中川陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 陽介(なかがわ ようすけ、1961年 - )は、日本の映画監督東京都生まれ。

来歴[編集]

武蔵大学経済学部を卒業後、1984年、出版社SSCに就職。若者向けの雑誌編集部でデスクとして活躍し、また、FMラジオ番組やビデオプログラムの監督、プロデュースを行う。

1995年、SSCを退社し、自ら東風創作社を設立(現・株式会社大風)。

1996年に『青い魚』で映画監督としてデビュー。本作品は1998年ベルリン映画祭ヤングフィルムフォーラム正式招待作品に選ばれる。以後、数々の世界の映画祭に招待、上映され、日本では東京・渋谷のユーロスペースにて公開された。

2作目となる『Departure』でも自ら脚本を手掛け、1999年、サンダンス・NHK国際映像作家賞優秀賞を獲得。また、本作品も『青い魚』に引き続き、2001年ベルリン映画祭ヤングフィルムフォーラム正式招待作品に選ばれるという快挙を成し遂げた。

2005年には『真昼ノ星空』がベルリン国際映画祭のヤングフォーラム部門に正式出品された。

作品[編集]

なお、『メダロット魂』のみTVアニメである。そのほかはすべて映画となる。

『Fire!』までの4本全ての長編作品の舞台を街並みに愛着、ノスタルジーを感じるという沖縄においている。

本人はデビュー作から『真昼ノ星空』までは3部作ともいうべき繋がりを持っていると語っている。

評価[編集]

『青い魚』『Departure』『真昼ノ星空』がベルリン国際映画祭で一定の評価を得ているが日本では劇場公開していない。

親族[編集]

祖父は画家の中川一政[1]。おじに演出家の中川晴之助、従妹に女優の中川安奈

脚注[編集]

  1. ^ 真昼ノ星空 & FIRE!&群青 中川陽介非公式ブログ 2011年3月20日

外部リンク[編集]