パラノイドパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パラノイドパーク
Paranoid Park
監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 ガス・ヴァン・サント
原作 ブレイク・ネルソン
製作 ニール・コップ
デヴィッド・クレス
出演者 ゲイブ・ネヴァンス
テイラー・モンセン
ジェイク・ミラー
ダン・リュー
ローレン・マッキーニー
スコット・グリーン
撮影 クリストファー・ドイル
レイン・キャシー・リー
配給 日本の旗東京テアトル
ピックス(現:エイベックス・ピクチャーズ
公開 2007年5月21日(カンヌ
日本の旗2008年4月12日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

パラノイドパーク』(Paranoid Park)は、ガス・ヴァン・サント監督による2007年のアメリカ合衆国・フランス合作の映画。

あらすじ[編集]

高校生のアレックス(ゲイブ・ネヴァンス)は、スケートボードに夢中になっている。ある日の夜中、アレックスが無人の貨物列車に乗って遊んでいると、警備員が彼を見つける。アレックスは咄嗟に警備員をスケートボードで叩いてしまい、線路に落ちた警備員は命を落とす。後日、捜査のために刑事がアレックスの高校にやって来て、彼を動揺させる。やがてアレックスは恋人のジェニファー(テイラー・モンセン)の勧めで日記をつけ始める。ことの次第を全て書き終えた彼は、その日記を燃やすのだった。

キャスト[編集]

発表[編集]

2007年5月21日、第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映された[1]

評価[編集]

第60回カンヌ国際映画祭にて60周年記念特別賞を受賞した[2]

脚注[編集]

  1. ^ McCarthy, Todd (2008年3月6日). “Review: ‘Paranoid Park’”. Variety. 2014年9月23日閲覧。
  2. ^ Guillen, Michael (2007年12月13日). “PARANOID PARK—A Question for Gus Van Sant”. Twitch Film. 2014年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]