4大会計事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会計
主要概念
会計士 - 簿記
現金主義 - 発生主義
安定購買力会計
売上原価 - 借方 / 貸方
複式簿記 - 時価会計
後入先出法 - 先入先出法
GAAP / US-GAAP
概念フレームワーク
国際財務報告基準
総勘定元帳 - 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 - 試算表
会計の分野
原価 - 財務 - 法定
基金 - 管理 -
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 - MD&A
監査
監査報告書 - 会計監査
GAAS / ISA - 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
JPCPA - ACCA - CA - CGA
CIMA - CMA - CPA - Bcom
税理士 - 簿記検定
テンプレートを表示

四大会計事務所(よんだいかいけいじむしょ:Big 4 accounting firms)または四大監査事務所(よんだいかんさじむしょ:Big 4 audit firms)とは、世界的に展開する以下の4つの大規模な会計事務所ないしそのグループをいう。文脈によっては単にビッグ4(Big 4)という。

これらの会計事務所は、世界の主要な証券取引所に上場する巨大企業と呼ばれる大規模な企業、または非上場ではあるが取り扱うサービス内容のマーケットシェアや独自性が高く、比較的規模が大きいといった企業の、ほぼ全てを顧客とし、会計・監査・税務・コンサルティングといったプロフェッショナルサービスを提供している。

世界各地における展開[編集]

世界各国の主要会計事務所と提携して国際的活動の拠点としている。通常、世界各地では国内向けサービスを国際ファーム名と同一、又はリンクした名称(国際名称+現地ファーム名)を用いて提供し、グローバルサービスを国際ファーム名で提供するのが一般的だが、日本では独自の会計慣行とトーマツを除いて国際ファーム名に日本ファームの名称が反映されていないことなどから、一般的に海外ファームの名称と監査法人の名称がリンクしていない。同様に、トルコイスラエルフィリピンなどでも現地ファームの名称が一般的である。

1970年代には、八大会計事務所(Big 8)が存在していたが、訴訟事件等が多く財務的にも規模の拡大が求められるようになったことから大手同士の合併が行われ、Big 5となった。唯一合併せずに規模を拡大していたBig 5の一角アーサーアンダーセンエンロンの会計不正事件に関与したとされたために解散を余儀なくされ、現在は四大会計事務所(Big 4)となっている。1990年代にKPMGとアーンスト&ヤングとの間に合併の機運が盛り上がったが、欧州当局が市場寡占を理由に合併を承諾しないとしたため、Big 4は同時にLast 4と言われ、これ以上の合併は起こりえないと考えるのが一般的である。

いずれも長い歴史と伝統を誇り、長年培われた独自のノウハウや所属する公認会計士等全般に渡り、他の中小会計事務所の追随を許さぬ高い質を持つとされ、世界の巨大企業や投資家から一定の信用を獲得してきた。

かつての八大会計事務所[編集]

1989年までの八大会計事務所(Big 8)は以下の通りであり、いずれも19世紀から20世紀初頭にかけてイギリスやアメリカで成立した会計士事務所をもとにしていた。

  1. アーサー・アンダーセン (Arthur Andersen)
  2. アーサー・ヤング (Arthur Young & Co.)
  3. クーパース&ライブランド (Coopers & Lybrand)
  4. アーンスト&ウィニー (Ernst & Whinney)…1979年にアメリカのアーンスト&アーンストとイギリスのウィニー・マレーが合併して成立
  5. デロイト・ハスキン&セルズ (Deloitte Haskins & Sells)…1978年にアメリカのハスキン&セルズとイギリスのデロイト・プレンダー・グリフィスが合併して成立
  6. ピート・マーウィック・ミッチェル(Peat Marwick Mitchell)…後のピート・マーウィック(Peat Marwick)
  7. プライス・ウォーターハウス (Price Waterhouse)
  8. トウシュ・ロス (Touche Ross)

1987年にはこのうちのピート・マーウィックが欧州のKMGと合併し、KPMGと名称を改めている。これは大手ファーム同士の合併の引き金となった。

1989年6月にアーンスト&ウィニーとアーサー・ヤングが合併しアーンスト&ヤングが成立し、8月にはデロイト・ハスキン&セルズとトウシュ・ロスが合併しデロイト&トウシュが成立、ビッグ8はビッグ6に集約された。さらに1998年7月にはクーパース&ライブランドとプライス・ウォーターハウスが合併してプライスウォーターハウスクーパースとなり、ビッグ6はビッグ5となった。2002年のアーサー・アンダーセン消滅でビッグ4体制となっている。

日本における展開[編集]

2011年日本の3大監査法人の売上高

日本では1968年山陽特殊鋼事件を契機に監査法人制度が法制化され、現在に至るまで中小監査法人が合併を繰り返してきた独自の業界背景を持っており、以前は監査法人と企業とが密接な関係にあって、監査法人自体でなく監査担当の会計士との信頼関係に基づいた監査契約が締結されていたことなどから、世界四大会計事務所は直接日本法人を設立することはせず、既存の日本の監査法人と業務提携を行うことを基本戦略としていた。

その一方で、以下の監査法人は外資系監査法人として活動していた。

  • 青山監査法人(プライス・ウォーターハウス、現PwC)
→2000年に中央監査法人と合併し中央青山監査法人に。カネボウ事件の後、2006年にPwCが旧青山監査法人出身の社員・職員を中心に独立させあらた監査法人を設立。中央青山監査法人はみすず監査法人に改称し再出発を図るが、結局2007年に解散した。
  • 港監査法人(ピート・マーウィック 現KPMG)
→1990年にセンチュリー監査法人に合流。大田昭和監査法人との合併を経て、新日本監査法人に。KPMG部門は後にあずさ監査法人へ移行。
  • 英和監査法人(アーサーアンダーセン 2002年消滅)
→1991年に井上斎藤監査法人と合併(井上斎藤英和監査法人)ののち、1993年に監査法人朝日新和会計社と合併(朝日監査法人)。アーサーアンダーセンの消滅で海外提携先を失ったため、新日本監査法人のKPMG部門を分離したあずさ監査法人と合併。
  • 監査法人三田会計社(デロイト・ハスキンズ&セルズ 現DTT)、1985年設立
→1990年にデロイト・ハスキンズ&セルズとトウシュ・ロス・インターナショナルが合併したことに伴い、後者の提携先だったサンワ・等松青木監査法人と合併(→監査法人トーマツ)。

業務収入ランキング[編集]

2016年時点におけるグローバルネットワークの業務収入(単位:百万米ドル)は以下の通り[1]

順位 ネットワーク名 2015年度業務収入 2014年度業務収入 日本における保証業務提携ファーム
1 プライスウォーターハウスクーパース
PricewaterhouseCoopers
35,356 33,952 PwCあらた有限責任監査法人PwC京都監査法人
2 デロイト トウシュ トーマツ
Deloitte Touche Tohmatsu
35,200 34,200 有限責任監査法人トーマツ
3 アーンスト・アンド・ヤング
Ernst & Young
28,655 27,369 新日本有限責任監査法人
4 KPMG
KPMG
24,440 24,820 有限責任あずさ監査法人
5 BDOインターナショナル
BDO International
7,304 7,021 東陽監査法人三優監査法人
6 RSMインターナショナル
RSM International
4,641 4,391 清和監査法人
7 グラントソントン・インターナショナル
Grant Thornton International
4,633 4,729 太陽有限責任監査法人
8 ベーカーティリーインターナショナル
Baker Tilly International
3,807 3,563 監査法人日本橋事務所・如水監査法人・監査法人グラヴィタス
9 クロウ・ホーワス・インターナショナル
Crowe Horwath International
3,507 3,436 優成監査法人
10 ネクシアインターナショナル
Nexia International
3,083 3,073 仰星監査法人
11 ムーア・スティーブンス・インターナショナル
Moore Stephens International
2,660 2,683 至誠清新監査法人
12 クレストン・インターナショナル
Kreston International
2,045 2,035 明治アーク監査法人・八重洲監査法人
13 HLBインターナショナル
HLB International
1,910 1,890 明誠有限責任監査法人・協立監査法人
14 PKFインターナショナル
PKF International
1,014 2,388 ひびき監査法人
15 UHYインターナショナル
UHY International
517 640 UHY東京監査法人

脚注[編集]

関連項目[編集]