ヤングマスター 師弟出馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤング・マスター 師弟出馬
師弟出馬
The Young Master
監督 ジャッキー・チェン
脚本 ジャッキー・チェン
ラウ・ティンチー
トン・ロー
エドワード・タン
製作 レナード・ホー
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 ジャッキー・チェン
ユン・ピョウ
ウェイ・ペイ
音楽 フランキー・チェン
撮影 チン・チンチュ
配給 香港の旗 ゴールデン・ハーベスト
日本の旗 東宝東和
公開 香港の旗 1980年2月9日
日本の旗 1981年3月21日
上映時間 100分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
興行収入 11,282,026香港ドル 香港の旗
9億3000万円日本の旗
配給収入 4億9000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示
ヤング・マスター 師弟出馬
各種表記
繁体字 師弟出馬
簡体字 师弟出马
拼音 Shī Dì Chū Mǎ
注音符号 ㄕㄉㄧˋㄔㄨㄇㄚˇ
発音: シーディチュマー
広東語拼音 Si① Dai② Ceot① Ma②
英文 The Young Master
テンプレートを表示

ヤング・マスター/師弟出馬』( - していしゅつば、原題:師弟出馬/英題:The Young Master)は、1980年に製作された、ジャッキー・チェン監督・主演の香港映画

概要[編集]

折り合いが悪かったロー・ウェイのプロダクションからゴールデン・ハーベスト社に強行移籍したジャッキー・チェンが、同社で監督・主演した第1回作品。香港クンフー映画の定番「仇討ち物語」ではないオリジナルの物語に、素手の対決はもとより扇子スカートロープなどさまざまなアイテムを効果的に使った、趣向を凝らしたアクションを取り入れた明るい作品であり、香港において興行収入1128万2026香港ドルという当時の史上最高額を記録した。

仇役には70年代に香港クンフー映画でも活躍したハプキドー(韓国合気道)の達人ウォン・インシクを迎え、20分近いジャッキーとウォンの対決はジャッキー作品のクンフー対決の中でも屈指の内容である。

あらすじ[編集]

孤児のドラゴン(ジャッキー・チェン)とタイガー(ウェイ・ペイ)は名門金龍道場に拾われて育った若者。

だが町の道場間で競われる舞獅(獅子舞)合戦の練習中に、頭持ちのタイガーが負傷し急遽ドラゴンが頭持ちとなって出場。しかし相手道場の獅子頭を持っていたのは怪我をしたはずのタイガーだった。舞獅合戦は金龍道場の完敗で、道場は町の笑い者になり師範は弟子に八つ当たりを始める。

だがその後タイガーの裏切りが発覚し師範はタイガーを追放してしまう。八つ当たりの度を強める師範についにドラゴンが爆発、自分も出て行くことを宣言するが、師範は我に返り、ドラゴンに免許皆伝の証である道場の大扇子を持たせてタイガーを連れ戻すよう頼む。

一方タイガーは悪党キムの一味となって悪事の片棒を担いでいたが、タイガーもまた免許皆伝の大扇子を持っていたため、ドラゴンは悪党として警察に捕まってしまった。

キャスト・スタッフ[編集]

登場人物:キャスト
孤児で金竜道場で育った青年。タイガーとは兄弟同然に育った親友。拳法の腕も立つが養父である師範はタイガーの方を溺愛していたので、2番手扱いであった。本人もそれを悟っているのでタイガーには遠慮気味である。
  • タイガー:ウェイ・ペイ
同じく金竜道場で育った孤児。獅子舞勝負で敵に寝返ったり、売春婦を連れ込んだり、と愚行を咎められ師範から破門される。その後、黒龍道場側に付き坂を転げる様に悪事を行うが、人殺しだけはしないと誓っていた。
警察の署長。拳法家でもあり、かなりの腕である。タイガーと間違えてドラゴンを捕まえるが、冤罪と知って釈放する。その後、タイガーを追うがドラゴンからの「黒幕(キム)を捕まえたら、タイガーを無罪にする」と言う条件を飲む。
署長の長男。拳法の腕も中々であったが、最終的にはドラゴンに敗北。父親からは「あいつは喋らないので何を考えてるか判らん」と言われる始末。木製の床几を使った戦術が得意。
  • 署長の娘:リリー・リー
署長の長女でこちらが姉になる。やはり拳法家の家系の人物で中々の使い手。彼女の蹴りの出所を隠すスカートを使った戦術は、後に真似たドラゴンにも大いに役に立った。
罪人として護送されていたが、金竜道場と敵対する黒龍道場一派から救い出される。自由になったのをいい事に銀行強盗などの悪事を再び重ねて行く。拳法の腕はドラゴンを凌駕している筈だった。
  • 師範:ティエン・ファン
金竜道場の主でドラゴンとタイガーの育ての親。タイガーに後を継がせるつもりだったが、愚行を咎め破門にした。しかし、内心では心配しており、タイガーの連れ戻しをドラゴンに託す。
スタッフ
作詞:湯川れい子/作曲:宇崎竜童/編曲:井上鑑

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ドラゴン ジャッキー・チェン 石丸博也
タイガー ウェイ・ペイ 堀内賢雄 鈴置洋孝
クァン署長 シー・キエン 小林清志 上田敏也
署長の息子(ジャガー) ユン・ピョウ 古谷徹 目黒光祐
署長の娘(シューラン) リリー・リー 中原麻衣 川浪葉子
キム ウォン・インシク 大塚芳忠 北村弘一
師範 ティエン・ファン 野島昭生 大塚周夫
アーサク フォン・ファン 樋浦勉 雨森雅司
ブル ファン・ムイサン 天田益男 渡部猛

作品解説[編集]

  • 競演に当時若手売り出し中だったウェイ・ペイ、ユン・ピョウを迎え、さらにはティエン・ファンやシー・キェンなどの香港映画界の重鎮を添えるなど競演陣も華やかである。また国際公開バージョンには、歌手ジャッキー・チェンのデビュー曲「さすらいのカンフー」がテーマソングとして編入され、東南アジア圏を中心に各国でヒットとなった。
  • ジャッキーは作品の完成度に非常にこだわり、撮影に費やしたフィルムはかなりのもので、初期完成版もジャッキー自身が編集の監督を行ったが、それは3時間に迫ろうという長尺であり、配給会社の指示で最終的に1時間40分に短縮されている。使用されたフィルムは通常の9倍、製作費は通常の5倍だと言われている。
  • 撮影時のジャッキーの睡眠時間は約2時間だった。
  • 獅子舞合戦が映画に登場するのは実に30年ぶりで、ジャッキーはウェイ・ペイとともに3ヶ月に及ぶ特訓を受けた。
  • 本作の編集違いは無数に存在するが、主に地元「香港公開版」と「国際公開版」の2種類に分かれており、日本の劇場で公開されたものは国際版である。国際版は香港版よりもフッテージが若干多く、上記の「さすらいのカンフー」がエンディングとして使用されている。また香港版にある120テイク以上を費やして撮影された、投げた扇を再び受け取るシーンは国際版からはカットされている。 アメリカでは国際版はパブリックドメインになっており、数々の会社から格安DVDが発売されている。また「台湾公開版」も存在し、上記の2バージョンでは見ることのできないシーンが含まれている。
  • 日本国内版のビデオソフトは、これまではすべて香港公開版に日本語字幕を付加したものであり、タイトルシーンや音楽が日本公開時のものとは大きく異なっていたが、2012年に㈱ツイン社から発売された国内版ブルーレイソフトには、香港公開版のほか、映像特典として日本公開版(国際公開版)を復刻収録し、さらに後者にはテレビ放映時の吹替え音源を合わせて収録している。
  • 日本上映版の字幕ではジャッキーが底なし沼に落ちた時に歌ったのは「カラス、何故鳴くの」の歌詞であるがTV吹き替えでは「ロンドン橋が落っこちた」に歌詞が変更されている。
  • 2014年11月に発売されたエクストリーム・エディションでは香港公開版の映像特典として台湾公開版収録のほか日本公開版フィルムを全編テレシネして収録しており、日本で公開されてから33年経て、ようやく完全な日本公開版がソフト化された。

経緯[編集]

ジャッキーはロー・ウェイと新たに契約を結び、次回作はジャッキー・チェンの醒拳だと発表される。一方、ウィリー・チェンは先のローとの契約に、「他で好条件があった場合は、契約を破棄できる」という条件が含まれていると思っていたため、ジャッキーの移籍先を探すため奔走していた。ゴールデン・ハーベストから100万香港ドルの移籍話が持ち上がるが、まだまだジャッキーの市場価格は上がると踏んでいたウィリーは、それに飛びつかずじっと次のラウンドを待っていた。ゴールデン・ハーベストの提示額が270万香港ドルまで上がっていた頃、その話がローの耳に入りローは激怒。 ジャッキーとウィリーに契約書を突き付ける。そこに書かれていたのは、ジャッキーが他へ移籍するために必要な金額は1,000万香港ドルということだった。

契約時の話では10万香港ドルのはずだったが、ジャッキーが空白の契約書にサインしてしまったが為に、金額を改ざんさせられてしまったのだ。ウィリーはクビになり、ジャッキーは自らの軽率な行動を悔やむ。しかし、落ち込む2人のもとに救世主が現れる。ジャッキーに恩のある契約係の支配人が、もし裁判になった場合、ローの契約書改ざんを証言してくれるというのだ。ふたたび希望の光を見出した2人は、ジャッキー・チェンの「競り」を再開する。1週間後、ゴールデン・ハーベストは420万香港ドル、ショウ・ブラザーズは500万香港ドルの提示額だった。 ウィリーは、経営者の人格、そして今後の世界戦略を考えて、ゴールデン・ハーベストへの移籍を勧める。

そしてジャッキーはゴールデン・ハーベストでの第1作目の本作の製作に取り掛かった。しかし、撮影が進むにつれ撮影現場で不審な出来事が起こり始めていた。放火やゴールデン・ハーベストの重役の車に血だらけの犬の頭が置かれていたこともあった。そんなある日、ジャッキーのもとにギャングたちがやってきて、ジャッキーはローのもとに連れて行かれ、あらためて契約を迫られる。出演料はジャッキーの言い値で構わないと言う。ジャッキーはその返答を保留する。本作の撮影は3分の2ほど進んでいたが、他の障害が出てくる前に完成させたかったジャッキーは、自身と撮影チームをボロボロになるまで酷使していた。

そんなジャッキーを見て心配してくれるウィリーに対して、ジャッキーはローとギャングのことについて打ち明けた。ウィリーが問題解決のため、レイモンド・チョウに相談している頃、再びジャッキーのもとに度々ギャングが現れるようになっていた。そこでジャッキーはローの作品に出演することを約束してしまう。数日間、本作のポストプロダクションの仕事と、ローの『醒拳』製作現場を往復する。しかし、ローの姿はなく、撮影機材もそれは酷いものでとても映画をつくれるような環境では無かった。

そしてようやく事態は問題解決に動き出す。ローとの間の1,000万香港ドルの契約についてはレイモンドが引き受け、ギャングとの問題に関してはジミー・ウォングが仲裁に入ることになったのだ。その後、ジャッキーとウィリーは台湾に少し滞在し、そこから南米へ。その頃香港では本作が公開され大ヒット。そしてジャッキーは「バトルクリーク・ブロー」の撮影のために単身アメリカへ向かうことになった。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)400頁
  2. ^ ジャッキー映画製作年の謎【後編-8章】契約問題と『ヤングマスター』 | カンフースター総合情報サイト -KUNGFU TUBE-” (日本語). kungfutube.info. 2018年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]