倉敷ケーブルテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KCT倉敷ケーブルテレビ
基本情報
団体名 株式会社倉敷ケーブルテレビ
略称 KCT
コミュニティ
チャンネル愛称
KCT11 地域特集・KCT12 地域ニュース
MSO TOKAI(株式会社TOKAIコミュニケーションズ
系列 上記MSO傘下
デジタル放送上位事業者 JDS(日本デジタル配信株式会社(JDS))
エリア内地方自治体
3 市(政令指定都市を除く)
1 町
岡山市 1 区
配信チャンネル数
地デジ自主放送 KCT11・KCT12(12(121)番および、11(111)番)
通信サービス種別
インターネット接続 KCT-Net(光ハイブリッド)・KCT光(光インターネット)
公式ホームページ
トップページ
ケーブルテレビサービス http://www.kct.co.jp/catv/tv_introduction.html
インターネット接続サービス http://www.kct.co.jp/net/net_service.html
プライマリ電話サービス http://www.kct.co.jp/phone/phone_introduction.html
テンプレートを表示
株式会社倉敷ケーブルテレビ
Kurashiki Cable Television Corporation
KCT head office.jpg
倉敷ケーブルテレビ局舎
種類 株式会社
略称 KCT
本社所在地 日本の旗 日本
710-0803
岡山県倉敷市中島2661番地1
KCT情報センター
設立 1984年6月
(水島有線テレビとして設立)
業種 情報・通信業
法人番号 2260001013097
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 中村俊克
資本金 4億円
従業員数 89人
決算期 毎年6月30日
主要株主 TOKAIコミュニケーションズ 50.0%
エルシーブイ 48.38%
倉敷市 1.13%
玉野市総社市 各0.25%
(2011年10月1日現在)
外部リンク www.kct.co.jp/
特記事項:1986年に株式会社倉敷ケーブルテレビへ商号変更。
TOKAIホールディングスの連結子会社である。
テンプレートを表示

株式会社倉敷ケーブルテレビ(くらしきケーブルテレビ、通称KCT)は岡山県倉敷市に本社を置くケーブルテレビを主な事業とする企業で、現在はTOKAIコミュニケーションズの子会社で、同社の親会社であるTOKAIホールディングス連結子会社である。

概要[編集]

倉敷ケーブルテレビは岡山県南部の倉敷市、玉野市総社市早島町岡山市南区の一部をエリアとする岡山県内最大のケーブルテレビ局である。1984年に開局、経営難となった1993年2月にエルシーブイ(LCV)の完全子会社となって再生を果たした。

エフエムくらしきと、同じく倉敷市内のケーブルテレビ局である玉島テレビと共に、倉敷コミュニティ・メディア(KCM)を結成している。

2005年11月には、災害等が発生した時に自動的に電源が入り、災害情報等を伝える「緊急告知FMラジオ」をエフエムくらしきと共同で開発した。

また、現本社(KCT情報センター)からの放送を開始した2007年3月1日から、中国地方のケーブルテレビ局では初めて、自主制作番組のハイビジョン放送を配信している。

2009年12月4日に当時の筆頭株主だったぎょうせいが保有するKCTの株式をビック東海(現在のTOKAIコミュニケーションズ)が取得し、同社の子会社となり、同社の親会社であるTOKAI連結子会社となった。2011年4月1日にTOKAIとビック東海の共同持株会社、TOKAIホールディングス設立に伴い、同社の連結子会社となった。

本社所在地[編集]

  • 岡山県倉敷市中島2661番地1 KCT情報センター

サービスエリア[編集]

※全エリア、テレビ・インターネット・電話に対応。一部地域のサービスは下記に記載。

本社

児島支局

総社支局

  • 総社市(KCT-Netスーパー(100M)対応エリア)
  • 倉敷市(真備地区)

玉野支局

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NTV ANN JNN TXN FNS YOU13
NHK岡山 NHK岡山 西日本放送 瀬戸内海放送 山陽放送 テレビせとうち 岡山放送 サンテレビ

テレビ局[編集]

デジタル 放送局
D011(1) NHK岡山総合
D021(2) NHK岡山教育
D031(3) サンテレビ
D041(4) 西日本放送
D051(5) 瀬戸内海放送
D061(6) 山陽放送
D071(7) テレビせとうち
D081(8) 岡山放送
D111(11) KCT11 地域番組
D121(12) KCT12 地域ニュース
BS101・BS102 NHK BS1
BS103・BS104 NHK BSプレミアム
BS141-143 BS日テレ
BS151-153 BS朝日
BS161-163 BS-TBS
BS171-173 BSジャパン
BS181-183 BSフジ
BS191 WOWOWプライム
BS192 WOWOWライブ
BS193 WOWOWシネマ
BS200 スターチャンネル1
BS201 スターチャンネル2
BS202 スターチャンネル3
BS211 BS11
BS222 TwellV
C205 第一興商スターカラオケ
C209 スカイ・A sports+
C210 J SPORTS 3 HD
C212 GAORA
C213 J SPORTS 1 HD
C214 J SPORTS 2 HD
C215 J SPORTS 4 HD
C216 ザ・ゴルフ・チャンネル
C217 ゴルフネットワーク
C218 日テレG+
C220 ムービープラス HD
C221 日本映画専門チャンネル
C223 V☆パラダイス
C225 東映チャンネル
C226 衛星劇場
C231 スーパー!ドラマTV
C233 FOX HD
C234 時代劇専門チャンネル
C235 LaLa TV HD
C238 TBSチャンネル
C241 アニマックス
C242 キッズステーション
C245 テレ朝チャンネル
C248 チャンネル銀河 HD
C250 CNNj
C251 日経CNBC
C252 日テレNEWS24
C254 TBSニュースバード
C256 ディスカバリーチャンネル HD
C258 ナショナルジオグラフィック
C261 MUSIC ON! TV
C263 MTV
C271 ショップチャンネル
C272 QVC
C274 放送大学テレビ
C281 フジテレビTWO
C282 フジテレビONE
C256 フジテレビNEXT HD
C285 グリーンチャンネルEAST
C286 グリーンチャンネルWEST
C287 レジャーチャンネル
C302 児島競艇実況放送チャンネル
C303 玉野けいりん実況放送チャンネル
C304 ユニバーサルチャンネル
C305 KNTV HD
C306 Mnet HD
C308 FOXベイビー
C311 Oniビジョン(Oniビジョン・チャンネル4)
C312 玉野市回覧板チャンネル
C313 総社市回覧板チャンネル
C314 倉敷市広報チャンネル
C321 お天気チャンネル
C333 KCT 333Ch
  • 2015年3月10日13時以降[1]
  • デジタル放送は日本デジタル配信の地上光ネットワークを使用している。以前はi-HITSを使用していた。
  • 地上デジタルテレビジョン放送はパススルー方式のため、地上デジタル対応テレビまたはチューナであれば視聴可能。
    • ただし、サンテレビについてはチャンネル(D031ch(リモコンキーID:3))は割り当てられているものの、区域外再放送についての協議の結果、本放送は3月17日に再開した。

ラジオ局[編集]

アナログ(MHz) デジタル 放送局
78.1 Kiss FM KOBE
79.0 Radio MOMO
79.7 FM香川
81.2 FM Sun
81.7 FM岡山
82.2 C274(副音声) 放送大学CSラジオ
82.8 FMくらしき
83.7 FM802
84.7 FM OH!
85.7 NHK岡山FM

電話サービス[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジアナ変換終了のお知らせ”. 株式会社倉敷ケーブルテレビ. 2015年5月16日閲覧。
  2. ^ 株式会社テレビ津山の株式取得(子会社化)に関するお知らせ”. 株式会社倉敷ケーブルテレビ (2018年2月9日). 2018年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]