TOKAIコミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社TOKAIコミュニケーションズ 
TOKAI Communications Corporation
TOKAIビル
本社であるTOKAIビル
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2306
2011年3月29日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2-6-8 TOKAIビル[1]
設立 1977年3月18日
業種 情報・通信業
事業内容 通信事業(インターネット接続サービス事業、データ伝送サービス事業)、情報サービス事業(ソフトウエア開発事業、システム商品・製造販売事業、情報処理・運用事業)
代表者 代表取締役社長 鴇田勝彦[1]
資本金 12億2,148万円 (2017年4月1日現在)
売上高 52,605百万円 (2017年3月期)
営業利益 3,083百万円 (2017年3月期)
経常利益 3,084百万円 (2017年3月期)
純利益 2,021百万円 (2017年3月期)
純資産 15,657百万円 (2017年3月期)
総資産 33,525百万円( 2017年3月期)
従業員数 1,257名 (2017年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 TOKAIホールディングス 100%
外部リンク http://www.tokai-com.co.jp/
特記事項:2011年10月1日付けで「株式会社ビック東海」より社名を変更
テンプレートを表示

株式会社TOKAIコミュニケーションズ(トーカイコミュニケーションズ、旧名・ビック東海)は、日本の電気通信事業者である。TOKAIホールディングスの子会社であり、グループ内で情報通信部門を担っている[1]

概要[編集]

1977年、焼津ケーブルビジョンを設立、翌年社名をビック東海に変更。ケーブルテレビゲームソフト開発、ADSL事業などを行った[2]

2011年、持ち株会社TOKAIホールディングスの100%出資子会社となり、翌年ケーブルテレビ事業をTOKAIケーブルネットワークとして分社化した[2]

現在は、光インターネット接続等、宅内で利用する固定通信サービスに加え、MVNOとして格安SIM・格安スマホなどの移動体通信サービスなど、通信サービスを総合的に提供している[3]

また、システムインテグレーション、企業向けソリューションを兼ね備えたデータセンター事業、及び自社保有のネットワークインフラを基盤とした通信事業を強みとして、ソリューションビジネスを提供している[3]

本社所在地は静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8 TOKAIビル[1]

事業内容[編集]

通信・モバイル事業[編集]

2006年8月、TOKAIグループはソフトバンクグループと戦略的事業提携について合意し、同年10月よりモバイル事業を開始。TOKAIモバイルショップは静岡県内に12店舗、埼玉県に1店舗存在する(2016年9月現在)。2015年3月、NTT東日本・西日本からフレッツ光回線の卸を受け、自社光回線「TNCヒカリ」「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」を提供している。

広域通信事業[編集]

TOKAIグループが保有する光ファイバを活用し、専用線広域イーサネットをはじめとした拠点間通信サービス、インターネットへの接続サービスを提供している[3]。自社で保有する光ファイバは北関東から西日本まで総延長約5,600kmにおよぶ[要出典]。インターネットの接続総帯域は290Gbps(2016年4月現在)。

システムインテグレーション事業[編集]

情報システム開発で培ってきた経験をもとに、大型のソフトウェア受託開発に携わっている[3]。ユーザの要望に合わせたネットワーク・システム基盤・アプリケーションの導入構築、運用保守のほか、近年ではAmazon Web Services(AWS)など他社クラウドサービスを利用したシステムの設計から運用までを支援するサービスも提供している[要出典]

データセンター事業[編集]

静岡県と岡山県に自社のデータセンターを保有し、その基盤を利用して各種サービスを提供[3]。二つのデータセンターは自社光ファイバ網により接続されている。日本国内の20社を超えるデータセンター事業者と戦略的ビジネスアライアンスを締結し、BCP・DRサービスの実現、サービスの相互補完、新たな仮想サービスの実証実験や商用化など、地域産業および国内データセンター事業の活性化を目的とした各種取り組みを行っている。

沿革[編集]

以下、特に脚注が無い限り公式ウェブサイトの沿革を出典とする[2]

  • 1977年3月 - 焼津ケーブルビジョン株式会社設立。
  • 1978年5月 - 社名をビック東海に変更。
  • 2002年6月 - 株式を店頭公開
  • 2004年4月 - 株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズにCATV、ADSL事業を営業譲渡。
  • 2005年10月1日 - 株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズを吸収合併し、CATV、ADSL事業を統合。
  • 2007年4月1日 - 御殿場ケーブルメディアの事業譲受。
  • 2009年
  • 2010年
    • 4月1日 - 御殿場ケーブルメディアを吸収合併。
    • 9月21日 - ドリームウェーブ静岡(現:トコちゃんねる静岡)の株式取得の基本合意を筆頭株主鈴与ホールディングスと基本合意。その後同年11月25日に鈴与グループ各社やその他の株主から保有する株式(全体の58.3%)を取得したことにより、子会社化。
  • 2011年
    • 4月 - TOKAIと共に株式移転による共同持株会社株式会社TOKAIホールディングスを設立。ビック東海はTOKAIホールディングスの完全子会社となる。
    • 10月1日 - 社名を株式会社TOKAIコミュニケーションズと変更する。
  • 2012年4月2日 - 分社化によってケーブルテレビ事業を株式会社TOKAIケーブルネットワークが運営する。
  • 2013年3月 - 凌群電腦股份有限公司(THE SYSCOM GROUP)と台湾において合弁会社「雲碼股份有限公司」を設立する。

過去の事業[編集]

ケーブルテレビ[編集]

かつて行っていたケーブルテレビ事業は、2012年の分社化により、現在はTOKAIケーブルネットワークが運営している。

ゲームソフト[編集]

1980年代から1990年代にかけて、ファミコンメガドライブ向けゲームソフトの開発を行っていたが[4][5]、現在はゲームソフト関連事業から撤退している。本項ではビック東海(現:TOKAIコミュニケーションズ)が過去に開発・販売・発売を行っていたゲームソフトを記載する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 会社概要 - 公式サイト(2017年7月14日閲覧)
  2. ^ a b c 沿革 - 公式サイト(2017年7月14日閲覧)
  3. ^ a b c d e 事業紹介 - 公式サイト(2017年7月14日閲覧)
  4. ^ Aigina no Yogen: Balubalouk no Densetsu Yori - GameFAQs(2017年8月5日閲覧)
  5. ^ Shinseiki Odysselya - GameFAQs(2017年8月5日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]