バトルマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バトルマニア
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 メガドライブ
開発元 スタジオ宇宙鉄人
発売元 ビック東海
ディレクター TAKAYAN THE BARBARIAN
プログラマー PROPELLER WADO
SABOTEN CUCTUS
TAKAYAN
音楽 濱田やすゆき
美術 DORO-P
PORTEN
シリーズ バトルマニアシリーズ
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1992年3月6日
  • アメリカ合衆国 1991年11月 (1991-11)
その他 型式:
  • 日本 T-23013
  • アメリカ合衆国 23016
テンプレートを表示

バトルマニア』は、1992年3月6日ビック東海から発売されたメガドライブシューティングゲームである。

概要[編集]

サイドビューのスクロール(ステージによって縦、横が変わる)シューティング。主人公の大鳥居マニアと相棒の羽田マリアを操り、全6ステージを戦う。

アメリカではGENESIS用で『TROUBLE SHOOTER』(トラブル・シューター)として発売された。

ゲーム内容[編集]

操作方法[編集]

3つのボタンがスーパーウェポンショットマリアの振り向きに当てられている。

スーパーウェポン[編集]

チャージメーターが満タンになると使用できる特殊攻撃。ステージ開始時に選択する。ステージ5では使用できない。

サンダー
画面全体に有効な稲妻攻撃。
ワイパー
上下に延びる攻撃棒。前後に移動する事でワイプできる。
ゲーマー
マニアの周囲を回転する爆破ボム。
ミサイル
前方に縦4列のミサイルが4回発射される。

ショット[編集]

メインウェポン。アイテムを取る事で7段階にパワーアップする。

マリアの振り向き[編集]

マニアは右を向いているだけだが、マリアはボタンを押して左を向かせることができる。またマリアには当たり判定がなく、地形にスクロールアウトされても数秒後に戻ってくる。このため、マリアの使いどころが攻略の鍵になっている。

ストーリー[編集]

犯罪結社「アナグラン商会」の会頭ドン・モルグスティンに皇太子デンカがさらわれた!大佐は国王ヘイカにトラブル・シューターの起用を提言した。危険な仕事を解決するトラブル・シューターのマニアとマリアのペア。時に非合法…。

登場キャラクター[編集]

大鳥居マニア
メインキャラクター。女性とは思えない豪放磊落な性格。ネーミングの由来はセガ最寄り駅から。
羽田マリア
サブキャラクター。マニアのサポート役に徹するしっかり者。ネーミングの由来はセガの本社所在地から。
皇太子デンカ
ドン・モルグスティンにさらわれた某国の皇太子。マニアたちに救出されたあと、ともに戦うステージがある。
ドン・モルグスティン
犯罪結社「アナグラン商会」の会頭。一度はマニアたちに倒されるが…。

スタッフ[編集]

  • グラフィック(エネミー、スクロール、オープニング):DORO-P
  • グラフィック(エネミー、スクロール、タイトル):PORTEN
  • サウンド・クリエイト:TEAM HYAKUMAN-GOKU(濱田やすゆき)
  • BGM:RAIKA PAPA(菅野ひろと)
  • S.E.:M.C.TAMAR(玉山文人
  • ボイス:YUKI CHAN
  • プログラム(エネミー、スクロール、ツール):PROPELLER WADO
  • プログラム(ボス、タイトル):SABOTEN CUCTUS
  • プログラム(マイキャラ、システム):TAKAYAN
  • スペシャル・サンクス:SHO-CHAN、YAMACHAN、SIMPSON、KAMO-SAN(加茂郁一)
  • マイ・フレンドリー・ネイバーフッド:TONBOO、JORUM、FELLOWS OF THE LANCE
  • スーパーバイザー:I.T.S.A
  • 開発:スタジオ宇宙鉄人
  • ディレクター:TAKAYAN THE BARBARIAN

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 22/40点 [2]
GamePro 25/25[3]
Sega Pro 73%[4]
Sega-16 8/10点[5]
メガドライブFAN 22.92/30点 [1]
メガドライブ大全 肯定的 [6]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは合計で22点(満40点)になっている [2]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.92点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「今までのメガドライブのシューティングにはなかった、お笑いのセンスがいっぱい詰まっている」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.21 3.67 3.72 3.79 3.79 3.74 22.92
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「主人公マニアの相棒であるマリアは、普通なら2Pキャラに割り振られるか、ブリーフィング画面のみの登場でしょうが、本作ではなんとオプション扱い」、「最終面近くでは殿下も加わり、『ひとりで操るパーティシューティング』といった新境地が開拓されます」と評している[6]

バカゲーとしての側面[編集]

本作は、続編の『バトルマニア大吟醸』(1993年)とあわせて、バカゲーの代表作として書籍に取り上げられる事も多い。電源を入れるとオープニングでセガのロゴを車でぶん回し、このときに裏技を入力するとセガの敵会社ゲーム機をマニアが踏みつけるというグラフィックが現れる。ゲーム中では、ステージ1がガード下から始まったり、コンティニューの賽銭箱が魂亭入だったりと、至る所にデザイナーのバカセンスがあふれている。

しかし、そのセンスを支えているのは優れたプログラミング技術であり、たとえばステージ1ボスの「はっはっはっ」というボイスを、サンプリング速度を変化させて音程を変えたり、ステージ3のボスなどの大型キャラクターをばりばり動かしたりなど、確かな技術と経験に裏付けられながらのバカゲーとして評判である。そのため、レトロゲームを扱った書籍で「お宝ゲーム」と取り上げられたり、中古ゲームショップで高い値段がついているなど、メガドラソフトの中で知る人ぞ知る名作の一つに数えられている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 64頁。
  2. ^ a b バトルマニア まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月21日閲覧。
  3. ^ GamePro 30 (January 1992), page 66.
  4. ^ Out-of-Print Archive • Mega Drive reviews • Trouble Shooter”. Outofprintarchive.com. 2015年11月12日閲覧。
  5. ^ Sega-16 – Trouble Shooter”. Sega-16.com (2008年7月24日). 2015年11月12日閲覧。
  6. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、114頁。ISBN 9784872338805