。 
  5. ^ マザーレス・ブルックリン”. ワーナー・ブラザース. 2020年3月10日閲覧。
  6. ^ マザーレス・ブルックリン”. ふきカエル大作戦!!. 2020年6月11日閲覧。
  7. ^ “EXCLUSIVE: Edward Norton Talks Stone” (英語). Movie Web. (2010年10月13日). https://movieweb.com/exclusive-edward-norton-talks-stone/ 2019年9月8日閲覧。 
  8. ^ Fleming, Mike, Jr (2014年2月20日). “Edward Norton Will Helm Passion Project ‘Motherless Brooklyn’ With RatPac Funding” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2014/02/edward-norton-will-helm-passion-project-motherless-brooklyn-with-ratpac-funding-686666/ 2019年9月8日閲覧。 
  9. ^ Fleming, Mike, Jr (2018年2月2日). “Willem Dafoe Joins Edward Norton’s ‘Motherless Brooklyn’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/02/willem-dafoe-edward-norton-motherless-brooklyn-the-florida-project-1202277234/ 2019年9月8日閲覧。 
  10. ^ N'Duka, Amanda (2018年2月5日). “Bruce Willis, Gugu Mbatha-Raw, Alec Baldwin & More Board Edward Norton’s ‘Motherless Brooklyn’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/02/bruce-willis-gugu-mbatha-raw-alec-baldwin-motherless-brooklyn-1202278568/ 2019年9月8日閲覧。 
  11. ^ Fleming, Mike, Jr (2018年2月26日). “Bobby Cannavale, Dallas Roberts Move Into ‘Motherless Brooklyn’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/02/bobby-cannavale-dallas-roberts-motherless-brooklyn-edward-norton-1202303781/ 2019年9月8日閲覧。 
  12. ^ Kay, Jeremy (2018年3月24日). “Production suspended on 'Motherless Brooklyn' after firefighter death” (英語). Screen Daily. https://www.screendaily.com/news/production-suspended-on-motherless-brooklyn-after-firefighter-death/5127763.article 2019年9月8日閲覧。 
  13. ^ “Edward Norton’s ‘Motherless Brooklyn’ to Feature Original Score by Daniel Pemberton & Original Song by Thom Yorke” (英語). Film Music Reporter. (2019年5月24日). https://filmmusicreporter.com/2019/05/24/edward-nortons-motherless-brooklyn-to-feature-original-score-by-daniel-pemberton-original-song-by-thom-yorke/ 2019年9月8日閲覧。 
  14. ^ “‘Motherless Brooklyn’ Soundtrack Album Announced” (英語). Film Music Reporter. (2019年8月22日). https://filmmusicreporter.com/2019/08/22/motherless-brooklyn-soundtrack-album-announced/ 2019年9月8日閲覧。 
  15. ^ Motherless Brooklyn Official Trailer” (英語). YouTube. Warner Bros. Pictures (2018年2月23日). 2019年9月8日閲覧。
  16. ^ Hammond, Pete (2019年8月31日). “Telluride Film Festival: ‘Ford V Ferrari’, ‘Judy’, ‘Motherless Brooklyn’, Weinstein-Inspired Drama ‘The Assistant’ Among Premieres Headed To 46th Edition – Full List” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/08/telluride-film-festival-2019-lineup-ford-vs-ferrari-judy-full-list-of-movies-1202706577/ 2019年9月8日閲覧。 
  17. ^ Lang, Brent (2019年7月23日). “Toronto Film Festival: ‘Joker,’ ‘Ford v Ferrari,’ ‘Hustlers’ Among Big Premieres” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/news/toronto-film-festival-joker-ford-v-ferrari-hustlers-lineup-1203275868/ 2019年9月8日閲覧。 
  18. ^ Lang, Brent (2019年8月2日). “Edward Norton’s ‘Motherless Brooklyn’ to Close New York Film Festival” (英語). Variety. https://variety.com/2019/film/markets-festivals/edward-norton-motherless-brooklyn-new-york-film-festival-1203289272/ 2019年9月8日閲覧。 
  19. ^ Brevet, Brad (2019年10月31日). “'Terminator: Dark Fate' Eyes Disappointing $28M Debut; 'Harriet' Looks at Strong $10.5M+ Debut” (英語). Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed3832546308 2019年11月15日閲覧。 
  20. ^ Domestic 2019 Weekend 44 / November 1-3, 2019” (英語). Box Office Mojo. 2019年11月15日閲覧。
  21. ^ Motherless Brooklyn (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年11月15日閲覧。
  22. ^ Motherless Brooklyn Reviews” (英語). Metacritic. 2019年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]