インダストリアルインターネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インダストリアルインターネット(産業のインターネット)とは、米国のゼネラル・エレクトリック社が2012年に発表した、ICT技術を活用し生産性の向上やコストの削減を支援する産業サービス[1]:84。様々な製品から稼働データなどを収集してビッグデータを分析し、運用・保守や次の製品開発に生かす事により、製造業のビジネスモデルを変える取り組みである。運用の最適化や、故障の前兆を発見するなど、タービンや発電機の運用効率向上に役立つとされる[2]IoT(Internet of Things)に対する取り組みにより派生したものであり、ドイツでは同様の取り組みとしてインダストリー4.0が、日本ではソサエティー5.0がそれぞれの政府主体で提唱されている。

GE社の提供するインダストリアル・インターネットには、Predixと呼ばれる共通プラットフォームが用意されており、製品を販売するだけではなく、保守管理を含めたパッケージ型事業の提供の実例となっている[1]:93

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 青嶋稔 『日本は「パッケージ型事業」でアジア市場で勝利する』 東洋経済新報社2016年ISBN 978-4-49255766-2
  2. ^ 坂村健監修 『コンピューターがネットと出会ったら』 角川学芸出版〈角川インターネット講座14〉、2015年、18頁。ISBN 978-4-04-653894-9

外部リンク[編集]