管理会計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

管理会計(かんりかいけい、英語:management accounting)は、企業会計の一種。主として、会計情報を経営管理者の意思決定や組織内部の業績測定・業績評価に役立てることを目的としている。対義語は財務会計である。企業外部の利害関係者に対する情報提供を目的とする財務会計とは、大きく性格が異なっている。

管理会計の性格[編集]

管理会計上の情報は、組織内部で使用される機密情報として扱われることが多く、この点で組織の外部からも利用可能な財務会計上の情報と異なる。逆に、財務会計上の情報は、企業会計原則商法金融商品取引法法人税法などにより内容が規制されるが、管理会計上の情報にはそのような規制はない。管理会計の萌芽は、標準原価計算、予算統制、経営分析に求められるように、原価計算(Costing)と予算管理(Budgeting)が代表的な技法である。最近の傾向として、組織内部の様々な活動や組織の戦略と関連付けて考えられることが多い。

原価計算との区別[編集]

管理会計情報は、原価計算と密接に結びついている。ただし、原価計算は財務諸表の作成にも利用される点で、財務会計とも関係している。原価計算は、財務会計と管理会計を橋渡しする役目をもつ。

IFRSの影響[編集]

管理会計は「過去」から「現在」の結果情報に基づいているだけでなく、国際財務報告基準(IFRS)が適用されれば「将来の」見通し情報に基づくことになる。ゆえに、将来的にIFRSが適用されれば、経営管理指標と管理会計へのインパクトがでてくることが予想される。 また、管理会計情報であるセグメント情報も開示された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]