マイ・プライベート・アイダホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マイ・プライベート・アイダホ
My Own Private Idaho
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 ガス・ヴァン・サント
製作 ローリー・パーカー
製作総指揮 ガス・ヴァン・サント
ナレーター リヴァー・フェニックス
出演者 リヴァー・フェニックス
キアヌ・リーブス
音楽 ビル・スタッフォード
撮影 エリック・アラン・エドワーズ
ジョン・キャンベル
編集 カーティス・クレイトン
配給 アメリカ合衆国の旗 ファインライン・フューチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年10月18日
日本の旗 1991年7月20日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,500,000
興行収入 $6,401,336[1]
テンプレートを表示

マイ・プライベート・アイダホ』(My Own Private Idaho)は、1991年アメリカ合衆国青春映画ガス・ヴァン・サント監督・脚本による、「ポートランド三部作」のひとつ。

概要[編集]

殺したいほどアイ・ラブ・ユー』に続けてリヴァー・フェニックスキアヌ・リーブスが主演した青春映画である。売春同性愛ドラッグ近親相姦ナルコレプシーといったショッキングな設定ながら、ストリートで暮らす若者達の痛み・切なさ・葛藤を詩的な映像美で表現した。

本作は、ウィリアム・シェイクスピアの『ヘンリー四世 第1部』『ヘンリー四世 第2部』『ヘンリー五世』の三つの戯曲を原作とする[2]

リヴァー・フェニックスは、エージェントの反対もあり、ほぼノーギャラで出演した。

リヴァー・フェニックスが1991年度のヴェネツィア国際映画祭全米映画批評家協会賞インディペンデント・スピリット賞で、それぞれ主演男優賞を受賞した。

本作品は米国よりも先に日本で公開された。

ストーリー[編集]

ポートランドで男娼をして暮らす青年、マイクとスコット。生い立ちは対照的な2人だったが、マイクはスコットに想いを寄せていた。やがて2人は、マイクを子供の時に捨てた母親を捜す旅に出る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版[3]
マイク・ウォーターズ英語版 リヴァー・フェニックス 成田剣
スコット・フェイヴァー キアヌ・リーブス 宮本充
ボブ・ピジョン ウィリアム・リチャート英語版 麦人
リチャード・ウォーターズ ジェームズ・ルッソ 秋元羊介
カルミラ キアラ・キャセリ 平井美美
ハンス ウド・キア 伊藤和晃
バド フリー 檀臣幸
ゲイリー ロドニー・ハーヴェイ英語版 山賀教弘
デニス ジェシー・トーマス 仲野裕
ジャック・フェイヴァー トム・トゥループ英語版 山野史人
空港事務員 ジム・カヴィーゼル 幹本雄之
その他 島美弥子
磯辺万沙子
小島敏彦
叶木翔子
鳥畑洋人
福島桂子
演出 松川陸
翻訳 三橋ゆきこ
調整 山本洋平
効果 VOX
制作 グロービジョン
初回放送 ?

日本語吹替はDVD・Blu-Rayソフトに収録されているが、1部カットがある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ My Own Private Idaho (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月24日閲覧。
  2. ^ My Own Private Idaho (1991)”. 2015年8月10日閲覧。
  3. ^ 放送局不明

外部リンク[編集]