Zホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Zホールディングス株式会社
Z Holdings Corporation
本社のある東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワー(左)
本社のある東京ガーデンテラス紀尾井町・紀尾井タワー(左)
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
略称 ZHD
本社所在地 日本の旗 日本
102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町
紀尾井タワー
北緯35度40分47.2秒 東経139度44分17.5秒 / 北緯35.679778度 東経139.738194度 / 35.679778; 139.738194座標: 北緯35度40分47.2秒 東経139度44分17.5秒 / 北緯35.679778度 東経139.738194度 / 35.679778; 139.738194
設立 1996年(平成8年)1月31日
(ヤフー株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 4010401039979 ウィキデータを編集
事業内容 グループ会社の経営管理、ならびにそれに付随する業務
代表者
資本金 2374億22百万円
(2020年3月31日現在)
発行済株式総数 4,823,882,865株(2021年2月2日現在)
売上高 連結:1兆529億43百万円
(2020年3月期)
純資産 連結:7715億48百万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:3兆9339億10百万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:1万4168人
(2020年3月31日現在)
決算期 3月
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ[2]
主要株主 Aホールディングス : 65.3%
(2021年3月1日現在)[3]
主要子会社 関係会社を参照
関係する人物
外部リンク www.z-holdings.co.jp
特記事項:2019年10月1日にヤフー株式会社から商号変更。連結指標は国際会計基準で記載。売上高は売上収益、純資産は親会社の所有者に帰属する持分、総資産は資産合計。汐留Zホールディングスは、ソフトバンクの完全子会社
テンプレートを表示

Zホールディングス株式会社: Z Holdings Corporation)は、ソフトバンクグループ傘下の日本持株会社

元々は1996年1月にヤフー株式会社として設立された企業であるが、2019年10月1日をもって会社分割により持株会社に移行し、法人名を改めた。本項目では、持株会社移行後(2019年10月1日移行)の状況について記す。

概要[編集]

2019年のヤフー株式会社(初代法人)を中心としたグループの再編により、情報・通信事業部門(Yahoo! JAPAN事業)をヤフー株式会社(2代目法人)へ吸収分割、さらに金融系の企業統括部門をZフィナンシャル株式会社へ分割して持株会社に移行したもので、初代法人時代からの子会社を中心としたグループ全体の経営機能を担う[4]

2019年11月18日に、LINEとの経営統合で合意した[5]。親会社の汐留ZホールディングスがLINEの親会社であるネイバーと共同で株式公開買い付け等によりLINEを非公開化し、汐留ZホールディングスとLINEが合併の上、LINEが事業分割により設立した事業会社をZホールディングス傘下に移動させるという手法で経営統合が行われる。

沿革[編集]

グループ企業[編集]

主な連結子会社[編集]

2021年3月1日現在[15]

持分法適用関連会社[編集]

主なかつての関係会社[編集]

  • 株式会社インディバル - 元々はリクルートとの合弁企業だったが、2012年に合弁を解消。2015年3月31日に主要事業を同名の新設会社に会社分割し、株式会社ツナグ・ソリューションズに譲渡。従前の会社は2015年7月1日に吸収合併。
  • ファーストサーバ株式会社 - 連結子会社だったが、2018年3月30日にソフトバンクへ全株式譲渡。
  • 株式会社IDCフロンティア - 連結子会社だったが、2018年5月1日にソフトバンクへ全株式譲渡。
  • 株式会社コマースニジュウイチ - 2020年1月、株式会社Eストアーに売却。
  • ブックオフ
  • ワイジェイFX

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年2月2日閲覧
  2. ^ 四半期報告書 2021年2月2日閲覧
  3. ^ ZホールディングスとLINEの経営統合が完了”. LINE株式会社 (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  4. ^ 株式会社インプレス (2019年8月30日). “ヤフーの新商号「Zホールディングス」ロゴ公開。10月1日持株会社に”. Impress Watch. 2019年10月4日閲覧。
  5. ^ ヤフーとLINE 経営統合で基本合意と正式発表」『NHK』、2019年11月18日。2019年11月18日閲覧。
  6. ^ “会社分割による持株会社体制への移行に伴う分割準備会社設立、吸収分割契約締結及び定款変更(商号変更)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ヤフー株式会社, (2019年4月25日), https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20190425410517/pdfFile.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  7. ^ “「Zフィナンシャル株式会社」業務開始のお知らせ” (プレスリリース), Zフィナンシャル株式会社, (2019年10月1日), https://www.z-financial.co.jp/news/2019/1001/ 2019年11月25日閲覧。 
  8. ^ “株式会社ZOZO株式(証券コード 3092)に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), Zホールディングス株式会社, (2019年11月14日), https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20191114426543/pdfFile.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  9. ^ “経営統合に関する基本合意書の締結について” (PDF) (プレスリリース), Zホールディングス株式会社, LINE株式会社, (2019年11月18日), https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20191117428027/pdfFile.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  10. ^ “当社株式の売出しならびに親会社および主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), Zホールディングス株式会社, (2019年11月18日), https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20191117428044/pdfFile.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  11. ^ 経営統合に関する最終合意の締結について”. Zホールディングス株式会社 (2019年12月23日). 2019年12月23日閲覧。
  12. ^ “会社分割(簡易吸収分割)によるヤフー株式会社へのコーポレートベンチャーキャピタル関連事業の承継に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), Zホールディングス株式会社, (2019年11月19日), https://file.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20191119428751/pdfFile.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  13. ^ “親会社及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), Zホールディングス株式会社, (2021年2月19日), https://data.swcms.net/file/sw4689/ja/ir/news/auto_20210219467267/pdfFile.pdf 2021年3月6日閲覧。 
  14. ^ “Zホールディングス株式会社とLINE株式会社の経営統合に伴う戦略的持株会社の商号の変更および体制に関するお知らせ” (プレスリリース), ソフトバンク株式会社・NAVER Corporation, (2021年2月24日), https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210224_01/ 2021年3月6日閲覧。 
  15. ^ 主なグループ会社”. Zホールディングス株式会社. 2021年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]