ニワンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KADOKAWA・DWANGO > ドワンゴ > ニワンゴ
株式会社ニワンゴ
niwango, inc.
Niwango logo.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
設立 2005年11月14日
業種 情報・通信業
事業内容 動画コミュニティサイトの運営他[1]
代表者 杉本誠司(代表取締役)[2]
資本金 9,000万円[2]
発行済株式総数 1,800株
売上高
純利益 1億1,497万円(2013年9月期)[2]
純資産 2億5,966万円(2013年9月期)[2]
総資産 3億3,250万円(2013年9月期)[2]
決算期 9月期
主要株主 ドワンゴ 100%
関係する人物 西村博之(元取締役)
深水英一郎(取締役)
竹中直純(元取締役)
特記事項:2013年12月、東京都渋谷区神宮前1-15-2より本社を移転[3]
テンプレートを表示
ニコニコ本社
原宿時代、現在は池袋へ移転)

株式会社ニワンゴ英語: niwango, inc.)は、かつて存在した東京都中央区に本社を置く動画コミュニティサイトの運営などを手掛ける企業である。

現在は、ドワンゴに吸収合併されニワンゴが手掛けていた事業もドワンゴが引き継いでいる。

概要[編集]

各種コンテンツを携帯電話メールを通して一般ユーザーへ供給するサービスを行うことを目的として2005年11月14日に設立された[1]ドワンゴが全株式の約75%を、2ちゃんねる検索などを手掛ける未来検索ブラジルが約20%を、残りの5%をドワンゴの子会社であるドワンゴコンテンツ(旧商号:CELL)が出資。また、役員にはドワンゴ出身者以外に、未来検索ブラジル代表取締役の深水英一郎および同社取締役で2ちゃんねる (2ch.net) 創設者の西村博之および同社取締役の竹中直純が就任した(西村は2013年2月に役員を辞任。竹中も現在は辞任)。

2014年10月にドワンゴがドワンゴコンテンツを吸収合併し、翌11月には残りの株式を未来検索ブラジルから買収したため、ドワンゴの完全子会社となった。

2015年8月31日付の官報にてドワンゴが合併公告を掲載、同年10月1日にドワンゴがニワンゴを吸収合併することを発表した。これによりニワンゴは解散し、niconico事業及び携帯電話向けコンテンツ配信サービス事業はドワンゴが継承する[4]

社名[編集]

社名の由来はドワンゴ広報部によると、「サービスの一部イメージから取っている」[5]。代表の杉本誠司によると、「ニワンゴはメールサービス(後述)の名称」[6]であり、その由来は「西村博之」の「に」からとった」[7]という。

社名決定はニコニコ動画の名称決定に先立っており、ニコニコ動画の「ニ」や[6]、「2ちゃんねる」の「2」ではない[8]

サービス[編集]

ニコニコ動画の運営[編集]

動画共有サービスであるニコニコ動画パソコン及び携帯電話スマートフォン向けに提供している。又、ニコニコ動画の関連サービスとしてニコニコ漫画ニコニコ静画ニコニコ春画がある。

ポータル事業[編集]

創業当初の主要サービスであったが、2015年2月28日を以て終了した[9]

携帯電話NTTドコモソフトバンクモバイルauウィルコム端末)で電子メール本文に単語(コマンド・キーワード)を入力して送信するだけで検索結果が返信される。

ウィキペディア日本語版全文検索サービス。2007年2月21日、提供開始が発表された[10][11]。2007年9月20日、iモードの検索サービスに追加された[12][13]

ほか

その他[編集]

2009年3月~2013年2月にかけて、音楽配信サイト『mF247』の運営を受託していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「株式会社ドワンゴ 第17期有価証券報告書」 ドワンゴ 2014年4月24日閲覧
  2. ^ a b c d e 「株式会社ニワンゴ 第8期決算」 官報 、2013年12月10日、2014年4月24日閲覧
  3. ^ 現在のニコニコ本社2014年10月、東京都豊島区東池袋1-50-35 池袋P'PARCOB1F,B2Fに移転
  4. ^ ドワンゴ、ニワンゴを吸収合併,ITmedia,2015年8月31日
  5. ^ ドワンゴ、新会社“ニワンゴ”設立を発表――取締役に“ひろゆき”氏”. アスキー (2005年11月14日). 2008年5月21日閲覧。
  6. ^ a b ネットラジオ『偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER!』2008年2月14日公開第18回
  7. ^ ニワンゴ代表インタビュー・前編 ニコニコ動画、代表の杉本誠司氏が衝撃を受けたこと”. アスキー・メディアワークス (2008年5月21日). 2008年5月21日閲覧。
  8. ^ 『あ、ニワンゴの「ニ」は、2ちゃんねるの「ニ」じゃないんですよ』ニワンゴ2ちゃん検索 - ニワンゴ
  9. ^ ニワンゴ”. ニワンゴ. 2015年3月24日閲覧。アクセス後暫くすると同サイト内の別ページへ自動転送される。
  10. ^ Wikipedia検索 - ニワンゴ”. ニワンゴ (2007年2月21日). 2013年12月31日閲覧。
  11. ^ ニワンゴ、携帯でWikipediaを検索できる機能を追加 (1/1):MarkeZine(マーケジン)”. MarkeZine (2007年2月23日). 2013年12月31日閲覧。
  12. ^ 2ちゃんねる、Wikipediaもカバーするニワンゴ検索が、iモード検索サービスに (1/1):MarkeZine(マーケジン)”. MarkeZine (2007年9月20日). 2013年12月31日閲覧。
  13. ^ 永島和夫 (2007年9月20日). “ASCII.jp:ニワンゴの検索サービスがiモードの検索サービスに追加”. アスキー・メディアワークス. 2013年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]