OSIソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーエスアイソフト
OSIsoft, LLC
市場情報 Private
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
94577
San Leandro Tech Campus 1600 Alvarado Street San Leandro, CA
設立 1980年
事業内容 IoTデータ管理ソフトウェア「PI System」の開発・販売
代表者 J. Patrick Kennedy(CEO・創立者)
売上高 3億5000万ドル
主要株主 J. Patrick Kennedy
ソフトバンク・ビジョン・ファンド[1]
三井物産[2]
Kleiner Perkins Caufield & Byers
Technology Crossover Ventures
外部リンク https://www.osisoft.com/
テンプレートを表示

OSIsoft: OSIsoft, LLC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンレアンドロに本社を置くインダストリアルIoTやM2M分野のソフトウエアベンダー。IoTという言葉が登場する前からリアルタイムデータを活用している[3]。OSIsoftのsoftの部分は、カタカタ表記ではなく英語表記で統一している。

概要[編集]

オペレーショナルデータを一元管理できる高い汎用性を備えたIoT情報基盤の

PI System(パイシステム)を開発・販売しており、世界127か国以上・19,000か所を

超える拠点に導入されている。

PI Systemは大量のデータを現場からリアルタイムに収集・蓄積・管理・表示・分析でき、

石油・ガス、発送電、採掘、化学、パルプ、製鉄、製薬などさまざまなプロセス産業で

利用されており、近年ではモノのインターネットの普及にともない製造業への提供が進んでいる。

沿革[編集]

  • 1980年10月 - パット・ケネディーがOil Systems, Inc.(現在のOSIsoft, LLC)を設立
  • 1985年 - PI Systemを発表(Plant Information System)
  • 1990年4月 - 最初の企業ユーザーカンファレンスを開催
  • 1995年3月 - PI Serverの出荷台数が1000台に到達
  • 2002年5月2日 - PLMベンダーのSequencia社を買収[4]
  • 2004年9月 - PI System導入国が100か国に到達
  • 2011年 - データの分析、可視化を可能にするPI Coresightを発表[5]
  • 2011年1月5日 - Koliner Perkins英語版、TCVにより1億3,500万ドル調達[6]
  • 2013年9月17日 - 日立製作所と協業で合意[7]
  • 2016年1月13日 - SAPとグローバル販売代理店契約を締結[8]
  • 2016年1月22日 - 伊藤忠テクノソリューションズと販売代理店契約を締結[9]
  • 2016年4月5日 - 三井物産より5%出資(百数十億円程度)を受ける[10]
  • 2016年12月13日 - 東京電力と戦略提携[11]
  • 2016年12月15日 - 三菱日立パワーシステムズと協業で合意[12]
  • 2017年5月31日 - ソフトバンク・ビジョン・ファンドより出資を受ける(出資比率はsignificant minority≒20~40%とされている)[13]
  • 2018年4月25日 - 関西電力と協業で合意[14]
  • 2019年9月16日 - Teknowlogy社のThe IoT Survey 2019において産業分野のIoTプラットフォームとして最高評価を得る[15]
  • 2020年1月31日 - 三菱ケミカルと国内初のEnterprise Agreementを締結[16]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク、米産業ソフト会社OSIに出資へ”. Reuters (2017年6月1日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ IoTデータ管理の「OSIsoft」社に出資参画”. 三井物産 (2016年4月5日). 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 日立や東電が使うIoTの老舗、OSIsoftはレガシーと最新ITをつなぐ”. 日経コンピュータ (2017年8月1日). 2018年3月4日閲覧。
  4. ^ OSIsoft Buys Sequencia and Creates PLM Opportunity”. Gartner (2002年5月2日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ PI Systemクライアント製品の紹介とデモンストレーション”. OSIsoft (2011年10月14日). 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ OSIsoft Announces $135 Million Minority Investment by Technology Crossover Ventures and Kleiner Perkins Caufield & Byers”. TCV (2011年1月5日). 2018年3月5日閲覧。
  7. ^ 日立と米OSIsoft社、社会イノベーション事業における製品開発やマーケティングなどでの協業の検討開始に合意”. 日立製作所 (2013年9月17日). 2018年3月5日閲覧。
  8. ^ OSIsoft Announces Global Reseller Agreement with SAP, Leveraging SAP HANA for Rapid Analysis and Insights”. OSIsoft (2016年1月13日). 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ 米国の全発電量の60%を支えるソフトウェア、IoTで日本の電力網を安定化”. スマートジャパン (2016年1月26日). 2018年3月5日閲覧。
  10. ^ 三井物産、米IT企業に出資 100億円超”. 日本経済新聞 (2016年4月5日). 2018年3月5日閲覧。
  11. ^ 国内電気事業者として初、OSIsoft社とのIoT領域における包括的な戦略提携について”. 東京電力 (2016年12月13日). 2018年3月5日閲覧。
  12. ^ MHPSとOSIsoftがデジタル・ソリューション構築に向けたグローバル協業について基本合意”. 三菱日立パワーシステムズ (2016年12月15日). 2018年3月5日閲覧。
  13. ^ ソフトバンクがインダストリアルIoTを手掛ける米OSIsoftに出資”. ITpro (2017年5月31日). 2018年3月5日閲覧。
  14. ^ PI Systemの火力発電所等への導入・活用促進に向けたOSIsoftとのグローバル協業に関する基本合意について”. 関西電力 (2018年4月25日). 2020年4月24日閲覧。
  15. ^ PAC RADAR - Platforms for IoT & AR in Europe 2019”. teknowlogy group (2019年9月16日). 2020年4月24日閲覧。
  16. ^ 三菱ケミカルとOSIsoft、国内初となるPI Systemエンタープライズ契約を締結”. OSIsoft (2020年1月31日). 2020年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]