KNX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KNX logo.svg

KNX とは、インテリジェントビルのためのOSIベースのネットワーク通信プロトコルであり、EN 50090 および ISO/IEC 14543 として標準化されている。既存の3つの標準、European Home Systems Protocol(EHS)、BatiBUS、European Installation Bus(EIB)の後継として策定された。

KNX は KNX Association が管理している。

概要[編集]

EIB のプロトコルスタックを基本として、物理層、構成モード、アプリケーション層などを BatiBUS や EHS から取り入れて拡張している。

物理通信媒体としては、次のようなものが定義されている。

KNX は特定のハードウェアプラットフォームとは独立したものとして設計されている。KNX ネットワークは8ビットのマイクロコントローラパーソナルコンピュータで、適当な実装をすることで制御できる。

KNX の一部は、C-Bus(オーストラリア発祥のホームオートメーション規格)やECHONET(日本発祥の同様の規格)とも競合している。

構成モード[編集]

KNX 機器は二種類に分類される。

  • E-mode(Easy mode、簡易モード) - 取り付けに基本的な訓練が必要。ユーザーの環境に合わせたパラメータ設定が必要である。
  • S-mode(System mode、システムモード) - インテリジェントビルとして建築時に実装される機器。個々のビルの環境に合わせてプログラミングする必要がある。

日本におけるKNX[編集]

日本ではまだ商業物件への採用実績は少ないが、2014年に日本KNX協会が日本におけるKNXを代表するナショナルグループ(国別支部)として設立され、KNXの啓蒙及び普及活動を行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]