NAVERまとめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NAVERまとめ(ネイバーまとめ)とは、LINE株式会社が運営するCGM型Webキュレーションサービスである。様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開。アクセス数に応じてユーザーが広告収入を得られる独自のシステムを展開している。

概要[編集]

同社が運営するウェブサービス事業ネイバー(NAVER)の一つであり、2009年7月1日にサービスが開始された。同種の「まとめサイト」では月間アクセス数で1位(ページビュー換算)[1]

NAVERまとめは会員制をとっており無料で会員登録が可能。会員となったユーザーが、特定のテーマを定めインターネット上の情報を収集し、集めた情報を分類、つなぎ合わせて、ひとつのページに掲載することを同サービスでは「まとめ」と呼んでいる。ジャンルは多種多様で、主だったものとして特定のテーマに絞ったリンク集、画像集、雑学集、名言集、ゴシップニュース、他の掲示板のまとめなど多岐に渡る。

作成されたページは各社検索エンジンによってクロールされ公開される他、同サービスが提供する「まとめ検索」によって検索、参照することが出来る。

特徴[編集]

NAVERまとめをはじめとするキュレーションサービスの特徴は、インターネット上の媒体に展開される様々な情報に対して編集者個人の視点、経験、価値観が加味された上で集約された情報がインターネットへ公開されるため、同じ視点で検索しているユーザーや、同じ価値観を持っているユーザーにとってより有益な情報となる場合がある。

同サービスは、まとめページへのアクセス数(ページビュー)に対してインセンティブ(報酬)の支払いを行なっており、アクセス数に応じた金額が一定のレートに基づき換金されページ編集者に支払われる。インセンティブの支払いは楽天銀行株式会社が提供するメール送金サービス「メルマネマスペイメント」を利用している。

同社では「NAVERまとめ」サービスを「キュレーション・プラットフォーム」と呼称している。

沿革[編集]

  • 2009年7月 - 「NAVERまとめ」サービス開始
  • 2010年
    • 10月 - まとめ作成・管理画面のリニューアル。月間総アクセス数約1億2,000万ページビュー、訪問者数(ユニークユーザー)は約943万人と発表[2]
    • 11月 - 「まとめインセンティブプログラム」の提供開始
  • 2011年
    • 3月 - 全面リニューアルを行い、1まとめ内にリンク・画像・動画・引用・ツイート・テキスト・見出し等 様々な要素を追加可能に
    • 4月 - 「NAVERまとめ」閲覧用iPhoneアプリ「NAVERまとめビューワ」公開(現「NAVERまとめリーダー」)
    • 7月 - 「NAVERまとめビューワ」Android版を公開。「トピック機能」を追加
    • 11月 - 「グループまとめ」機能の追加を発表
  • 2012年
    • 3月 - 優良なまとめ作成者を支援する「まとめ奨励金制度」を新設
    • 5月 - 企業向けに「公式まとめ」を提供開始、「お気に入り」機能の追加を発表
    • 6月 - デザインを一新、14カテゴリで多チャンネル化
    • 9月 - gettyimagesなど5社と提携し、公式画像サービスを開始、あわせて位置情報追加機能を発表
    • 10月 - 月間総アクセス数約8億1,700万ページビュー(前年同期比479%増)、訪問者数は3,300万人(前年同期比272%増)と発表
    • 12月 - 「まとめインセンティブプログラム」を全面刷新すると発表。まとめ奨励金制度」の改変を行う。2013年1月1日より実施[3]
  • 2013年
    • 3月 - 企業向けに「ジャック」広告を提供開始

関連文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]