Yahoo!リスティング広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Yahoo!リスティング広告(ヤフーリスティングこうこく)は、日本ヤフー株式会社が行っていたインターネット広告の1つである[注 1]Yahoo! JAPANなどのポータルサイトに広告主のテキスト広告がリンク付きで掲載される。広告の掲載そのものに料金は発生せず、広告がクリックされた時に料金が発生するクリック報酬型広告の1つである。Yahoo!リスティング広告は、サービス内容の異なる「スポンサードサーチ」と「インタレストマッチ」の2種類から構成される。

2013年にYahoo!プロモーション広告、2020年度にYahoo!広告に名称変更し、サービスも変更している[1][2]

スポンサードサーチ[編集]

Yahoo! JAPANと提携先の主要検索サイトで、検索結果の近くに掲載される。検索されたキーワードと関連性の高い広告が選ばれ、表示される仕組みである[3][4]

Yahoo!広告への変更に伴い、「検索広告」に名称変更された[5]

インタレストマッチ[編集]

Yahoo! JAPANと提携サイト内のコンテンツページなどに掲載される。ネットユーザーが閲覧中のページ内容や興味関心(過去の閲覧履歴や検索キーワード)などから広告主の商品やサービスに興味がありそうなユーザーに広告を表示する仕組みとなっている。また、提携サイトはスポンサードサーチと同一である。

Yahoo!プロモーション広告への変更に伴い、ディスプレイ広告のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(現Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型))における広告掲載方式の1つとなる[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ヤフーではインターネット広告として、「リスティング広告」の他にも「ディスプレイ広告」「アフィリエイト広告」を行っている。

出典[編集]

外部リンク[編集]