製造実行システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

製造実行システム: Manufacturing Execution System、MES[1]とは、工場の生産ラインの各部分とリンクすることで、工場の機械や労働者の作業を監視・管理するシステム。MESは、作業手順、入荷、出荷、品質管理、保守、スケジューリングなどとも連携することがある。MESのでがプロセス制御専用のプロセスコンピュータ(GE/PAC-4020,IBM 1800)を製造・販売していた。ミニコンパソコンなどを利用していることもある。

MESを実装する目的として、以下のような点が挙げられる。

  • 製造管理の自動化
  • 優先順位に従ったスケジューリング
  • 製造状況の自動報告
  • 重要業績評価指標 (KPI) の監視
  • 不測の事態への素早い対処
  • 製品および原材料の追跡
  • 製造およびコスト管理についての知的意思決定
  • 総合設備効率 (OEE) の測定と管理
  • リソース管理(原材料、労働力)の容易化

MESはERPと工場のシステムや装置を繋ぐものであり、これらを相互に接続してやり取りする。MESに関連する標準規格としてANSI/ISA-95(およびIEC 62264)がある。

脚注[編集]

  1. ^ 生産管理システム;MES(プロセスコンピュータシステム)一般社団法人日本電気計測器工業会

外部リンク[編集]