LINEMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LINEMO
ロゴ
製品種類 携帯電話サービス
所持会社 ソフトバンク
使用開始国 日本の旗 日本
主要使用国 日本の旗 日本
使用開始 2021年
ウェブサイト LINEMO
テンプレートを表示

LINEMO(ラインモ)は、ソフトバンク2021年3月17日に導入した携帯電話のオンライン専用新料金ブランドである。

2020年12月3日NTTドコモが発表した新料金プラン「ahamo」に対抗したソフトバンクのオンライン申し込み形式の新ブランド。2020年12月22日に「SoftBank on LINE(ソフトバンク・オン・ライン)」の仮称で発表され[1]、2021年2月18日に、正式名称「LINEMO(ラインモ)」とプランの詳細が発表された[2][3]。当初の計画では標準としていた5分間の無料通話をオプション化することで、月額料金を500円引き下げ、後発のKDDIpovoと同額とした。

ソフトバンクへの吸収合併により、2021年3月31日をもってすべての新規受付を終了するLINEモバイルのプランの後継となるプランで[4]、メッセンジャーアプリであるLINEの通信時のデータをカウントフリーとしている点を特徴としている。また、物理カードを使わないeSIMでの契約に対応する。

導入への経緯[編集]

ソフトバンクグループでは、ウィルコムイー・モバイルの買収後、2014年7月ワイモバイル株式会社を発足し、同年8月からサブブランドでのサービスを開始した。ワイモバイルはその後、2015年4月にはソフトバンクに吸収され、ソフトバンクはブランドだけを存続させた上で、Y!mobileを展開し、KDDI沖縄セルラー電話と同様に、サブブランドでライトユーザー向けのサービスを展開してきた。

一方、日本で最も広く普及しているメッセンジャーアプリのLINEを運営するLINEは、2016年2月に、格安スマホを販売する仮想移動体通信事業者(MVNO)のLINEモバイルを設立。2010年代中盤に中国・台湾メーカーのSIMフリースマートフォンが日本で次々と発売されるようになるのに合わせ、MVNOへの新規参入企業が相次ぐ中、後発で事業に参入したものの、契約数が低迷した。その後、独立での運営を断念し、2018年春にソフトバンクグループ入りした[5]

そのような状況下、2020年9月、大手携帯電話会社に携帯電話の月額料金値下げを強く要求する菅義偉内閣が発足し、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアは要求に応える必要を迫られた。しかし、メインブランドでの値下げによる料金収入低下を避けたいソフトバンクは、2020年10月28日、菅内閣からの要求に応えた形で、サブブランドであるY!mobileで、20GB・1回10分以内の通話無料で税抜月額4,480円というプランを発表した[6][7]。これに対し、菅内閣の総務大臣である武田良太は、メインブランドで値下げを行おうとしないソフトバンクの姿勢をKDDIと合わせて批判した[8]

一方、これまでサブブランドを持っていなかったドコモは、前述の武田良太からの批判を避ける形で、2020年12月、サブブランドとしてではなく、あくまでメインブランドとしての位置づけで、「ahamo」という従来プランとは分離された新料金プランを発表した。ドコモ既存プランからahamoへの移行時の費用が無料であったことから、武田を始め、内閣総理大臣菅義偉もドコモのahamoプラン導入を評価した[9][10]

また、ahamoは、携帯電話業界でこれまで慣習化していた契約後の最初の数か月間、1年間などといった期間限定割引や各種セット割引適用時の料金表記を止め、どのユーザーでも同じ料金を実現したことから、料金面でのインパクトも大きく、メインブランドでの大幅値下げを打ち出せていなかったKDDIやソフトバンクにとっては大きな衝撃となった[11]

こうしたこともあり、ソフトバンクとKDDIは方針転換を迫られた。そこで、ソフトバンクは2020年12月22日、既に同社のグループ傘下に収めていたLINEモバイルを親会社であるLINEがZホールディングスと経営統合するのに合わせて、2021年3月にソフトバンクが完全子会社化した上で吸収合併するとともに、それまでLINEモバイルで展開してきたLINEカウントフリーのプランを引き継ぐ形で、「LINEMO」(当時は「SoftBank on LINE」の名称)を発表し、ahamoに対抗することになった[1][12]。なお、LINEMOの導入に伴い、従来のLINEモバイルの新規受付は2021年2月から3月にかけて順次停止する予定となっている[13][14]

発表時はahamoと同じく5分間の通話定額を含んだ月額2,980円という料金設定だったが、その後KDDIが新プラン「povo」で通話定額なし月額2,480円(通話定額はオプション扱い)を打ち出したことに加え、発表後のSNSでの反応として「LINEカウントフリーであるならLINEで通話すれば通常の通話定額は不要」という意見もあったことから、2021年2月18日のブランド名発表とともに「povo」と同様に通話定額なし月額2,480円(通話定額はオプション扱い)に変更している[15]

2021年7月15日に3GBで月額990円(税込)というミニプランの提供を始めたことを発表した。オンライン手続き専用の値下げプランの中では最安値となる[16][17]

なお、ソフトバンクが運営する固定電話サービスでは、LINEMOは同一法人が運営するにもかかわらず、他社携帯電話の扱いとなる。

2020年の菅政権発足時には日本は「世界で2番目に高い通信料金」と指摘されていたが、2022年1月には日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国の6か国中最安値となったと報道されている[18]

特徴[編集]

料金[編集]

  • スマホプラン:月額2,480円(消費税ユニバーサルサービス料金・電話リレーサービス料金別)。
    • 国内通話は30秒ごとに20円。オプションとして、月額500円で1回5分以内の通話無料。月額1,500円でほぼ全ての通話が無料となる。また、後述の通りLINE利用時はノーカウント対象となるため、LINEを使った通話は無料になる。
    • データ通信量の上限は20GB。上限を超過すると、通信速度が最大1Mbpsに制限される。ただし、LINE利用時のデータ通信量はノーカウント(ノーカウント対象外となるサービスあり)。500円で1GBのデータ容量の追加が可能。
  • ミニプラン:月額900円(消費税ユニバーサルサービス料金・電話リレーサービス料金別)[17]
    • 国内通話は30秒ごとに20円。オプションとして、月額500円で1回5分以内の通話無料。月額1,500円でほぼ全ての通話が無料となる。また、後述の通りLINE利用時はノーカウント対象となるため、LINEを使った通話は無料になる。
    • データ通信量の上限は3GB。上限を超過すると、通信速度が最大300kbpsに制限される。ただし、LINE利用時のデータ通信量はノーカウント(ノーカウント対象外となるサービスあり)。500円で1GBのデータ容量の追加が可能。

サービス可否[編集]

  • 無料の国際ローミングオプションあり(ただし、契約日から4ヶ月目の月末までは加入できない)。
  • テザリングオプションは無料で使用可。
  • LINEのクリエイターズスタンプ(月額240円)が使い放題で利用可能(2021年夏頃を予定)[19]
  • キャリアメールは利用不可。
    • なお、ソフトバンク並びにワイモバイル既存契約者に関してはオプション契約扱いでLINEMO変更後もソフトバンク・ワイモバイルのメールアドレスが利用できる「メールアドレス持ち運び」を2021年12月20日から開始することを同日発表した[20]
  • Yahoo!プレミアム」の利用料(月額462円)無料やQR・バーコード決済サービスの「PayPay」還元率増額など、ソフトバンクやワイモバイル利用者向けの特典・優遇サービスが対象外になる場合もある[19]
  • 2021年7月6日から口座振替にも対応するようになった。但し、サービス申込時のみの受け付けとなるため、既に本プランを利用しているユーザーの支払い方法変更は不可である。また、ゆうちょ銀行については後日の対応となる[21]
  • 当初はソフトバンクなど大手携帯電話会社3社が共同提供しているメッセージアプリケーションの「+メッセージ」には対応していなかったが、2022年春頃を目処に同アプリに対応することを2021年9月2日に発表し、2022年6月28日に対応した[22][23]

サービスエリア[編集]

(2024年まで3Gも)

申し込み方法[編集]

  • 2021年2月17日、専用のWebサイト及びLINE上で先行エントリーを開始。店頭では受付不可。
  • Softbank・Y!mobileから乗り換える場合、MNP予約番号の発行は不要(ネットワーク暗証番号が必要になる)。
  • eSIM利用時に限り、eKYCによる即日開通サービスを予定[2]

CM[編集]

LINEモバイルに引き続き本田翼が出演している。CMではLINEモバイル同様「いい湯だな」の替え歌を歌っているが歌詞が違う。第2弾のCMからはオリジナルキャラクターの「モモンキー」も登場している[24]

脚注[編集]

  1. ^ a b 20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供ソフトバンク株式会社 プレスリリース 2020年12月22日
  2. ^ a b “オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始” (プレスリリース), ソフトバンク, (2021年2月18日), https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210218_04/ 2021年2月18日閲覧。 
  3. ^ ソフトバンクの廉価ブランド、名称は「LINEMO」 月額2480円で3月17日スタート 音声定額分離でauに追従”. ITmedia Mobile (2021年2月18日). 2021年2月18日閲覧。
  4. ^ LINEモバイルの新規受付が3月31日で終了 ITmedia 2021年1月29日
  5. ^ 開始2年足らずでLINEモバイルがソフトバンク傘下に - 日経トレンディネット(技術・データ)、2018年3月28日
  6. ^ UQ、20GBで月額3980円の新料金プラン「スマホプランV」 ケータイ Watch 2020年10月28日
  7. ^ ワイモバイル、20GB/4480円で10分通話定額付きの「シンプル20」 ケータイ Watch 2020年10月28日
  8. ^ 携帯料金、サブブランドのみの値下げは「羊頭狗肉」 武田総務大臣が批判 ITmedia、2020年11月20日
  9. ^ 武田総務大臣、ドコモの「ahamo」は「競争を導く大きなきっかけになる」と評価”. ITmedia Mobile (2020年12月4日). 2021年1月14日閲覧。
  10. ^ 菅首相、ahamoについて「ひとつの節目。本当の改革はこれから」”. ケータイ Watch (2020年12月4日). 2021年1月14日閲覧。
  11. ^ 石野純也のMobile Eye:ドコモの激安「ahamo」で携帯業界に激震も、“料金プラン”扱いには疑問 (1/3) ITmedia、2020年12月5日
  12. ^ 日本テレビ (2020年12月22日). “ドコモに対抗…ソフトバンク新プラン発表”. 日テレNEWS24. 2021年1月14日閲覧。
  13. ^ ソフトバンクが月2980円プラン、LINEで登録OK”. 朝日新聞 (2020年12月22日). 2021年1月14日閲覧。
  14. ^ LINEモバイル、新規申込停止日など発表、Webは3月31日まで”. ケータイ Watch (2021年1月28日). 2021年1月30日閲覧。
  15. ^ 月額20GB/2480円の「LINEMO」発表、ソフトバンクとLINEのキーパーソンが語る新プランの特徴とは,ケータイ Watch,2021年2月18日
  16. ^ 月3GBで990円、ソフトバンクがLINEMOで新プラン”. 読売新聞 (2021年7月15日). 2021年7月15日閲覧。
  17. ^ a b ソフトバンクのLINEMO 月額990円の「ミニプラン」を発表”. 毎日新聞 (2021年7月15日). 2021年7月15日閲覧。
  18. ^ 石川温 (2022年2月8日). “「携帯料金値下げ」は終焉へ、日本は世界最安の料金水準に…一方で5G整備に危機感”. Business Insider Japan. メディアジーン. 2022年2月10日閲覧。
  19. ^ a b 毎日新聞 (2021年2月23日). “ソフトバンク「LINEMO 月2480円」ahamoはどうする?”. Yahoo!ニュース. 2021年2月23日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク、「メールアドレス持ち運び」サービスを開始--20日から提供”. CNET Japan (2021年12月20日). 2021年12月21日閲覧。
  21. ^ LINEMOが「口座振替」での支払いに対応 サービス申し込み時のみ受け付け”. ITmedia Mobile (2021年7月6日). 2021年7月6日閲覧。
  22. ^ 株式会社インプレス (2022年6月28日). “+メッセージ、ワイモバイル・LINEMOで利用可能に。携帯3社全ブランドが対応” (日本語). Impress Watch. 2022年6月29日閲覧。
  23. ^ 「+メッセージ」が携帯3社の全ブランドとMVNOに拡大。UQ・ワイモバも”. Impress Watch (2021年9月2日). 2021年9月2日閲覧。
  24. ^ 本田翼がダンス&モモンキーと共演 「LINEMO」新CM2本順次公開”. CINRA.NET (2021年3月3日). 2021年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]