Eストアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社Eストアー
Estore Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4304
2001年9月19日上場
本社所在地

日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋一丁目10番2号

【支社】
・札幌支社
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西4-1-2 武田りそなビル
・大阪支社
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル

・福岡支社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前一丁目4番4号 JPR博多ビル
設立 1999年2月17日
業種 情報・通信業
法人番号 8010401058455
事業内容 ウェブショップ総合支援
レンタルサーバ
ショッピングカートASP
ECマーケティング支援
代表者 石村賢一(代表取締役)
資本金 5億2,332万円
発行済株式総数 10,327,200株(2018年3月末)
売上高 50億4,400万円(2018年3月期)
総資産 39億7,900万円(2018年3月末)
従業員数 217名(2018年3月末)
※正社員143名
決算期 3月31日
主要株主

・36.00% 株式会社ユニコム
・9.69% BBH フィデリティ ピューリタン フィデリティ シリーズ イントリンシック オポチュニティズ ファンド(常任代理人:株式会社三菱東京UFJ銀行)
・5.89% 石村賢一
・5.54% BBH フォーフィデリティ ロープライスド ストック ファンド(プリンシパル オールセクターサブポートフォリオ)(常任代理人:株式会社三菱東京UFJ銀行)
・3.49% ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー(常任代理人:株式会社みずほ銀行)
・2.32% 日野秀一
・1.43% 株式会社SBI証券
・1.08% 柳田要一
・1.06% BBH フィデリティ グループ トラストベネフィット プリンシパル オールセクター サブポートフォリオ(常任代理人:株式会社三菱東京UFJ銀行)
・0.95% 稲岡秀昭
(2018年3月31日現在)

(注) 上記のほか、平成30年3月31日現在で当社所有の自己株式 5,165,902株があります。
外部リンク https://Estore.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社Eストアー: Estore Corporation、略称:Eストアー)は、ウェブショップ総合支援サービス、レンタルサーバサービス、ECマーケティング支援サービスを提供する、東京都港区の企業。

主な事業[編集]

  • ネットショップ総合パッケージ「ショップサーブ[1]
  • レンタルサーバー「サイトサーブ[2]
  • ショッピングカート機能「ストアツール」
  • ページABテスト「Eストアーコンペア」
  • メールマーケティング「Eストアークエリー」
  • 調査分析・戦略設計
  • 制作代行
  • 集客代行
  • 運営代行
  • セミナー企画、開催

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)
  • 2000年(平成12年)
    • 3月 - 株式会社大阪有線放送社(現 株式会社USEN)と販売提携
    • 6月 - ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現ソネットエンタテイメイント株式会社)、株式会社ジャングルと販売提携
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
    • 3月 - メルボルンIT社 (豪国) と業務提携
    • 4月 - レンタルサーバー「サイトサーブ」リニューアル
    • 4月 - ドメイン管理転送サービス「ドメインフォワード」提供開始
  • 2003年(平成15年)
    • 4月 - ショッピングカートサービス「ストアツール」リニューアル
    • 6月 - 商号を「株式会社イーストアー」から「株式会社Eストアー」に変更
  • 2004年(平成16年)
    • 7月 - 株式会社テレウェイブ(現 株式会社アイフラッグ)と業務・資本提携
    • 11月 - 子会社「株式会社パーソナルショップ」設立
    • 11月 - コンテンツ(情報)販売サービス「インフォストア」提供開始
  • 2005年(平成17年)
    • 6月 - 「ショッピングサーチ・アラジン」を運営するコマースリンク株式会社と業務提携
    • 7月 - 事業の拡大および業務の一層の効率化を図るため東京都港区に本店移転
    • 11月 - Yahoo! JAPANのショッピング事業及びオークション事業に関してヤフー株式会社と業務提携
    • 11月 - 株式会社カカクコムと業務提携
  • 2006年(平成18年)
    • 1月 - 独自ドメインウェブショップ総合支援サービス「ショップサーブ[1]」提供開始
    • 9月 - 株式会社ECホールディングスと資本・業務提携「ECおまかせ」を提供開始
    • 10月 - フリーペーパー「fido」創刊
    • 11月 - 商品検索サイト「ショッピングフィード」提供開始
    • 11月 - 顧客数が40,000社を突破
  • 2007年(平成19年)
    • 5月 - レンタルサーバー「サイトサーブ2」提供開始
    • 6月 - 独自ドメインウェブショップ総合支援サービス「ショップサーブ2」提供開始
    • 10月 - 大阪営業所開設
    • 12月 - ベトナムホーチミン市にシステム開発拠点を開設
  • 2008年(平成20年)
    • 8月 - 「ショッピングフィード」の顧客売上が月間1億円を突破 
  • 2009年(平成21年)
    • 2月 - 携帯サイト「ショッピングフィードモバイル」を提供開始
    • 8月 - 株式会社主婦の友社と業務提携(ef、11月Scawaii!、12月mina、2010年1月GISELe、6月Ray)
    • 11月 - 株式会社スクロールと業務提携「グルメ通販サイト「FOODS!FOODS!FOODS!」」提供開始
  • 2010年(平成22年)
    • 7月 - 株式会社インテリジェンス(現 パーソルキャリア株式会社)と共同出資会社「株式会社ECパートナーズ」設立
    • 10月 - Google ショッピングとパートナー契約
  • 2011年(平成23年)
    • 6月 - 株式会社プレシジョンマーケティングを連結子会社化
    • 10月 - Google株式会社とプレミアムSMEパートナー契約
  • 2012年(平成24年)
    • 7月 - 札幌マーケティングファクトリー開設
    • 10月 - ショッピングサイト「park」開設
  • 2013年(平成25年)
    • 4月 - 「ショッピングフィード・マーケットプレイス」提供開始
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 - サポート事業拡大のため札幌マーケティングファクトリー移転
  • 2015年(平成27年)
    • 10月 - ショップサーブが「Buyee」と連携し、越境EC対応
  • 2016年(平成28年)
    • 1月 - 株式会社プレシジョンマーケティングが連結子会社から除外
  • 2017年(平成29年)
    • 3月 - ショップサーブにビットコイン決済を標準搭載
    • 7月 - ページABテスト「Eストアーコンペア」を提供開始
    • 8月 - 株式会社北洋銀行と業務提携
    • 9月 - メールマーケティング「Eストアークエリー」を提供開始

役員構成[編集]

取締役

  • 代表取締役 : 石村 賢一
  • 常務取締役 : 柳田 要一
  • 取締役    : 今村 文哉

監査等委員である取締役

  • 社外取締役(常勤) : 水谷 克彦
  • 社外取締役     : 岩出 誠
  • 社外取締役     : 中村 渡

脚注[編集]

  1. ^ a b ショップサーブ - 通販システム
  2. ^ a b サイトサーブ - ショップ機能を付加したレンタルサーバー

外部リンク[編集]