ソサエティー5.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ソサエティー5.0Society 5.0)は、日本政府提唱による科学技術政策の基本指針のひとつ[1]科学技術基本法に基づき、5年ごとに改定されている科学技術基本法の第5期(2016年度から2020年度の範囲)でキャッチフレーズとして登場した[1]。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)をSociety 5.0(ソサエティー5.0)として提唱している。

概要[編集]

狩猟社会(Society 1.0)農耕社会(Society 2.0)工業社会(Society 3.0)情報社会(Society 4.0)といった人類がこれまで歩んできた社会に次ぐ第5の新たな社会をイノベーションによって生み出す[2]という意味で「Society 5.0(ソサエティー5.0)」と名付けられた[1][3]

ドイツインダストリー4.0アメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリックインダストリアルインターネットは、ICTIoTによる製造業の革新や生産性の向上であるが、ソサエティー5.0は、日本が抱える人口減少超高齢化、環境・エネルギー、防災対策といった問題への配慮も含み、ICT、IoTで「社会のありよう」を変えようとしている点が異なる[3]。具体的な実現方法として、日本版インダストリー4.0ともいえる『コネクテッドインダストリーズ(Connected Industries)』が経済産業省より提唱されている[4]

第5期科学技術基本法では、日本政府の研究開発への投資額は5年間で26兆円が見込まれている[3]

政府が平成28年12月に発表した「新しい経済政策パッケージ」では、「単なる効率化・省力化にとどまることなく、「Society 5.0」時代のまったく新しい付加価値を創出することによって、まさに「革命的」に生産性を押し上げ る大きな可能性を秘めている。」と言及されている。

産業技術総合研究所のレポートでは、ソサエティー5.0を実現するための要素技術として以下の6つのテーマを挙げている[5]

  • CPS(Cyber-Physical System)における知覚・制御を可能とする人間拡張技術
  • 革新的なAI用ハードウェア技術とAI応用システム
  • AI応用の自律進化型セキュリティ技術
  • 情報入出力用デバイスおよび高効率のネットワーク技術
  • マスカスタマイゼーションに対応できる次世代製造システム技術
  • デジタルものづくりに向けた革新的計測技術

経済産業省は、ソサエティー5.0の実現の鍵となる記述として、IoT、ビッグデータ、⼈⼯知能、ロボットを挙げている[6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 新井紀子 (2016年4月7日). “スマート社会計画「ソサエティー5.0」、肝はデータ”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXKZO99346090W6A400C1X12000/ 2017年10月18日閲覧。 
  2. ^ 政府広報オンラインによるSociety 5.0の説明では『「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く、人類史上5番目の新しい社会、それが「Society(ソサエティ)5.0」です。第4次産業革命によって、新しい価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらしていきます。』としている。
  3. ^ a b c 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは”. 東芝. p. 1 (2017年4月19日). 2017年10月18日閲覧。
  4. ^ “我が国産業が目指す姿(コンセプト)として「Connected Industries」を発表しました” (プレスリリース), 経済産業省, (2017年3月20日), http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170320001/20170320001.html 2017年12月4日閲覧。 
  5. ^ 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは”. 東芝. p. 2 (2017年4月19日). 2017年10月18日閲覧。
  6. ^ 「新産業構造ビジョン」 ⼀⼈ひとりの、世界の課題を解決する⽇本の未来”. 経済産業省. p. 7 (2017年5月30日). 2017年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]