インプロバブル・ワールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インプロバブル・ワールズ
Improbable Worlds Limited
市場情報 Private
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
EC1M 3HE
I30 Farringdon Road、London
設立 2012年4月15日
業種 情報・通信業
代表者 Herman Narula(CEO)
Peter Lipka(COO)
Rob Whitehead(CTO)
主要株主 Andreessen Horowitz
ソフトバンク
Horizons Ventures
網易
外部リンク https://improbable.io/
テンプレートを表示

インプロバブル・ワールズ: Improbable Worlds Limited)は、イギリスロンドンに本社を置くソフトウェア会社である。

概要[編集]

サードパーティがバーチャルでシミュレートされた環境を構築するためのクラウドベースの開発プラットフォーム「SpatialOS」を開発している。デベロッパーはSpatialOSを用いることでスタジオのキャパシティーやゲームエンジンの性能の限界を超えて大規模なシミュレーションを行ったり、仮想現実の世界を細部まで作りこむことができるとされる[1]。VRゲーム開発ではBossa Studios (タイトル名:Worlds Adrift)、Spilt Milk Studios (タイトル名:Lazarus)、HelloVR (タイトル名:MetaWorld)、Entrada Interactive (タイトル名:Rebel Horizons)、Soulbound Studios (タイトル名:Chronicles of Elyria)などで用いられており[2]、ゲーム以外用途としては例えばイギリス政府研究機関Immense SimulationsにおいてSpatial OSを用いて車が天気の変化や歩行者、ほかの車に対する反応といった都市環境のシミュレーションに活用されている[3]。その他にもオックスフォード大学英国国防省など多岐にわたる顧客を有している[4]

沿革[編集]

  • 2012年4月15日 - Herman NarulaとRob Whiteheadにより設立
  • 2015年3月11日 - シリーズAラウンドでAndreessen Horowitzから2,210万ドル調達[5]
  • 2015年7月1日 - シリーズAラウンドでテマセク・ホールディングス、Horizons Venturesから3,000万ドル調達
  • 2016年12月13日 - SpatialOSのアルファ版公開[6]
  • 2016年12月13日 - Googleと提携[7]
  • 2017年2月27日 - GDC2017においてSpatialOSのオープンベータ版公開[8]
  • 2017年5月11日 - シリーズBラウンドでソフトバンクグループ、Horizons Venturesから5億200万ドル調達[9]
  • 2018年5月16日 - Bossa StudiosがSpatialOSを利用したゲーム「Worlds Adrift」を公開[10]
  • 2018年5月18日 - オープンソースプロジェクト「Thanos」を公開[11]
  • 2018年7月26日 - シリーズCラウンドで網易から5,000万ドルを調達[12]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンクがVR/AR開発ツールのImprobableに出資――調達総額は5億200万ドル”. techcrunch (2017年5月12日). 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ Automaton raises $10 million for survival game where 1,000 players fight in 12 square kilometers”. venturebeat (2017年9月18日). 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ 英国で進む「自動運転カー」クラウド化研究 バス運行に利用”. forbes (2016年2月28日). 2018年8月1日閲覧。
  4. ^ ソフトバンクが5億ドル出資の英VR企業CEO、「新しい世界」を語る”. forbes (2017年5月12日). 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ ビッグデータによる大規模3D動画シミュレーションの開発システムImprobableのSpatial OSにAndreessen Horowitzが$20Mを投資”. techcrunch (2015年11月12日). 2018年8月1日閲覧。
  6. ^ 仮想世界の開発を強力に支援するSpatialOSのアルファ版が公開された”. techcrunch (2016年12月14日). 2018年8月1日閲覧。
  7. ^ GOOGLE'S IMPROBABLE DEAL TO RECREATE THE REAL WORLD IN VR”. wired (2016年12月13日). 2018年8月1日閲覧。
  8. ^ SpatialOS platform for building games of ‘unprecedented size’ gets open beta”. venturebeat (2017年2月27日). 2018年8月1日閲覧。
  9. ^ ソフトバンクらが英VRベンチャーImprobableに570億円出資、ゲーム以外の用途開拓”. 日経 xTECH (2017年11月12日). 2018年8月1日閲覧。
  10. ^ Bossa Studiosが、ImprobableのSpatialOS上で構築された初のゲームWorlds Adriftを公開”. techcrunch (2018年5月18日). 2018年8月1日閲覧。
  11. ^ Introducing Thanos: Prometheus at Scale”. improbable (2018年5月18日). 2018年8月1日閲覧。
  12. ^ SoftBank-backed Improbable doubled its valuation to $2 billion after raising $50 million from a Chinese gaming giant”. BUSINESS INSIDER (2018年7月26日). 2018年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]