EtherNet/IP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

EtherNet/IPは、CIP (共通産業プロトコル) を標準Ethernetに適用した産業用ネットワークプロトコル[1] 米国の主要な産業用プロトコルの1つであり、製造、ハイブリッド、プロセス等、多様な産業で広く使われている。EtherNet/IPとCIPの両テクノロジーはODVAが管理している。ODVAは1995年に設立された企業連合で、300社以上の会員企業を擁しており、世界規模の取引と標準の発展・開発を行っている。

EtherNet/IPは、インターネットプロトコルスイートとIEEE 802プロジェクトというもっとも広範に使用されているEthernet標準を用いてトランスポート層、ネットワーク層、データリンク層、そして物理層の機能や特徴を定義している。CIPはオブジェクト指向デザインを用いてリアルタイム制御アプリケーションに必要なサービスとデバイスプロファイルをEtherNet/IPに提供し、多様な製品エコシステム全体での一貫したオートメーション機能の実装を推進している。さらに、Ethernet/IPはCIPのオブジェクトモデルフレームワークに対して、Ethernetの標準機能とサービスからUDP等の主要な要素を採用している。EtherNet/IPでは、UDPはI/Oメッセージの搬送に使用される。

歴史[編集]

EtherNet/IPの開発は、取引と標準の発展・開発を行う組織であるControlNet International, Ltd. (CI) の技術作業部会内で1990年代に始まった。EtherNet/IPを開発するため、ODVAとCIは2000年に共同技術協定 (JTA) を結んだ。2009年、JTAは終了し、EtherNet/IPはODVAとそのメンバーが単独で管理するようになった。今日、EtherNet/IPは、DeviceNet、ControlNet、そしてCompoNetと並んで、CIPを産業用ネットワークに適用した4大ネットワークの1つに数えられている。

技術的詳細[編集]

EtherNet/IPでは、Ethernetノードは特定の振る舞いを持つ所定のデバイスに分類される。これによって、特に以下のことが可能になる。

  • UDPベースの暗黙のメッセージングを介した基本的なI/Oデータの転送
  • TCPを介したパラメタ、セットポイント、プログラム、そしてレシピのアップロードとダウンロード (つまり明示的なメッセージング)
  • UDPを介したポーリング監視、定期監視、そして状態変化監視
  • IPを介した1対1 (ユニキャスト)、1対多 (マルチキャスト)、そして1対全 (ブロードキャスト) の通信
  • EtherNet/IPでは、明示的なメッセージングにアンノウンTCPポート番号44818が、暗黙のメッセージングにUDPポート番号2222が使用される。

オープンソースの実装[編集]

OpENer[2] というポータブルなオープンソース (修正BSD) 実装が2009年に開始された。ソースコードはGitHubで入手可能。

脚注[編集]

  1. ^ EtherNet/IP™ – CIP on Ethernet Technology”. ODVA. 2016年7月6日閲覧。
  2. ^ OpENer EtherNet/IP stack”. 2017年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]