馮国璋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馮国璋
Feng Kuo-chang.jpg
プロフィール
出生: 1859年1月7日
咸豊8年12月4日
死去: 1919年民国8年)12月28日
中華民国の旗 中華民国北京市
出身地: 清の旗 直隷省河間府河間県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 馮國璋
簡体字 冯国璋
拼音 Féng Guózhāng
注音符号 ㄈㄥˊ ㄍㄨㄛˊ ㄓㄤ
和名表記: ふう こくしょう
発音転記: フォン グオヂャン
ラテン字 Feng Kuo-chang
英語名 Feng Guozhang
テンプレートを表示

馮 国璋(ふう こくしょう)は、清末民初の軍人・政治家。袁世凱の部下であり後に北洋政府の総統に就任する。華甫

北洋武備学堂を卒業して歩兵学堂の監督官になった。1903年錬兵所ができると軍学司の正使に任じられる。辛亥革命が起こると、北洋軍を率いて武昌蜂起の鎮圧に向かった。1913年に袁世凱に対する反乱が南方で起こると、軍を進めて南京に進攻して鎮圧している。

1916年に袁世凱が亡くなると、馮国璋は中華民国の副総統に選ばれる。翌年、袁世凱の後を継いで大総統になっていた黎元洪と国務総理の段祺瑞の政争(府院の争い)が起こり、7月の張勲復辟で黎元洪は大総統から引きずり下ろされると、馮国璋が代理総統に選ばれる。

ここに至って北洋軍閥は直隷派(馮国璋)・安徽派(段祺瑞)・奉天派(張作霖)に分かれて政争を繰り広げる。馮国璋は直隷派の首魁として湖北督軍王占元や江西督軍李純と組んで、北洋政府の中心となっていた安徽派の段祺瑞に対抗した。1917年9月、孫文が広東軍政府を組織して事実上中華民国が分裂状態になると、南征による武力統一を主張する段祺瑞に対抗して和平統一を主張した。だが奉天派と連合した段祺瑞は南征を強行、加えて新国会での安徽派の多数派工作によって1918年馮国璋政権は瓦解する。

1919年12月28日、北京で病死。

中国において著名な子孫としては、息子(第三子)で天津の発展に寄与したとされる馮家遇中国語版(ふう かぐう)、曽孫で相声(日本の漫才落語に相当する)の芸人(第八代相声演員)の馮鞏(ふう きょう)がいる。

参考文献[編集]

  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
張錫鑾
直隷都督
1912年9月 - 1913年12月
次代:
趙秉鈞
先代:
張勲
江蘇都督(署理)
1913年12月 - 1914年6月
次代:
(将軍に改称)
先代:
(都督から改称)
江蘇将軍
1914年6月 - 1916年6月
次代:
(督軍に改称)
先代:
黎元洪
参謀総長(就任せず)
1915年12月 - 1916年3月
唐在礼が代理)
次代:
段祺瑞
先代:
(将軍から改称)
江蘇督軍
1916年7月 - 1917年8月
(1917年7月、斉耀琳が代理)
次代:
李純
先代:
黎元洪
大総統
3代
1917年7月 - 1918年10月
次代:
徐世昌