オヨ・ルームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オヨ・ルームズ
Oyo Rooms
OYO Rooms (logo).png
市場情報 Private
本社所在地 インドの旗 インド
122001
9th Floor, Spaze Palazo, Sector 69 Gurgaon
設立 2012年2月21日
業種 サービス業
代表者 Ritesh Agarwal(CEO)
主要株主 ソフトバンク・ビジョン・ファンド 42%
グリーンオークスキャピタル
セコイア・キャピタル
外部リンク http://www.oyorooms.com/
テンプレートを表示
OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社
OYO Rooms (logo).png
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0011
東京都千代田区内幸町二丁目1番1号
代表者 代表取締役 ラケシュ・クマール・プルスティ
資本金 41億6562万5000円
売上高 3597万6000円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 ▲11億1243万4000円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 ▲11億1243万4000円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 ▲11億1324万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 76億2052万1000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月末日
テンプレートを表示

オヨ・ルームズ: Oyo Rooms)は、インドハリヤーナー州グルグラムに本社を置く企業Oravel Stays Private Ltd.が運営する格安ホテル予約サービス。インド、マレーシアアラブ首長国連邦ネパール中国インドネシアイギリスで提供されている。創業者のRitesh Agarwal(リテシュ・アガルワル)は、カイリージェンナーに続いて世界で二番目に若いビリオネアである[2]

概要[編集]

2012年Ritesh Agarwalはベッド・アンド・ブレックファストゲストハウス、小さなホテル利用者向けのホテル予約サイトOravel Staysを立ち上げた。その後、3ヶ月間旅行し100軒以上の宿泊施設を体験したことで低品質のベッドリネン、掃除の行き届いていない洗面所、質の低いスタッフなどが快適な旅行を妨げている問題点を痛感し、2013年5月にOYOを立ち上げた。OYOはホテルと提携して一部の部屋を借り、無料Wi-Fi、朝食、エアコン、テレビをふくむ30項目のチェックリストを独自に作成し基準を満たしているホテルにOYOブランドを与えて部屋を提供している。[3][4]。現在はホテルを丸ごと借りて運営するサービスも提供している[5]

沿革[編集]

  • 2012年2月21日 - Ritesh AgarwalによりOravel Stays Private Ltd.設立。Oravel Staysのサービスを提供
  • 2013年5月10日 - PayPalの創業者ピーター・ティールが運営するティール・フェローシップより10万ドルの助成金を受け取る[6]
  • 2013年5月21日 - Ritesh AgarwalによりOyo Roomsサービス開始
  • 2015年2月1日 - シリーズAラウンドでグリーンオークスキャピタル、セコイア・キャピタルライトスピードベンチャーズ、DSGコンシューマーパートナーズから2,400万ドル調達
  • 2015年7月1日 - シリーズBラウンドでソフトバンク・ビジョン・ファンドと既存投資家から1億ドル調達
  • 2016年1月13日 - マレーシアに進出[7]
  • 2017年4月27日 - ネパールに進出[8]
  • 2016年8月16日 - シリーズCラウンドで既存投資家から9,000万ドル調達
  • 2017年9月7日 - シリーズDラウンドで既存投資家とHero Enterpriseから2億5,000万ドル調達[9]
  • 2017年11月10日 - Airbnbのような短期間滞在者向けサービス「OYO Home」を開始[10]
  • 2018年4月27日 - アラブ首長国連邦に進出[11]
  • 2018年6月20日 - インドネシアと中国に進出[12]
  • 2018年7月10日 - AblePlus Solutions Pvtを買収[13]
  • 2018年7月16日 - イギリスに進出[14]
  • 2019年3月28日 - ヤフーと合弁でOYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPANを設立し日本で賃貸住宅事業「オヨ・ライフ」開始[15]
  • 2019年4月4日 - ソフトバンク・ ビジョン・ファンドと合弁でOYO Hotels Japan合同会社を設立し日本でホテル事業を開始[16]
  • 2019年12月17日 - ヤフーが11月中にOYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPANの株式を売却し合弁関係を解消していたことを公表[17]
  • 2020年7月1日 - これまで独立して運営をしていた不動産賃貸事業展開のOYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN社と宿泊事業展開のOYO Hotels Japan社の両社が合併[18]
  • 2021年10月 - インド証券取引委員会(SEBI)に上場申請。提出した新規株式公開(IPO)の仮目論見書によると、最大で843億ルピー(約1200億円)の資金調達を予定[19]

ZO Roomsとの係争[編集]

2015年12月より競合のZO Roomsを買収に動いており、2016年2月には出資者のソフトバンクの収益報告で買収が発表されたが[20]、1年半後に交渉決裂が明らかとなった[21]。その後、ZO Rooms側よりデューデリジェンスの際に営業機密を盗まれたと訴訟を起こされている。[22][23]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社 第1期決算公告
  2. ^ Agarwal, Nikhil (2020年2月27日). “Oyo's Ritesh Agarwal is the world's second youngest self-made billionaire” (英語). Livemint. 2020年3月15日閲覧。
  3. ^ ソフトバンクらから1億ドルを調達--インドのホテル予約サイト「Oyo Rooms」”. cnet (2015年12月16日). 2018年7月31日閲覧。
  4. ^ How OYO's Ritesh Agarwal transformed the business of budget accommodation”. Forbes (2017年5月16日). 2018年7月31日閲覧。
  5. ^ インドで進む「ホテル予約」の再構築--ダブルブッキング問題を解消へ”. cnet (2017年6月13日). 2018年7月31日閲覧。
  6. ^ Oravel founder Ritesh Agarwal wins Thiel Fellowship”. livemint (2013年5月10日). 2018年7月31日閲覧。
  7. ^ India’s budget hotel booking platform OYO Rooms enters Malaysia”. e27 (2016年1月13日). 2018年7月31日閲覧。
  8. ^ OYO sets up presence in Nepal, launches first hotel in Kathmandu”. ET RISE (2017年4月27日). 2018年7月31日閲覧。
  9. ^ インドの格安ホテル予約スタートアップOYO Rooms、シリーズDラウンドで2億5,000万米ドルを調達 東南アジアでの拡大を加速”. The Bridge (2017年9月16日). 2018年7月31日閲覧。
  10. ^ OYO launches Home Management Service for second home owners”. ET tech (2017年11月10日). 2018年7月31日閲覧。
  11. ^ Exclusive: SoftBank-backed Oyo is launching in Dubai soon!”. ENTRACKR (2018年4月27日). 2018年7月31日閲覧。
  12. ^ OYO announces foray into China”. ET tech (2018年6月20日). 2018年7月31日閲覧。
  13. ^ SoftBank-backed OYO buys AblePlus in second takeover deal”. VCCiRCLE (2018年7月10日). 2018年7月31日閲覧。
  14. ^ Exclusive: Oyo launches operations in London”. ENTRACKR (2018年7月16日). 2018年7月31日閲覧。
  15. ^ インドOYOが賃貸「持たない生活スタイル」で日本参入”. 日経ビジネス (2019年3月28日). 2019年4月5日閲覧。
  16. ^ インド「OYO」が日本でホテル展開 ソフトバンクと合弁”. 日本経済新聞 (2019年4月4日). 2019年4月5日閲覧。
  17. ^ インド「OYO」の賃貸事業、ヤフーが合弁解消”. 日本経済新聞 (2019年12月17日). 2019年12月17日閲覧。
  18. ^ 編集部 (2020年8月3日). “OYO日本法人2社が7月31日付けで合併 新社名はOYO Japan” (日本語). TRAICY(トライシー). 2022年11月10日閲覧。
  19. ^ ソフトバンクG出資の印OYO、上場申請 1200億円調達(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年10月2日). 2021年10月25日閲覧。
  20. ^ SoftBank Confirms OYO Rooms Is Buying Rival Budget Hotel Network ZO Rooms”. techcrunch (2016年2月10日). 2018年7月31日閲覧。
  21. ^ The deal that never was: OYO says it didn’t acquire rival ZO Rooms after all”. techcrunch (2017年10月27日). 2018年7月31日閲覧。
  22. ^ インドの格安ホテル予約スタートアップOYO Rooms、ソフトバンクがリードするラウンドで2億5,000万米ドルをまもなく調達へ【報道】”. THE BRIDGE (2017年4月27日). 2018年7月31日閲覧。
  23. ^ インドの格安ホテル予約スタートアップOYO RoomsとZO Rooms、データ窃盗やハラスメントで非難合戦??争いは法廷に”. THE BRIDGE (2018年2月24日). 2018年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]