ワイヤーカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
企業ロゴ

ワイヤーカードドイツ語: Wirecard AG)は、決済サービスに関するシステム提供や各種ソリューションを提供する多国籍企業。ドイツミュンヘン近郊のAschheimに本社を置き、世界40カ国以上に拠点を持つ。フランクフルト証券取引所上場企業(FWBWDI)。

1999年に会社設立、2005年にフランクフルト証券取引所に株式を上場、2007年にアジア地域に進出した[1]2009年シンガポールの決済サービス事業者E-Credit Pte. Ltd.を買収し合併[2]2012年にモバイル決済ソリューション(mPOS)を開始、同年8月にインドネシアの同業PT Prima Vista Solusiを買収[3]、以降モバイル決済ソリューションへのシフトと、アジア太平洋地域での事業拡大が急速に進んだ[1]

2015年10月、インドGreat Indian Retail Groupから決済サービス事業を買収[4]2016年2月、ブラジルの同業Moip Pagamentos S.A.を買収[5]2017年3月、シティグループからプリペイドカード事業を買収しアメリカ合衆国に進出した[6]

ワイヤーカードの事業は現在、伝統的なPOSやカード発行業務から、NFCWalletなどのモバイル決済、フィンテック分野などに拡大し、世界200以上の国際的な支払いサービス、また100以上の取引通貨に対応している。売上はヨーロッパ地域の割合が高いが、資産ではアジア太平洋地域が最大の割合を占めている[7]

2019年1月英ファイナンシャルタイムズ紙が不正会計の疑いを報じた[8]。4月ソフトバンクグループと戦略提携し、9億ユーロのCBを通じて5.6%の出資を受け入れた[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b History” (英語). Wirecard AG. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ Wirecard AG acquires Asian Payment Processor E-Credit Pte. Ltd., Singapore” (英語). GlobeNewswire (2009年12月17日). 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ Wirecard to purchase PT Prima Vista Solusi” (英語). The Paypers (2012年8月20日). 2018年8月14日閲覧。
  4. ^ Wirecard buys Great Indian Retail Group payments business” (英語). ロイター (2015年10月27日). 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ Wirecard buys Brazilian online payments firm for 23.5 million euros” (英語). ロイター (2016年2月22日). 2018年8月14日閲覧。
  6. ^ Wirecard enters US market with acquisition of Citi, NA” (英語). IBS Intelligence (2017年3月10日). 2018年8月14日閲覧。
  7. ^ Annual Financial Report 2017 (PDF)” (英語). Wirecard AG. 2018年8月14日閲覧。
  8. ^ ドイツ株30日 反落、オンライン決済のワイヤーカードが急落”. 日本経済新聞 (2019年1月31日). 2019年5月3日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク、独ワイヤーカードに約1100億円出資”. 日本経済新聞 (2019年4月24日). 2019年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]