ウォーク・トゥ・リメンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォーク・トゥ・リメンバー
A Walk To Remember
監督 アダム・シャンクマン
脚本 カレン・ジャンツェン
原作 ニコラス・スパークス
『奇跡を信じて』
製作 デニーズ・ディ・ノヴィ
ハント・ロウリー
製作総指揮 E・K・ゲイロード二世
ビル・ジョンソン
ケイシー・ラ・スカラ
エドワード・L・マクドネル
出演者 マンディ・ムーア
シェーン・ウェスト
ダリル・ハンナ
ピーター・コヨーテ
音楽 マーヴィン・ウォーレン
撮影 ジュリオ・マカット
編集 エマ・E・ヒコックス
製作会社 ワーナー・ブラザース
パンドラ・シネマ
ディノーヴィ・ピクチャーズ
ゲイロード・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年1月25日
日本の旗 2003年1月11日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,800,000[1]
興行収入 世界の旗 $47,494,916[1]
テンプレートを表示

ウォーク・トゥ・リメンバー』(A Walk To Remember)は、2002年アメリカ映画。主演はマンディ・ムーアニコラス・スパークスの同名小説(日本語タイトル『奇跡を信じて』)が原作。

あらすじ[編集]

両親の離婚で母親シンシアと二人で暮らしているランドンは、日々を高校の不良グループと共に投げやりに生きている荒んだ男子高校生。一方、サリヴァン牧師の娘であるジェイミーは、いつも同じカーディガンを着て、天文や神の話をする、ちょっとオタク気味なために周りから浮いている真面目な女子高生。接点の全くない2人だが、実は幼稚園からずっと同じクラスの顔見知り。しかし、これまでろくに口をきいたこともないような関係だった。そんな二人だったが、ランドンが仲間に友人を加えるためのテストで、友人を事故にあわせてしまい、学校から懲罰として福祉のボランティアを命じられ、お互いに出会い、チャリティの演劇によって惹かれ合い、愛し合うようになる。しかしジェイミーには周りに隠していた秘密があった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ a b A Walk to Remember (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2012年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]