貴賓室の怪人「飛鳥」編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貴賓室の怪人「飛鳥」編
著者 内田康夫
発行日 2003年10月25日
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 397
コード ISBN 4041607590
ISBN 978-4041607596(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

貴賓室の怪人「飛鳥」編』(きひんしつのかいじん「あすか」へん)は、内田康夫の長編推理小説である。また、浅見光彦シリーズ初の海外を舞台とした作品である。

あらすじ[編集]

浅見光彦に謎のスポンサーから「豪華客船飛鳥に乗ってルポを書け」と言う指令が。そうして乗った飛鳥の部屋には「貴賓室の怪人に気をつけろ」というメモが。 しかも偶然なのかそうではないのか同室の男が殺されて……。

登場人物[編集]

浅見光彦
内田康夫

警察[編集]

岡部和雄
神谷
坂口

「飛鳥」[編集]

クルー及び関係者[編集]

八田野英之
「飛鳥」船長。
福田直起
「飛鳥」二等航海士。
勝俣浩
「飛鳥」機関長。
花岡文昭
「飛鳥」チーフ・パーサー。
堀田久代
「飛鳥」ソーシャル・オフィサー。
江藤美希
「飛鳥」クルーズ・コーディネーター。

乗客[編集]

内田康夫
おなじみの「軽井沢のセンセ」。
早坂真紀
神田功平
神田千恵子
松原京一郎
松原泰子
後閑冨美子
後閑真知子
和田隆正
草雉由紀夫
草雉郷子
牟田広和
牟田美恵
小泉日香留
小泉絢子
堀内清孝
堀内貴子
小潟真雄
小潟明美
小松田嗣
小松田佳子
大平正樹
大平信枝
後藤大介
後藤瑞依
石川得介
村田満

テレビドラマ[編集]

2002年版[編集]

貴賓室の怪人』(きひんしつのかいじん)は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(毎週火曜日21:00 - 22:54)で2002年2月5日に放送された。

キャスト
スタッフ
その他
  • 原作での舞台は初代飛鳥であったが、テレビドラマではフェスティバルクルーズ(現在倒産)のミストラルが舞台になっている。
  • 2005年にバップからVHS及びDVD化されている。

2014年版[編集]

浅見光彦シリーズ50・貴賓室の怪人』(あさみみつひこシリーズ50 きひんしつのかいじん)は、フジテレビ系の2時間ドラマ金曜プレステージ」(毎週金曜日21:00 - 22:52)で2014年4月4日に放送された。

キャスト
スタッフ
その他
  • 飛鳥の後継船にあたる飛鳥IIが舞台になっている。

続編[編集]

「イタリア幻想曲 貴賓室の怪人II」は本作の続きの話となっており、本作で残された謎が解決する。

外部リンク[編集]