クレージーモンキー 笑拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレージーモンキー 笑拳
笑拳怪招
The Fearless Hyena
監督 ジャッキー・チェン
脚本 ジャッキー・チェン
ロー・ウェイ中国語版
製作 李先章
製作総指揮 スー・リーホワ
出演者 ジャッキー・チェン
ジェームス・ティエン
ヤム・サイクン中国語版
音楽 フランキー・チェン中国語版
キース・モリソン(日本版)
撮影 陳栄樹
製作会社 豊年影業
配給 日本の旗 東映
公開 香港の旗 1979年2月17日
日本の旗 1980年4月19日
上映時間 98分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
興行収入 $5,445,535 香港の旗
次作 ジャッキー・チェンの醒拳
テンプレートを表示
クレージーモンキー 笑拳
各種表記
繁体字 笑拳怪招
簡体字 笑拳怪招
拼音 Xiǎo Quán Guài Zhào
発音: シァォ チュェン グゥァイ ヂャオ
広東語拼音 Siu3 Kyun4 Gwaai3 Ziu1
英文 The Fearless Hyena
テンプレートを表示

クレージーモンキー 笑拳』(クレージーモンキー しょうけん、原題:笑拳怪招、英題:The Fearless Hyena)は、1979年製作のアクション映画ジャッキー・チェン監督・主演。

概要[編集]

ジャッキーの初監督作品にして、ジャッキーが立ち上げた個人プロダクション「豊年影業公司(グッドイヤー・ムービー)」の第1回製作作品。

香港では1979年2月17日に公開され、同年の年間興行成績ランキング2位を記録した。本作のヒットにより、それまで6,000香港ドルだったジャッキーの報酬は、410万香港ドルに跳ね上がった。

作中、ヒロインに相当する主演級の女優が登場せず、ジャッキー作品の中では異色である(ジャッキー本人が女装をする描写はある)。

ストーリー[編集]

朝末期の広東。政府は、国の方策に従わない武芸流派の関係者に、強力な殺し屋・エンを送り込んで、次々に抹殺していた。身分を隠し山の中で暮らす老人・チェンは、このエンに追われる流派「行意門」の残党であった。行意門の再興を願い、チェンは孫のシンロンに日々武術を授け、鍛えさせていたが、シンロンはその真意を知らず、怠惰な日常を送っていた。

チェンはシンロンに「街で技を見せるな」と繰り返し説いていたが、イカサマ博打を見破ったことで因縁をつけてきた3人のチンピラを倒したことをきっかけに、シンロンはひそかにチンピラの親玉がでっち上げた道場の師範代に収まり、道場破りにやって来る武術家を返り討ちにすることで報酬を得るようになっていた。そのニセ道場の名は偶然にも「行意門道場」であった。

秘密はチェンの知るところとなり、チェンの姿を見たシンロンは逃亡。驚く道場の人々に、チェンは「私こそが行意門の開祖だ」と明かして去った。入れ替わりに、「行意門」の看板を目にしてやってきたエンが、道場主からチェンのことを聞きだし、居所をつきとめて襲撃。チェンは抗戦したものの、老いと病のために歯が立たず、ついに絶命した。それを物陰で見ていたシンロンはエンに仕返しをしようとしたが、そこへ現れた長髪の老人が押しとどめた。エン一味は気づかずに去った。

老人はチェンの兄弟弟子で、かつては「8本足の麒麟」の異名をとり、チェン同様エンに追われる身であった。「8本足の麒麟」はシンロンに「あの時に怒りのままに飛び出していればお前も殺されていた。時が満ちるのを待て」と諭し、復讐のために鍛え直すことを約束する。

厳しい修行の果てに、シンロンは「行意門」の最終奥義を伝授される。それは、人間の感情「喜」「怒」「哀」「楽」をもとにした4つの型であった。エンの魔の手は「8本足の麒麟」にも迫った。瀕死の「8本足の麒麟」を救ったシンロンはエンに立ち向かい、最後の戦いが始まった。

登場人物・キャスト[編集]

  • 興隆(シンロン) - 祖父・チェンから英才教育で武術を仕込まれた青年。祖父の過去や、自身に武術を授ける目的について何も知らなかった。博打を好み、大金に目がくらんでニセ道場の片棒をかつぐなど、軽薄で怠惰なところがあったため、祖父の死を招いた。チェンの死後、「8本足の麒麟」に師事する。
  • 陳鵬飛(チェン) - シンロンの祖父。政府に全滅されかけた「行意門」の残党。山奥に身を隠し、街で飴細工を売って生計を立てていた。シンロンの軽率な行動のために政府派遣の殺し屋・エンに発見され、倒された。
  • 任天化(エン/ヤム) - 政府派遣の殺し屋。つかみ技の達人で「鉄の爪」の異名をとる。「行意門」の全滅を目的とし、チェンをはじめとする多くの関係者を殺害した。本作のボスキャラクター。
  • 八脚麒麟(8本足のソウ/8本足の麒麟) - チェンのかつての弟弟子で、旧友。異名から、蹴り技の達人だったと思われるが、片足が不自由となり、杖が手放せない身となっている。シンロンに、自身の感情をコントロールして相手を油断させる4つの秘拳を伝授する。
  • 石富(シーフー) - 街で武術道場を経営しているが、武術の心得のないニセ師範であった。シンロンを雇い、道場破りにやって来る武術家を倒させ、巻き上げた金を報酬として支払っていた。
  • チンピラ三人衆:石蛋(石の玉子)、鉄頭(鉄の頭)、大狗熊(大熊) - シーフーの道場の生徒。カップ・アンド・ボール英語版を用いたイカサマ博打で街の人々から金を巻き上げていた。シンロンに懲らしめられ、「兄貴」と慕うようになる。
  • 盧英(日本語版では役名なし) - 最初の道場破り。多くの弟子を率いる大師範風の人物。変装したシンロンに敗北。
  • 翟仲(リュウ・バッチョン) - 2人目の道場破り。柳葉刀の使い手。変装したシンロンに敗北。
  • 3人目の道場破り - 怪力自慢の男。変装したシンロンに敗北。
  • 4人目の道場破り - 長身の男。シンロンがこの男と戦っているところをチェンが見つけ、シンロンは逃亡。勝ちを主張して金をせびる態度を見たチェンに「未熟者」と殴り飛ばされた。この様子を見たシーフーたちに自分の正体を明かしたことが、チェンの死の遠因となった。
役名 俳優 日本テレビ ブロードウェイ
興隆 ジャッキー・チェン 石丸博也 山野井仁
陳鵬飛 ジェームス・ティエン 宮内幸平 仲野裕
棺桶屋の男 ディーン・セキ なし 相沢まさき
石富 リー・クン中国語版 雨森雅司 岩崎ひろし
任天化 ヤム・サイクン中国語版 千葉耕市
八脚麒麟 チェン・ウェイロー中国語版
(クレジットなし)
松村彦次郎 相沢まさき
石蛋
(チンピラ三人衆)
ワン・ヤオ
(クレジットなし)
田中亮一
鉄頭
(チンピラ三人衆)
マー・チャン
(クレジットなし)
屋良有作 青山穣
大狗熊
(チンピラ三人衆)
チェン・フーシェン
(クレジットなし)
水鳥鐵夫 天田益男
盧英
(最初の道場破り)
キム・セヨク
(クレジットなし)
上田敏也 手塚秀彰
翟仲
(2人目の道場破り)
チェン・ティエンチー
(クレジットなし)
小島敏彦
3人目の道場破り ファン・キンマン
(クレジットなし)
亀井三郎
4人目の道場破り チュウ・シウワー
(クレジットなし)
秋元羊介 相沢まさき
チェンの弟子 イーグル・ハン英語版
(クレジットなし)
秋元羊介

スタッフ[編集]

日本公開版スタッフ[編集]

製作[編集]

個人プロ立ち上げ、監督兼任の経緯[編集]

本作で主演俳優であるジャッキーが監督になった経緯には、当時所属していたロー・ウェイ中国語版・プロダクションとの複雑な事情があった。当時、自分の持ち味を活かしたコミカルなカンフー映画『スネーキーモンキー 蛇拳』『ドランクモンキー 酔拳』で成功したジャッキーは、ロー・プロに戻りタイトル未定の次回作を撮影していたが、前記2作のような個性の生きるシーンがないことに不満を覚えて製作を中断させ、マネージャーであり親友のウィリー・チェン中国語版と共同で名義上の個人プロダクション「グッドイヤー・ムービー」を設立。その中断作品の一部出演者を起用して本作を製作した。

なお、未完成のまま放棄されたその中断作品は、ロー・プロによってジャッキー不在のままプロジェクトが続行され、『ジャッキー・チェンの醒拳』として公開された。未撮影のジャッキーのシーンは替え玉(スタントダブル)を起用し、一部では本作での未使用場面(ディーン・セキとの共演シーン)が流用されている。

日本公開版[編集]

日本公開は1980年4月19日。東映系の配給で、舘ひろし主演の『薔薇の標的』と併映公開された。

日本公開されたジャッキー・チェンの主演映画としては3本目にあたる。『スネーキーモンキー 蛇拳』『ドランクモンキー 酔拳』との邦題の類似が示すように、【モンキーシリーズ第3弾】の触れ込みで公開されたが、スタッフ、キャスト、内容ともに前2作とは関連のない、独立した作品である。

日本公開版は『ドランクモンキー 酔拳』同様、配給元の東映が独自の編集を加えている。オープニングにはアバンタイトルとしてモンキーパンチのデザインによるショートコント風の短編アニメーションが挿入され、一部場面のBGMにはオリジナル主題歌『クレージーモンキー』、挿入歌「モンキーマン」の音源が加えられた。

日本公開版は1980年代に東映から発売されたビデオソフトとして販売されたが、東映の権利が終了して以降のビデオソフトは、すべて香港公開版をベースにした内容となった。

2012年に発売されたブルーレイソフトの映像特典として日本公開版が収録され、劇場公開以来30年あまりを経て再び日の目を見るに至った。このバージョンはかつて発売されたVHSの映像・音声をソースとしていた。2016年12月に発売された国内版ブルーレイでは、日本公開版フィルムのテレシネが全編収録され、完全な日本公開版のソフト化となった。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]