1911 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1911
タイトル表記
繁体字 辛亥革命
簡体字 辛亥革命
ピン音 Xīnhài Gémìng
粤語ピン音 San1 Hoi6 Gaap3 Ming6
英題 「1911」、または「1911 Revolution」
各種情報
監督 ジャッキー・チェン
チャン・リー
脚本 ワン・シントン、チェン・バオクアン
製作 ワン・ジェン
出演者 ジャッキー・チェン
ウィンストン・チャオ
リー・ビンビン
フー・ゴー
ジェイシー・チェン
ジョアン・チェン
スン・チュン
ジャン・ウー
ニン・チン
ユィ・シャオチュン
音楽 ディン・ウェイ
撮影 ホァン・ウェイ
編集 ヤン・ホンユィ
アクション指導 ウー・ガン、JCスタントチーム
美術 チャオ・ハイ
製作会社 成龍英皇影業有限公司など
配給 香港の旗 成龍英皇影業有限公司
日本の旗 東映
公開 中華人民共和国の旗 2011年9月23日
香港の旗 2011年9月29日
日本の旗 2011年11月5日
上映時間 123分(日本語字幕版)、124分(日本語吹替版)、125分など
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
言語 普通話広東語
製作費 30億円想定[1]
テンプレートを表示

1911』(いちきゅういちいち、原題: 辛亥革命)は、2011年の中国香港合作映画。

概要[編集]

辛亥革命から100周年を記念する歴史映画であると同時に、ジャッキー・チェンの出演映画100本目となる作品である[2]。ただし、ジャッキー自身は本作が100本目かどうかよくわからないと来日時に述べている[3][4]

ストーリー[編集]

中国、代末期から辛亥革命の時代を孫文黄興が率いる中国同盟会の視点からとらえたストーリー。1911年の武昌蜂起から、1912年に孫文が中華民国臨時大総統を辞任するまでの時期、腐敗した清王朝が崩壊し共和制を樹立する歴史を描く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 総監督:ジャッキー・チェン
  • 監督:チャン・リー
  • 撮影監督:ホァン・ウェイ
  • 美術監督:チャオ・ハイ
  • プロダクション・デザイン:チェン・ミンチョン
  • アクション指導:ウー・ガン、JCスタントチーム
  • 音楽:ディン・ウェイ
  • 脚本:ワン・シントン、チェン・バオクアン
  • 編集:ヤン・ホンユィ
  • 日本語吹替版翻訳:木村佳奈子、藤原由希
  • 日本語吹替版演出:市来満
  • 日本語吹替版プロデューサー:鈴木英夫
  • 日本語吹替版製作:東映ラボ・テック 櫻井智子
  • 日本語字幕版翻訳:遠藤壽美子

製作・配給[編集]

英皇影業有限公司、長春電影集団公司、上海電影(集団)公司、北京天鶴信羽文化伝媒有限公司、江蘇省広播電視総台、北京耀莱国際文化産業有限公司、潇湘電影集団有限公司、湖北省委宣伝部、国家広電総局電影衛星頻道節目制作中心、華夏電影発行有限責任公司等の製作会社12社を筆頭にした合計26社が製作及び配給に参加。

日本では東映国際営業部の新レーベルである「TOEI TRY△NGLE(東映トライアングル)」が配給を担当した。また、朝日新聞社が特別協力している。2011年10月22日には第24回東京国際映画祭特別オープニング作品として字幕版が上映された。日本語吹替版ではゲスト声優として江角マキコ中川翔子が出演し、エンドクレジットソングとしてハウィー・D.(バックストリート・ボーイズ)と城田優による『If I Say feat. U』が使われている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]