カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カケフくんのジャンプ天国
スピード地獄
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ビック東海
発売元 ビック東海
プロデューサー 藤原明
曽我栄蔵
ディレクター はせがわとしひさ
プログラマー BIG HIT MACHIYA
河村知彦
音楽 蓮谷道治
美術 はせがわとしひさ
人数 1人
メディア 1メガビット+64キロRAMロムカセット[1]
発売日 日本 198807221988年7月22日
アメリカ合衆国 1990031990年3月
その他 型式:日本 VIC-KX
テンプレートを表示

カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』(カケフくんのジャンプてんごくスピードじごく)は、ビック東海1988年7月22日に発売したファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。当時の人気子役だったカケフくんが主人公。

北米では『Kid Kool 』(キッド・クール)というタイトルで発売されている[2]

概要[編集]

主人公のカケフ君を操作する横スクロール形式。高速移動とジャンプを売りにしたアクションゲームで、難易度は非常に高く、『ゲームセンターCX』(2003年 - )にて挑戦した際に超難関ソフトとして名を馳せる『高橋名人の冒険島』(1986年)を超えると称された[2]。さらに、3時間以内に全ステージをクリアしないと、グッドエンディングが見られないという厳しい仕様となっている[2]

なお、マルチエンディング方式のため、クリア時間によりグッドエンディングでも内容は違う。エンディングの1つには王様が「このゲーム難しすぎるから、この場面見ることはないのかいなーっ」と言い、大臣が「世間にはとんでもないようなガキ…いや、子供がたくさんいるからわかりません」と応える、というものがある[3]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:藤原明、曽我栄蔵
  • SFXスーパーバイザー:PETIT DEVIL SHOTARO(すずきしょうじ)
  • メイン・プログラマー:BIG HIT MACHIYA
  • タイトル・プログラマー:TOKIJIRO(河村知彦)
  • マップ・アーティスト:SANO YAN(佐野まゆみ)
  • マップ・プランナー:SUGI SAKU
  • キャラクター・デザイナー:PROFESSOR TOSHI(はせがわとしひさ)
  • 音楽:蓮谷道治
  • レスポンシビリティー:BIGFOOT SHIJOH(四条いくお)
  • ディレクター:DARK SIDE TOSHI(はせがわとしひさ)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 21/40点[4]
Nintendo Power 3/5点[5]
ファミリーコンピュータMagazine 17.74/30点[1]
仰天B級ゲームの逆襲 否定的[6]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、5・6・6・4の合計21点(満40点)[7][4]、レビュアーの意見としては、「クリアーしたときの喜びっていうのが一切味わえないゲーム」などと評されている[7]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.38 2.95 2.91 2.85 2.75 2.90 17.74
  • ゲーム本『仰天B級ゲームの逆襲』(1998年二見書房)では下記の評価を下しており、「操作性の悪いマリオもどき」、「グラフィックはそこそこキレイ」、「いったいなぜカケフくんなのか? カケフくん目当てにソフトを買う人間がいるのか? 謎は深まるばかり」と評している[6]
項目 イマウケ度 カルト度 グラフィック オリジナリティー ハラダチ度 インパクト
得点 星3 / 5 星2 / 5 星2 / 5 星4 / 5 星5 / 5 星3 / 5

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 67頁。
  2. ^ a b c M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』20ページ
  3. ^ マイウェイ出版『ファミコンクソゲー番付』2017年1月25日、p50
  4. ^ a b カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ Kid Kool and the Quest for the Seven Wonder Herbs for NES (1988) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ a b 「2 キャラゲーの真実」『仰天B級ゲームの逆襲』 二見書房1998年11月25日、63 - 66頁。ISBN 9784576981727
  7. ^ a b ファミコン通信』第12巻、アスキー1988年6月17日

外部リンク[編集]