小説家を見つけたら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小説家を見つけたら
Finding Forrester
Finding Forrester logo.jpg
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 マイク・リッチ
製作 ショーン・コネリー
ローレンス・マーク
ロンダ・トレフソン
製作総指揮 ジョナサン・キング
ダニー・ウルフ
出演者 ショーン・コネリー
F・マーリー・エイブラハム
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 ヴァルディス・オスカードゥティル
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年12月19日
日本の旗 2001年3月10日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $80,049,764[1]
テンプレートを表示

小説家を見つけたら』(Finding Forrester)は、2000年アメリカ映画

ストーリー[編集]

ニューヨークの下町ブロンクス。文学の才能を持つ16歳の黒人少年ジャマールは友人たちにそそのかされ、忍び込んだアパートの部屋にリュックを忘れてきてしまう。後日、戻ってきたリュックの中にあった創作ノートには赤字で批評がされていた。

部屋の持ち主の老人は、フォレスターという小説家だった。処女小説でピュリツァー賞を受賞し、次回作を期待されながら姿を消した謎の人物だ。ジャマールは彼に興味を持ち、作文を持ち込んで強引に添削を頼み込んだ。

成績のいいジャマールは、有名私立高校へ学費免除で転校したが、教師のクロフォードはジャマールを嫌い、急速に上達していく文章力を疑っていた。学校の作文コンテスト用にフォレスターの部屋で書いた文章を提出するジャマール。だが、その文章は練習用で、タイトルと冒頭部分が、フォレスターの古いエッセイの写しだったのだ。それに気づいたクロフォードは盗作と決め付け、ジャマールは退学の危機に追い込まれた。

作文コンテストの当日、学校に現れるフォレスター。ジャマールを友と呼んでその危機を救ったフォレスターは、故郷のスコットランドに旅立つと宣言した。やがてジャマールの卒業が近づいたある日、弁護士がフォレスターの訃報と遺品を持って現れた。フォレスターは新作の小説を書き残したのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

  1. ^ Finding Forrester (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月24日閲覧。
  2. ^ カメオ出演の為ノンクレジット

外部リンク[編集]