システムインテグレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

システムインテグレーション(System Integration:SI)とは、企業の情報システム(Information System:IS)の構築を請け負うITサービス(ITコンサルティング、ITソリューション)を指す[1]。またSI事業者をシステムインテグレーター(SIer)と呼ぶ。

概要[編集]

企業の情報システムが高度かつ複雑になり、企業の情報システム部門では永続的なシステム構築が困難になったため、外部の情報システム会社にアウトソーシングする流れが広まった。企業の情報システム部門の人員は削減され、また情報システム子会社として分社化し、そして外部の情報システム会社にフルアウトソーシングしたため、日本のIT産業ではシステムインテグレーションを中心としたエンタープライズITサービスが活発化した。

具体例[編集]

システムインテグレーションは企業の情報システムを構築するサービスであるため、システムインテグレーションのプロセスは一般的なシステム構築と同じである。顧客であるユーザー企業に問題解決のためのITコンサルティングを実施し、要件定義や設計、開発、保守運用を行う。ハードウェアはハードウェアベンダーから調達し、ソフトウェアはパッケージや独自開発によって調達する。最終的には企業の業務システムとして稼働する情報システムとなり、ユーザー企業に「トータルソリューション」という形で提供する。

問題点[編集]

日本企業の情報システムが安定稼働する裏には高い技術力を持つSIerの存在があるが、以下の問題点が懸念されており、SI崩壊SI淘汰SI終焉[2]と叫ばれる状況となっている。

ユーザー企業の視点[編集]

ユーザー企業の情報システム部門が弱体化したため、ITを駆使したデジタルビジネスの推進力が低下している。情報システム部門が子会社化されているため、迅速なIT展開が困難である。システムインテグレーターの「トータルソリューション」の価格や内容を把握することが困難になっており、コスト妥当性の評価が出来ない。多重下請構造や人月ビジネスといったシステムインテグレーションに伴う問題が顕在化している[3]

システムインテグレーターの視点[編集]

SI事業は労働集約型ビジネスのため、収益拡大や成長を描くことが容易ではない。(※米国のソフトウェアを輸入する一方、グローバルにソフトウェアを輸出するビジネス形態ではないため)

ディスラプター(創造的破壊者)[編集]

例えば、自動車はセンサーによる自動運転が可能になり、自動車がネットワーク(IoT)に繋がるデバイス(コネクテッドカー)になる。センサーから収集したビッグデータをAI(人工知能)によって学習させ、モバイルSNSに対してクラウド経由で利用者のニーズに最適な情報を提供する。自動車産業はITと密接に結びつき、人や社会を繋ぐモビリティ産業に変貌する。このようなモビリティ産業において、自動車メーカーが勝ち残るのか、あるいはIT企業がディスラプター(創造的破壊者)となるのか、という局面になる。携帯電話スマートフォンになりAppleGoogleが勢力図を塗り替えたが、金融業界ではフィンテックが、その他の業界でも次々とこの動きが活発化しており、システムインテグレーターを取り巻く環境は著しく変化している。

脚注[編集]

関連項目[編集]